アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

ラオスの村訪問 【前編】

11期インターン 宮田 敬子
2009年8月21日 更新

8月5,6日、JVCラオス現地スタッフ、東京スタッフの方々とプロジェクト地の村に同行させていただきました。「ラオスは昔のイサーンだよ。あんな暮らしが懐かしい」と、以前JVCタイのスタディーツアーでラオスへ行ったことのあるポン郡無農薬直売市場の方が言っていたのがとても印象に残っており、一回はラオスの村へ行ってみたいと思っていました。

タイ側ムクダハーン県からメコン河をはさんでラオス サワンナケート県があります。ビエンチャンに次ぐラオス第二の都市といわれているそうです。市内から車で1時間半程度、前日の雨でぬかるんだ赤土の道路を走っていきました。

車で走っていくとイサーンの景色と全く違うことに驚きました。舗装された道路、一面に広がる田圃、キャッサバ、サトウキビ・・・というのがイサーンの一般的な風景ですが、ラオスでは木々が茂る森が広がり、その間に開墾して田を作っていました。しかし、イサーンと同じ風景になり始めている場所も見られました。

ラオスのインフラ整備は郡が行うそうです。県から予算が下りてくると道路や電気が通ります。今回訪問させていただいた村は三つですが、その中で電気が通っていた村は一村でした。もちろん水道はなく、地下水を汲み上げる井戸を生活用水、飲料水として使用していました。

ラオスの家屋、村の様子ラオスの家屋、村の様子

ラオスは少数民族が多い国ですが、今回の村も少数民族の村でした。彼らの文化、言語、習慣を守り続けていかなければならないと考える人々がいる一方、若い世代は少数民族に対する偏見からラオス人化を望む傾向が強いそうです。20,30代の人々は村に住んでいますが、ビエンチャンやタイのバンコクへ出稼ぎに行く人々も増えています。都市での生活に慣れてしまうと村には帰ってこなくなり、都市に永住するようになる人も多いそうです。言語があまり違わないタイへは働きに行きやすいというのも要因の一つでしょう。ただお金を稼ぐだけではなく、バンコクという巨大都市にラオスの村の人々、文化、アイデンティティーが飲み込まれていくように感じます。それはタイの農村部も日本でも同じです。

ラオスの伝統的な行事も残っていますラオスの伝統的な行事も残っています

そんなラオスの村でJVCラオスの方々は、村内で起こっている問題を調査し、どういう方法で解決していくかを村人と一緒に考えています。

(後編へ続く)


第11期インターン・2年目(2009年度) の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2009年7月28日 更新精米の一日
2009年7月28日 更新コバヤシ登場
2009年7月 7日 更新カオデーン農園、再び
2009年7月 7日 更新住み分けと成長力
2009年6月26日 更新田植えの始まり
2009年6月 2日 更新いよいよ米作り
2009年5月27日 更新生命力
2009年5月22日 更新新たなるスタート
2009年12月21日 更新命を育てることの難しさ
2009年11月26日 更新生きていることの平等さ
団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net