アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
未来を決める力をすべての人に! JVC futurePJ2021

ガザ:瓦礫と化したアッサムーニーエ

パレスチナ現地代表 小林 和香子
2009年1月30日 更新
家の跡形もない家の跡形もない
瓦礫の山と化した瓦礫の山と化した

ガザ市ザイトゥーン地区のアッサムーニーエは今回のイスラエルによる軍事侵攻によりほぼ完全に瓦礫と化した。11月4日、イスラエル兵は避難命令が出し、約100人のアッサムーニ家の人々をここに移住させたと言われています。そして翌日、これらの家は軒並み爆撃されたのです。ここに建っていた20の家のほとんどが瓦礫の山と化しました。30人以上が亡くなったと言われています。

瓦礫にたたずむ少女瓦礫にたたずむ少女
途方に暮れる女性達途方に暮れる女性達

完全に瓦礫と化した家の上に、ビニールシートを張っただけのテントの前に座る女性達がいました。この家に嫁いだ女性とその姉妹、とその母親だそうです。母親に何が起こったのか話を聞きました。1月4日、軍用機からイスラエルの兵士がパラシュートで降りてきたそうです。イスラエル兵士は一帯の家々を廻り、家から出るように命令し、この家やいくつかの家に付近の住民を集めたと言います。そして、そこに爆弾が投下されたというのです。なんと14人がこの家で亡くなりましたが、運び出すことも出来なかったといいます。その爆撃で娘さんの2人の息子が亡くなり、3人が重傷だそうです。夫は2人の子供に治療を受けさせるため、サウジアラビアに連れて行ったそうです。今は5人の娘と1人の息子とここに暮らしています。

今日は野菜と小麦粉が届けられた今日は野菜と小麦粉が届けられた

跡形もないアフマッド君の家跡形もないアフマッド君の家

別の瓦礫の上に張られたテントに座っていた男の子にも話を聞きました。アフマッドの家も跡形もなく破壊されていました。お母さんと4人の兄弟が亡くなったそうです。アフマッドも瓦礫に埋もれていたのを奇跡的に助けだされたそうです。そのとき受けたという頭の傷を見せてくれました。まだ傷むそうです。今は、お父さんと姉妹とテントで暮らすそうです。今日は、地元の慈善団体が小麦粉と野菜を、国際NGOが毛布を届けに来ていました。今何が一番欲しい?と質問してみた。彼の答えは、「家を返してほしい」でした。


この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
5ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-22-1 東鈴ビル4F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net