アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

田植えはまっすぐに!!!

11期インターン 金森 史明
2008年6月20日 更新

今日は田植えの作業をしました。

苗の本数は3,4本。最初は3,4本選ぶだけでも時間がかかる苗の本数は3,4本。最初は3,4本選ぶだけでも時間がかかる

稲の苗を田んぼに、3〜4本ずつを1束をして植えていくのですが、これがまた難しかったです。というのも、稲がうまく立ってくれないんです。デーンさんがコツを教えてくれたのですが、なかなかうまくいきません。試行錯誤の末、なんとか立つようになったら、別の難題が・・。

それは稲をまっすぐ列になるように植えることです。稲が立つように手元に集中していると、デーンさんから「トロン トロン!(まっすぐ、まっすぐに!)」という声が。あわてて顔を上げて自分が植えたところを見ていると、くねくねと曲がった稲の列ができてしまっていました。まっすぐに植えることは難しいです。田植えに慣れているはずのデーンさんもまっすぐではなく、末広がりな列になっていました(実際にはデーンさんが一番曲がっていました!)。

作業終了後には、ずっとかがんでいたせいか、腰が痛くなっていました。食べ物を作るということは大変な労力がいるんだなぁと改めて実感しました。日本にいてご飯を食べているだけではわからない(想像しにくい)ことが、ここカオデーン農園ではいろいろ知ることができます。今まで知らなかったけれどタイに来て知ったことは、僕が知ろうともしなかったことで、とても大事なことでもあります。今後はこのような大事なことを知ろうとすること(実際にやってみたり、本などで調べてみたり、想像してみたり)を忘れずにやっていこうと思います。

(金森史明)

タイの田植えは、自分の周りに手当たり次第に植えていく。誰もまっすぐには植えないんだ。
でも日本の田植えのようにある程度まっすぐに植えると、隙間に生える草を刈るのが楽になる。だから、「手当たり次第ではなく、ある程度列になるように植えて」って意味だったんだけど、日本人は細かいからなぁ。「25センチ間隔くらいね」と言ったら、定規で計りそうな勢いできっちり植えようとする! 大体まっすぐならいいんだよ!(デーン)


まっすぐに植えることに必死な日本人まっすぐに植えることに必死な日本人

第11期インターン(2008年度) の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2008年6月19日 更新贅沢な休日
2008年6月 5日 更新がんばれ、インターン生!
2008年6月 5日 更新タイでの研修を支えてくれる人たち
2008年6月 5日 更新タイの農村に生きる知恵と技
2008年6月 5日 更新イサーンのゴム植林ドリーム
2008年5月29日 更新バナナと鍬(クワ)
2008年5月29日 更新笑っていれば作業もつらくない!?
2008年5月29日 更新初日記です。
2008年5月29日 更新インターン 金森史明の自己紹介
2008年5月29日 更新インターン 宮田敬子の自己紹介

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net