アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

2014年 11月号

2014年度 アフガニスタン事業インターン 佐藤 久実
2014年12月 4日 更新

英軍の戦闘部隊、アフガンから撤退 13年間駐留

10月27日、2001年から米軍率いる国際治安支援部隊(ISAF)の下で13年に渡って駐留を続けてきたイギリス軍の戦闘部隊が撤退しました。年内に治安権限がISAFからアフガン政府に移譲されることが決まっており、それに先立つ措置だということです。

13年間の英軍の駐留部隊はのべ14万人で、死者は453名、総費用は190億ポンド(約3兆3千億円)と言われています。イギリス国内の世論調査によると、アフガンへの介入には懐疑的な意見が多いということです。

朝日新聞 2014年10月28日(火)

オバマ大統領、アフガン駐留米軍の戦闘任務を延長

オバマ大統領は今年末までに米軍を中心とする国際治安支援部隊(ISAF)の戦闘任務を終了する方針を示していましたが、米紙ニューヨークタイムズによると、方針変更の結果、来年も引き続き戦闘任務を行うことが可能になり、今年末以降も9800人が残留、そのうち半数が来年末までに撤退する見通しです。この決断の背景には、米軍撤退後にイラク国内の治安が悪化し情勢が混乱してしまったことがあると考えられます。

CNN.co.jp 2014年11月23日(日)

ガニ新大統領、中国主席らと会談

ガニ新大統領は外交を本格化させており、10月26日にはサウジアラビアへ、そして28日~31日には中国を訪れています。欧米からの支援が減少することが予想される中、中国からの投資や経済支援を呼び込む狙いがあると見られています。ガニ氏は北京の新華大学で講演を行いその中で、アフガニスタンにとって中国は戦略的パートナーであり、今後よりより深く広い関係を築いていきたいと述べました。

TOLO News(英語) 2014年10月29日(水)

中国、アフガンに360億円無償援助へ

アフガニスタンの安全保障と復興問題を話し合う国際会議「イスタンブール・プロセス外相級会議」が10月31日に北京で開かれました。会議では「北京宣言」が採択され、経済やインフラ、教育など64の分野の援助項目が決められました。習近平(シーチンピン)国家主席は28日にガニ大統領と個別に会談し、共同声明に今後4年間で約360億円の無償援助提供や鉱山や油田の開発支援、技術者の育成支援などを盛り込みました。

朝日新聞 2014年11月1日(土)

ガニ大統領、タリバンへ対話の呼びかけ

ガニ大統領は北京で開かれた復興会議の中で、タリバンに政治的和解プロセスに参加するよう呼びかけました。ガニ氏は「平和が一番の優先事項であり、タリバンを対話に迎えたい」と話し、これは中国側からも主張されました。しかしタリバンはガニ氏が新大統領に就任して以来、攻勢を強めています。またガニ氏は国際社会に対して、アフガン主導の和平プロセスを支援を呼びかけました。

INTERNATIONAL BUSINESS TIMES(原文英語)2014年10月31日(金)

アフガンの厳しい食料事情、WFPが訴え

前号のアフガンウォッチでアフガンの食料事情の厳しさをお伝えしましたが、10月、国連世界食糧計画(WFP)アフガニスタン事務所代表のクロード・ジビダール氏が来日し、朝日新聞との会見でアフガニスタンの危機的な状況を訴えました。彼によると、国民の3分の1にあたる760万人が食糧不足に直面し、5歳未満の子どもの4割が慢性的な栄養不足の状態にあるということです。また、「エボラ出血熱やシリア、イラクにおける危機の中でアフガンが忘れられているように見える」と述べ、日本に資金・技術面での協力を求めました。

朝日新聞 2014年10月29日(水)

アフガニスタン女性警官養成、日本が支援

11月1日、アフガニスタンの女性の警察幹部候補生100名が4か月間の訓練を受けるために、首都カブールからトルコに向け出発しました。このプログラムには日本政府が約2億2500万円を拠出しています。これまで男性警官の訓練を支援してきましたが、女性警官の支援は初めてだということです。日本から国際協力機構(JICA)の専門家が派遣され、被害者支援や職業倫理に関する研修を実施する予定です。

産経ニュース 2014年11月1日(土)

タリバン、ナンガルハル県の26の学校を閉鎖

JVCの事業地もあるナンガルハル県において、アフガン警察によりタリバンの戦闘員2名が捕まったことを受け、タリバンが少なくとも26の学校と2つの教育機関を閉鎖したということです。県の教育省の担当者によると、これにより約2万人の生徒が学校に行けない状況になっているそうです。現在タリバンと地元の長老たちにより学校を再開するための交渉が進められています。

Khaama Press (原文英語) 2014年11月12日(水)

カブールでタリバンの攻撃増加、国際援助団体も襲撃

11月29日、タリバンの戦闘員らが国際援助団体の施設を襲撃し、外国人3名が殺害されました。アフガニスタンの首都カブールではここ数週間で攻撃が多発しており、27日には外国人向けのゲストハウスが襲撃され、その数時間前にはイギリス大使館の車両が自爆攻撃を受けています。トロニュースによると、11月末の20日間ほどで11件もの攻撃があったということです。

同国では、米国率いる北大西洋条約機構(NATO)国際部隊が撤退を進める中、カブールを中心に攻撃の発生数が増加しています。アフガニスタン国軍もすでに数多くの死傷者を出しており、治安悪化が懸念されています。

TOLO News(英語) 2014年11月30日(日)
AFP BB News (日本語)2014年12月1日(月)
AFP BB News 2014年11月28日(金)

監修:加藤真希(アフガニスタン事業担当職員)

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net