アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

苗抜き&田植え 一日目

カオデーン農場 森本 薫子
2008年7月 1日 更新

苗抜き&田植え、第2ラウンド開始 一日目

これ全部抜くの...?これ全部抜くの...?

カオデーン農園の水田は約1ヘクタールです。タイでは土地の面積を表すのに、「ライ」という単位を使います。1ライは1600�u(40mx40m)です。ですから1ヘクタールは約6ライとなります。6ライ中、1ライ分は直播にしました。インターンが来る前に既に播き終わっています。インターンが来てからの第1ラウンド(先々週)は半ライだけ田植えしました。そして今週から第2ラウンド開始、残り4.5ライです。田植えをするためには、まず苗床に育てた苗を抜かなければなりません。これがなかなか難しい。根が切れないように抜かなければなりません。コツをつかむまでは、1本ずつそろそろ抜くしかなく、非常に時間がかかります。もちろん慣れている人は、機械のように両手を動かしすごい速さであっという間に一束抜き終わります・・・。

なかなかコツがつかめない・・・。なかなかコツがつかめない・・・。

(森本 薫子)

今日はコーコー15(米の品種)の初苗抜きだった。この品種は早く田植えをしたほうがいいので、今日一日で、200束分抜けたら理想。でもこれは農民4人の場合。結果は...4人で(デーン、森本、金森、宮田)で120束! これでも素晴らしい! 初めて苗抜きをし、農家出でもない二人がここまでできたのはすごい。稲もきれいに育っている。今年は雑草がなく、とても抜きやすいから楽しい!

120束抜きました!120束抜きました!

(デーン)

苗抜きは、勝手がわからず試行錯誤していたら、隣にいたデーンさんがアンビリーバボーな速さで抜いていました。真似してやってみたものの、稲が途中で切れてしまってうまく抜くことができませんでした。夕方5時を過ぎるころには、腰と太ももの裏が痛くなり、握力もなくなり、うまく抜けなくなってきました。やはり農作業はハードだと実感しています。

(金森 史明)


第11期インターン(2008年度) の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2008年6月19日 更新贅沢な休日
2008年6月 5日 更新がんばれ、インターン生!
2008年6月 5日 更新タイでの研修を支えてくれる人たち
2008年6月 5日 更新タイの農村に生きる知恵と技
2008年6月 5日 更新イサーンのゴム植林ドリーム
2008年5月29日 更新バナナと鍬(クワ)
2008年5月29日 更新笑っていれば作業もつらくない!?
2008年5月29日 更新初日記です。
2008年5月29日 更新インターン 金森史明の自己紹介
2008年5月29日 更新インターン 宮田敬子の自己紹介
団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net