アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

東エルサレム:強制立ち退き、そして入植

パレスチナ現地調整員 津高 政志
2009年8月29日 更新

JVCのエルサレム事務所から何分も歩かない場所に、一本のオリーブの木があります。その木の下にはパレスチナ人の家族が住んでいます。8月2日まで彼らの家だった向かい側の家には、今はユダヤ系イスラエル人の家族が住んでいます。このような状況になってから今日で28日目になりました。

住んでいるというより、ただそこにいる、というだけです住んでいるというより、ただそこにいる、というだけです

過去何度も行われ、現在も継続的に東エルサレムで行われているユダヤ系イスラエル人の入植は、ジュネーブ条約やハーグ条約などの国際人道法や、これまでの国連決議に違反しています。しかし、国内法では合法とされていて、国内裁判所の判断を盾にこのように堂々と強制立ち退きを行ってその家に住み込むか、最近海外メディアでも大きく取り上げられているように家屋を破壊して新しい家を建てるという方法で入植が進んでいます。これにより、多くのパレスチナの家族が文字通り「路頭に迷う」状態に追い込まれています。国連人道問題調整事務所(UNOCHA)が最近出したレポートでも、これらの東エルサレムで行われている強制立ち退きや家屋破壊を即刻停止し、これまで家を追われたパレスチナ人に家を返すよう勧告しています。

8月2日に立ち退きを強制された家族はハヌーン一家とガウィ一家あわせて53人(うち子ども20人)で、8月21日からラマダン(イスラム教の断食の月で、日中の飲食ができない)に入った現在、イスラム教徒である彼らは過酷な屋外生活を強いられています。隣人や親せきからシャワーを借りたり、時にかくまってもらったりしながら生活しているそうです。

「ここに住むイスラエルの人たちはみんな銃を持っているの。でも銃を持たなきゃいけないぐらい私たちが怖かったら、家を乗っ取ったりしなければいいのに」とオリーブの木の下に住む少女は言います。

おととい、ノーベル平和賞受賞者である南アフリカのトゥトゥ大司教やアメリカのカーター元大統領などがここを訪れたといいます。「何を話したの?」と聞くと、「私たちはあなたたちの味方で、いつかこんな状態じゃなくなるように願ってる、って言ってくれたわ」と言っていました。

1949年にイスラエルとパレスチナを分割した時にできた「停戦ライン」というものがまがりなりにも存在するエルサレムで、それを全く無視してじわじわと進む入植の実態。イスラエル人が支配する地域はゆっくりと広がり続け、パレスチナ人の暮らしは悪化の一途をたどっています。いつ過熱して新たな紛争の火種になるかもしれないこの問題を、現地に事務所を置く数少ない日本のNGOとしてしっかりとモニターし、日本社会に発信していかなければと思います。

関連記事


この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-22-1 東鈴ビル4F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net