アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

北海道温泉旅行? いえ、報告会です。

JVCスーダン現地代表 今井 高樹
2010年5月26日 更新

スーダン現地便り、長期にわたってお休みしていて申し訳ありません。2010年に入ってから、車両整備事業の終了と新しい事業の開始準備に追われ、ジュバと日本を往復する日々を送っていました。日本滞在中は、神戸、東京、北海道でスーダン報告会を実施させていただき、皆さまには大変お世話になりました。

さて、事業の話はまたの機会に譲るとして、今回の「現地便り」では、4月に北海道の洞爺湖町で行った報告会の様子を御紹介致します。主催者である札幌在住の安達さんは、2年前に私が札幌を訪れた時に知り会った、元小学校の校長先生。退職後の今は、合奏団のリーダーとして高齢者施設を訪問して演奏活動を行うなど、地域で活発に活動していらっしゃいます。その安達さん本人が「スーダン報告と演奏会の夕べ」の様子をレポートして下さいました。以下、安達さんの報告です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「スーダン報告と演奏会の夕べ」洞爺と札幌で大成功!

「スーダンの話と楽しい音楽をきく会」
 合奏団「飛花」
 安達紀利

はじめに・・・
寒い春がつづく北国、洞爺湖町と札幌で4月24日・25日、同内容で開催し、それぞれ60名30名の盛況だった。以下旧洞爺村でのレポだ。

洞爺支所の玄関に出された手作りの案内看板洞爺支所の玄関に出された手作りの案内看板

1、旧洞爺村・・・
人口およそ2000、美しい洞爺湖と羊蹄山を望む豊かな大地。農業を営む地元住民とよそ者と言われる移住者が混在する村だ。合併後「町」になり、サミット後も何も変わらず、昔ながらの過疎地である。しかし昔からこの地は、国際交流をはじめ学習や音楽・文化活動が盛んで、今は少し元気がないが、水面下ではその魂が引き継がれ、脈々と息づいている。

報告会会場から望む洞爺湖 報告会会場から望む洞爺湖

2、取組み・・・
会場は洞爺支所・総合センター二階会議室。参加目標は60人。参加費500円。ポスター、ちらし、チケットを手に、村に住む友人の情報を頼りに、村の隅々を歩いた。様々な人達に会い、色々なお話を聞くことができた。楽しみや刺激の少ない村の人達は、一様に「こんな機会を待ち望んでいた」と歓迎してくれた。

安達さんたちの合奏団「飛花」の演奏安達さんたちの合奏団「飛花」の演奏

3、当日・・・
スタッフ・出演者も加え参加者は何と60名!!・・・開演前から合唱するなどぬくもりに包まれ、若者からお年寄りまで幅広い人達が心を一つにし、楽しく和やかに進行し成功裡に終えることができた。前半は「飛花」の演奏で和気藹々と、後半の報告会では興味深く熱心に聞き入る姿が・・・

4、報告会と演奏・・・
「未知の国だったのでとても勉強になった」「内戦内乱の犠牲者が200万とは!」「ほぼ単一民族・言語の日本を理解できないスーダン人に世界の広さを感じた」「会場では久しぶりにいろんな人に会えて嬉しかった」「こんなに集まったのは久しぶりだ」などなど、様々な感想が聞こえた。また、演奏も笑いや拍手につつまれ、雰囲気を和らげた。楽しかったと感謝された。

5、まとめ・・・
サミット開催で全国に名を馳せたこの地は、早くから英国と親交があり、主として先進国との国際交流だったが、今回発展途上国へも目を向けた画期的な企画だった。

また、感想にもあるように住民達が久しぶりに時空を共有し、心を通わせ、老・若、地元・移住者が親しく言葉を交わした。このような集まりが、これからも必要なことを示唆する企画だった。そして世間評は、噂となって村中を駆けめぐり、来年を待ち望む声となっていくだろう。

 ■報告会の後は、地元のアフリカ太鼓演奏グループが登場 ■報告会の後は、地元のアフリカ太鼓演奏グループが登場

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

報告にある通り、農繁期にも関わらずたくさんの方々に集まっていただき、「スーダン」をネタに村の良い交流イベントになったようです。旧洞爺湖村は、その名の通り洞爺湖に面した風光明媚な土地ですが、対岸の温泉地とは違って観光開発されておらず(別荘地はありますが)、農業を中心にした静かな村で、私もとても好きになりました。

報告会の前に、しっかりと町営温泉に入ってきました。目の前に洞爺湖が広がる、最高のロケーションの温泉です。また、来年も行きたいな・・・


この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net