アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

応急処置講習:エルサレム学生連合

2007年7月18日 更新

MRS(医療救援協会)の今日の活動は、“Union of Students in Jerusalem(エルサレム学生連合)”の応急処置講習です。第1日目となる今日は、東エルサレムの男子校を会場に、11人の男の子が講習を受けました。

嬉しそうに講習に聞き入る子どもたち嬉しそうに講習に聞き入る子どもたち

エルサレム学生連合は、昨年9月に発足したばかりの学生団体です。「エルサレムのパレスチナ人の学生で、皆で一緒に企画して活動できる場がほしい」と、同じ学校に通う男の子数人が中心となって始まりました。発足から一年足らずですが、主に12歳から17歳の男女500人以上の学生が参加しています。彼らの活動は、現在はサッカーやバスケットボール、水泳などのスポーツが中心で、来月には皆でテルアビブの海に泳ぎに行くそうです。スポーツ以外にも、文化・教育活動にも力を入れているところとのことです。中心メンバーのマフムード君によると、「スポーツ活動をしている時に、怪我した時のために応急処置を知っておかなければ、と皆で話していたんだ。僕の通っている学校にもMRSが来ていて、学校以外にも応急処置を教えてくれるって聞いて、僕たちにも教えてほしいと依頼したんだよ」とのこと。

包帯の巻き方も、基礎から練習包帯の巻き方も、基礎から練習

ラムジー先生の講習は、応急処置とは何か、何のために必要なのか、彼らがこれから3回の講習で何を学んでいくのか、という説明から始まりました。そして基礎知識となる、救急車の呼び方や救急セットの使い方の説明に移ります。彼らにとっては、包帯の使い方ですらきちんと習うのは初めてです。初日の今日は、ぎこちない手つきながらも基本的な応急セットの使い方をマスターしました。さすが自ら「教えてほしい」とMRSに依頼しただけあって、参加した男の子たちは皆楽しそうに講習を受けています。ラムジー先生も、「ほら、やる気がある子どもって表情でわかる」と嬉しそうでした。

授業は、遅れてやってきた2人を待っていたため、少し遅れてスタートしました。彼らはエルサレムの北部からやってきのですが、途中のチェックポイントで足止めされてしまい、時間がかかったとのことです。「いつものことだから、早めに出たんだけれどね」と苦笑いをしながら席に着きました。彼らの活動は主に、東エルサレム中心部の学校などで行っています。活動場所にたどり着くまでに、チェックポイントの通過などで時間がかかる子も多くいるとのことです。それでも、「西岸にもし同じような学生連合があったら、いつか僕たちが西岸に行ってサッカーの試合などのスポーツ交流をしたい」という夢を、マフムード君は笑顔で語ってくれました。まずは彼らの夢が現実になることを、そしていつか、それが少しも難しいことではなくなる日がくることを願います。


この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net