アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

生きるってなんだろう

11期インターン 金森 史明
2008年6月19日 更新

今日の作業は田んぼの草抜きでした。

田んぼの草抜きをする金森さん田んぼの草抜きをする金森さん

稲以外の草を手で抜いて抜いて抜きまくってました。稲以外の草たちは、ここで生えると抜かれてしまう運命にあることを知っているのか、様々な方法で運命に逆らおうとしていました。ある草は、根っこをつかまないと途中で切れてしまう(根っこが土に残っているとまた生えてくる)という性質を持っていました。またある草は、根っこを広範囲に広げて、様々な場所から茎を出すようにしていました。さらにある草は、その姿を稲に似せて、抜かれないように擬態しているとしか思えないものもありました。

このような草を抜いているうちに、こんなに一生懸命に運命に逆らって生きても(生きようとしても)、自分以外の誰かの何らかの都合で抜かれて死んでしまう理不尽さと、その理不尽の執行者である自分は何なんだろうと考えてしまいました。しまいには、「生きるってことはどういうことか、何のために生きるのか」ということに行き着いて、草を抜きながら考えていました。草は抜かれなければ成長していきます。それは他の何かを奪っている(例えば他の草が成長するための養分)ことでもあります。そして、抜かれたり枯れたりする(理不尽に奪われる)。でもそうなることで別の何かにつながります(例えば他の草が成長する)。理不尽に奪われること。理不尽さの中で、成長をしつづけること、死んだとしても(死ぬってことで)何かに繋がったり、何かを繋げたりすること。これらが生きるってことであり、何のために生きるってことなのかもしれません。人間の場合は、生きているときにも、何かに繋がったり何かを繋げたりすることができて、その「何か」を自分で決められるのが、草と違うところなのかなぁと、取りとめもなく考えた一日でした。

(金森史明)

淡々と同じ作業を繰り返すことは、まさに瞑想。
そういう時にふと浮かぶ考えや疑問は、実はとても重要だったりする。自然の中には不必要なものはひとつもないはずなのに、人間の都合で抜かれたり殺されたりする草や虫。忙しい生活をしていると考えるきっかけも暇もない。なんで生きているのか、何のためなのか、何に生かされているのか・・・くるくるくるくる考える。インターン誰もが通る道。一年後には答えはみつかるのか・・?! (森本)


第11期インターン(2008年度) の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2008年6月19日 更新贅沢な休日
2008年6月 5日 更新がんばれ、インターン生!
2008年6月 5日 更新タイでの研修を支えてくれる人たち
2008年6月 5日 更新タイの農村に生きる知恵と技
2008年6月 5日 更新イサーンのゴム植林ドリーム
2008年5月29日 更新バナナと鍬(クワ)
2008年5月29日 更新笑っていれば作業もつらくない!?
2008年5月29日 更新初日記です。
2008年5月29日 更新インターン 金森史明の自己紹介
2008年5月29日 更新インターン 宮田敬子の自己紹介

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net