アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

人生初!稲刈り

11期インターン 宮田 敬子
2008年12月19日 更新
稲刈りをする東北タイの農民 稲刈りをする東北タイの農民 

先日、オークパンサー(出安吾)が行われ、いよいよ稲刈りの季節到来です。6,7月に田植えをしてから、もう稲刈りです。私がタイに着てから半年が経とうとしています。時が経つのが早く感じ始めました。このインターンシップ・プログラムの折り返し地点、少し焦りを感じ始めている頃でしょうか。

今日、初めて稲刈りを体験しました。稲は大きく成長し、倒れんばかりに多くの実をつけ、黄金色に輝いています。派遣先のお父さんとお母さんに「いつ稲刈りをするの?」と毎日のように聞いていました。そして今日、待ち望んだ稲刈りに挑んだのです。

私の想像以上に暑く、農作業着は長袖長ズボン、長靴に帽子と更に暑く、15分ばかり稲刈りしていると頭がくらくらしてきます。なかなかコツもつかめず、作業のペースはかなり遅いです。
そんな私をよそに、手伝いに来ているおばあちゃん、お母さんたちは強い日差しの中、黙々と稲を刈っていきます。私はつくづく根性無しだ...と思ってしまいます。私が「農業は大変すぎるよ。絶対に私には無理!」と言うと、手伝いに来ていたお母さんの一人が「売るときはきれいにされて、市場やスーパーに並べられるから、こんな大変さ買う人にはわかんないのよ。買うだけだったら、本当に楽でいいね。」と言っていました。

現在、新米が出始める頃で古米の値段がどんどん下がってきています。先日朝市で売ったお米の価格は、ジャスミン米が28バーツ(約84円)/キロ、カオニャオ(もち米)が17バーツ(約51円)/キロでした。カセームお父さんに、「こんなに値を下げて大丈夫なの?」と聞くと、「これが限界の価格だよ」と言っていました。しかし、市場へ買いに来る人は、「ジャスミン米は28バーツじゃ高い、25バーツにして」と言ってきました。私がそれは安すぎて出来ないといったら、怒って帰ってしまいました。
お米は何を基準に値が高い、安いとなるのでしょうか。スーパーの安売りと比べてなのでしょうか。値が高い、安いではなく、お米を作る農家がこれくらいの売価なら自分達が生活できる、これくらいの値段なら消費者が満足できるという値を決めることができたらとても理想的だと思います。

さて、これから稲刈りは毎日のように続きます。11月にはカオデーン農園の稲刈りです。その頃にはうまくなっているでしょうか。


第11期インターン(2008年度) の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2008年6月19日 更新贅沢な休日
2008年6月 5日 更新がんばれ、インターン生!
2008年6月 5日 更新タイでの研修を支えてくれる人たち
2008年6月 5日 更新タイの農村に生きる知恵と技
2008年6月 5日 更新イサーンのゴム植林ドリーム
2008年5月29日 更新バナナと鍬(クワ)
2008年5月29日 更新笑っていれば作業もつらくない!?
2008年5月29日 更新初日記です。
2008年5月29日 更新インターン 金森史明の自己紹介
2008年5月29日 更新インターン 宮田敬子の自己紹介

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net