アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
2014年5月30日

サラワン、臓器売買の噂 

現地調整員 林 真理子
2014年5月30日 更新

今日のサワナケートでは、ある噂が人びとを恐怖に落とし入れているようです。それは"臓器売買にかかわる誘拐"。ラオス人によると、「最近南部サラワン県でミャンマー人の集団が、女、子どもを誘拐し、殺して臓器を違法販売しているらしい。一人のミャンマー人が国境でつかまったため、事件が発覚した。サラワン行政も一人で出歩かないよう警告を出している。行政が出した警告文書がネットに流れている!」とのこと。 確かに、ラオスでも人身売買の問題はあるけれど(特にサワナケート周辺では、若い女性がタイへの出稼ぎ話に騙され、タイで売られてしまうというケースが多発しているそうです)、怖がりなのにホラーな噂が大好きなラオス人が、いかにもハマりそうなニュース...怪しい。

インターネットで検索してみると、国際メディアはやはり報道しておらず、NGOなどもまだこの事件を取り上げていない模様。

結局、Vientiane Timesのウェブサイトには「サラワン県、臓器違法売買の噂を否定」と載っていました。しかしこれも人びとのパニックを鎮めるためなのか、本当に間違った噂だったのか。
メディアで真実が語られない国において、真実を知ることは難しいなと改めて実感しました。

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net