アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

事業パートナー・アマルの「ガザ終戦」

パレスチナ事業担当 並木 麻衣
2015年5月13日 更新

こんにちは、パレスチナ事業担当の並木です。

JVCのプロジェクトを運営する仲間として知り合い、今では友人として付き合っているガザの人たちを、先日のパレスチナ出張で訪ねることができました。みんなが無事かどうか、毎日気が気ではなかった2014年夏の戦争から、8ヶ月も経過していました。

ハグした瞬間に相手の体温と重みを感じ、思わず泣いてしまった私を見て、「泣かないで」「繊細なのねぇ」と笑っていた友人たち。誰かが一つボタンを掛け違えていたら、もう一日戦争が長引いていたら、この人たちの笑顔には二度と会えなかったかもしれない......と思うと、彼らに触れられることは本当に奇跡のようでした。

「こうやってガザに来られて、あなたたちにまた会えるなんて、今もまだ信じられない」と口にした私に、プロジェクト・コーディネーターのアマルは穏やかな顔で言いました。
「不可能なことは何もないのよ、来てくれて本当に嬉しいわ」

プロジェクトの視察に向かう車の中で、アマルは戦争後のことや、壊された家を建て直しながら送る自分の生活のことを話してくれました。彼女の言葉の中で一番ずしりと心に響いたのは、彼女が何気なくつぶやいた、こんな言葉でした。

「ガザにユカ(JVCガザ事業担当の金子)が来てくれたとき、私の戦争が終わったの。彼女の顔を見たときに、"戦争が終わった"と感じたのよ。"これで全て日常に戻るんだ"って、やっと思うことができたの」

ガザ戦争の間、ガザ事業担当の金子をはじめ、多くの人たちが日本で行動を起こしながらも「戦争を直ちに止められない」無力感に苛まれていたのを、私は知っています。

そんな私たち外国人でも、ガザの人たちの心の支えになることができるのかもしれない......ガザに向き合い続けてきた金子が、彼女の親友であり同僚であるアマルの心の支えになっていた事実は、微かな希望を感じさせてくれました。そして今、ガザに住むアマルと揺るぎない信頼関係を築き上げた彼女と、一緒に働けていることが、本当に誇らしく幸せなことだと改めて感じました。

ガザの人たちが人間らしい豊かな人生を送るために、遠くの国に住み別の国籍をもつ私たちにも、まだ出来ることがあるように思います。日本とパレスチナを行き来しながら、その方法を探し続け実践していきたい......心から、改めて思っています。

ガザ・栄養改善支援 の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2015年5月21日 更新ガザの現実(6) -子どもの栄養失調予防事業近況報告
2015年5月13日 更新事業パートナー・アマルの「ガザ終戦」
2015年4月21日 更新ガザの現実(5)- 戦争と封鎖の影響で、深刻な健康被害が広がっています
2015年4月14日 更新ガザの現実(4)- 戦争中の避難所の様子(EHSTの聞き取りから)
2015年3月14日 更新ガザの現実(3)- バンクシーが、ガザにグラフィティアートを描いた
2014年7月23日 更新ガザの声「自分の家も砲撃で壊されてしまったし、近くにいたお母さんの家も壊された。ベイト・ハヌーンには何もなくなってしまったよ」(7月22日付)
2014年7月21日 更新ガザの声「24時間のうち4時間しか電気がきません。発電機のためにガソリンを貯めていましたが、あと20リットルしか残っていません」(7月18日付)
2014年7月19日 更新ガザの声「昨夜から今朝まで催涙弾の匂いがしており、イスラエル軍が近くに来ているのを感じています」(7月18日午後9時付)
2014年7月18日 更新ガザの声「地元ニュースでは世界の状況が分からないので、もし停戦が決まったら、いつでもいいので電話してください」(7月16日付)
2014年7月18日 更新ガザの声「今は危険だから来てはいけません。状況が落ち着いたらまた来てください。ガザの人々はあなたをいつも歓迎しています」(7月14日付)

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net