アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

2011年5月号

2011年度アフガニスタン事業インターン 白川 徹
2011年5月 8日 更新

治安

1)コーラン焼却による全土でのデモ

米国フロリダ州のキリスト教原理主義の牧師によるコーラン焼却により、4月3日北部マザリシャリフ、ジャララバードなどでデモが発生。特にマザリシャリフでは混乱が大きく、デモ隊が国連事務所を襲撃、外国人職員4名が死亡。デモ隊にも5人の死者が出た。また、東部ジャララバードでもデモが発生。数百人が参加「アメリカに死を」などのスローガンを掲げた。デモはアフガニスタン各地で発生し、翌日4日も続いた。

バルフ州のヌール知事はデモがアルカイダなど過激派の扇動によるものであるとし、容疑者30人を拘束した。【1】

2)2010年の民間人死者過去最悪のペース

UNAMA(国連アフガニスタン支援団)とAIHRC(アフガニスタン独立人権委員会)によると、2010年の民間人の死者は前年に比べ15%増加、2777人と発表した。うち16%が外国駐留軍によるもの。【2】

3)韓国軍PRTに攻撃

4月4日、北部チャリカに駐留する韓国軍PRTがロケット攻撃を受けた。今年だけでも5回目。【3】

政治/社会

1)パキスタンとアフガニスタン両国でタリバンとの和解を模索

16日、カブールでカルザイ大統領とパキスタンのギラニ首相が会談し、両国でタリバンとの和解を進めることで合意した。アフガニスタン政府は2010年以降、タリバンとの和解を模索しており水面下で何度も交渉を重ねているが、成功していない。また、先月17日にアフガニスタン、パキスタン、アメリカの3国で同様の会談を予定していたがパキスタンは欠席した。ISI(パキスタンの諜報機関)は昨年2月、カルザイ政権と接触を重ねていたタリバーンのナンバー2バラダル師をパキスタン南部で拘束するなど、二国間はギクシャクしていた。両国はアメリカ抜きで独自にタリバンとの交渉を進めようとしている可能性がある。【4】

2)洪水被害の恐れ

米USAIDの3月のレポートが今春の洪水被害を警告している。昨年から今年にかけて例年に無い降雪量があり、洪水が発生し農作物に被害が出る可能性がある。降水量の極めて少ないアフガニスタンでは、農業用水のほとんどを雪解け水に依存しており、水量の急激な変化は農作物に大きな影響を及ぼす。【5】

国際支援

1)韓国政府が巨額支援を決定

韓国政府は15日、5年間で5億ドルの支援を決めた。軍と警察の強化、及びインフラ設備の拡充に使用するとのこと。韓国はPRTにも参加している。【3】

2)WFPが食料問題の予算不足を訴える

15日、国連はアフガニスタンの食料危機に警鐘を鳴らした。2億5千万ドルの支援が無ければ、700万人が飢餓に苦しむとしている。また、WFPは 国民の4分の1が 飢餓線上に落ちる可能性があるとしている。 【6】

まとめ・オピニオン

コーランを侮辱することによる大規模デモはこの十年に何度も発生している。地元当局はデモがアルカイダの犯行と断じているが、それは作為的な見方に思える。アフガニスタンにおけるイスラム教の重要さは隠されるべきではない。また、今回の騒乱に際して、国連事務所(UNAMA)が襲撃されたということは重く受け止めるべき。数年前から国連の中立性は崩壊し、度々襲撃されている。外国人即ちアメリカ側と思う傾向がある。国際援助に関わる外国人全員がターゲットになる可能性を考慮すべき。しかし、援助関係者が死傷する原因の殆どは政治運動と無関係の物取りであることも事実である。

現在、アメリカ・パキスタンの関係は非常に冷え込んでいる。アメリカはISIのタリバンとの関係を批判し、パキスタンはアメリカの無人偵察機による爆撃を非難している。特に今年一月にCIA職員がパキスタン国内で民間人二人を射殺した事件以降は、パキスタンで反米機運が高まっている。

アフガニスタンの食糧問題は極めて深刻な状況にあり、社会的立場の弱い女性や子どもが真っ先にその犠牲となる。ジャララバードではWFPにより、食券を使った食糧配給が始まるとのことだが、根本的な解決にはならず、農業の復興自体が今後重要になる。

ニュースソース

AFPBP
http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2793756/7039102 【1】

Asahi.com
http://www.asahi.com/international/update/0309/TKY201103090556.html 【2】

朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/news/20110415000021 【3】

毎日新聞
http://mainichi.jp/select/world/news/20110418ddm007030097000c.html 【4】

Relief Web
http://reliefweb.int/node/396755 【5】

Reuter 
http://www.reuters.com/article/2011/04/15/us-afghans-hungry-idUSTRE73E5XJ20110415 【6】


団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net