アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

苗抜き&田植え 三日目

カオデーン農場 森本 薫子
2008年7月 3日 更新

田植えだって、楽しく! フリースタイルで!

第2ラウンドの田植え、着々と進んでいます。第1ラウンドでは、まっすぐ植える日本式か、手当たり次第植えるタイ式かでもめましたが、最終的には「フリースタイル」ということでまとまりました。まっすぐでも曲がっていても、丁寧で速れば何でもあり!です。田植えも、みんな同じ場所から並んでスタートするのではなく、勝手に好きなところからスタートしていいことに。よって、ある人は角から、ある人は真ん中の端からなど、勝手なところから、勝手な方向を向いて進めています。

ただ、こう何日も同じことをしていると、つらさだけでなく、何か他のことやりたい〜なんて気持ちにもなってきます。そこで今日はちょっと遊んでみました(宮田、森本のみ)。まだこれから田植えを始める広い田んぼに、「JVC」って書いてみたり!訪問者の清水香帆さんも、そんな私達にびっくり! かなり楽しくてもっといろいろ書いてみたくなりましたが、デーンと金森君が真剣に田植えを進めているので、この辺で止めました(でも、二人もちょっとやりたそうでした)。

「JVC」って植えてみました! By 宮田&森本「JVC」って植えてみました! By 宮田&森本
遊ぶ二人を無視して、真剣に田植えを進めるデーンと金森君遊ぶ二人を無視して、真剣に田植えを進めるデーンと金森君

カオデーン農園のモットーは、農作業も楽しく!ですから。農作業の肉体的なきつさは、慣れれば、やったことがない人が想像するほどきつくはありません(ちなみにデーンは、たとえエアコンのきいた部屋でもコピー取りを30分もするくらいなら、炎天下の中で稲刈りを2時間するほうがずっと楽だといいます)。これは農業に限ったことではなく、仕事内容に慣れているかどうかで、その仕事に対する感覚は全く異なります。

自分で農園を作りあげる場合、農園をデザインし、うまく短期、長期計画を立て、天候を読み、天候に合わせて調整することが必須で、体力と精神力、技術と技、機転と創意工夫を必要とします。もちろん、生計を立てるためには、経営センスも大切です。そして、自然や環境に対する理解と配慮。特典として、いつでもおいしく安全な食べ物がある安心感も得られます。これで楽しく仲間がいれば、かなり魅力的でチャレンジング、その上、必要なことをしているという誇りも持てる仕事です。でもなぜ農業をやりたい人が少ないのか。肉体労働に慣れていない、汗をかくことに慣れていないため、そのような仕事は農業に限らず敬遠される。そして、決定的なのは、内容にみあった収入が確保できないことでしょう。かといって、「なくなってもいい仕事(職業)」では決してありません。それについて考える、金森君の次の日記を是非読んでみてください。

ハート型に苗を残してみました。(また遊んでる!)ハート型に苗を残してみました。(また遊んでる!)

(森本 薫子)


第11期インターン(2008年度) の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2008年6月19日 更新贅沢な休日
2008年6月 5日 更新がんばれ、インターン生!
2008年6月 5日 更新タイでの研修を支えてくれる人たち
2008年6月 5日 更新タイの農村に生きる知恵と技
2008年6月 5日 更新イサーンのゴム植林ドリーム
2008年5月29日 更新バナナと鍬(クワ)
2008年5月29日 更新笑っていれば作業もつらくない!?
2008年5月29日 更新初日記です。
2008年5月29日 更新インターン 金森史明の自己紹介
2008年5月29日 更新インターン 宮田敬子の自己紹介
団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net