アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

アレックスの家庭菜園

JVCスーダン現地代表 今井 高樹
2007年9月 4日 更新

ジュバの市場に行くと、緑の野菜が少ないのに驚きます。玉ねぎ、トマトなどはありますが、こうしたものもウガンダからの輸入品と言われています。食料のほとんどを輸入に頼っている現状では、必然的に価格も高止まり。
「ウガンダに比べて食料品が高すぎる。ジュバの生活は大変。」ウガンダで難民生活を送っていた研修生たちも、口々にそう言います。
そんなジュバで、緑いっぱいの家庭菜園でたくさんの野菜を作っている人がいると聞きました。その人はなんと・・・JVC自動車整備工場のメカニック、アレックスだったのです。

メイズ、オクラ、カボチャ、豆類が混植されている。農薬や化学肥料は使っていない。メイズ、オクラ、カボチャ、豆類が混植されている。農薬や化学肥料は使っていない。

さっそく家庭菜園を訪問。家の前に広がる畑ではメイズ(白トウモロコシ)、オクラ、落花生、カボチャ、豆類がところ狭しと植えられています。

このメイズを粉にして主食のウガリができるんだ」と言う研修生のモモこのメイズを粉にして主食のウガリができるんだ」と言う研修生のモモ

「家の庭でこんなにたくさんの野菜を作っているのは、ジュバではアレックスだけだよ」と教えてくれるのは、同行した研修生のモモ。

「こんな大きなカボチャが採れるんだ」自慢顔のアレックス「こんな大きなカボチャが採れるんだ」自慢顔のアレックス

ところで、アレックス、一体どこで農業なんか習ったの?
「もともと家が農家だからね。出身地のイエイ(ウガンダ国境に近い町)では農業が盛んなのさ」
「でも、これだけ野菜が採れたら家族で食べるのに十分だよね。」と尋ねると、
「十分どころか、余ったものは市場に持って行って売っているよ。」
「へえー、すごい!でも、ジュバではどうしてみんな農業をしないの?」
「土地がないからさ。」
「でも、土地なんか幾らでも余っているじゃない。」
「空き地はあっても、勝手に使ってはいけないからね。許可を取らないといけないんだ。」

オクラはアフリカ原産。日本のものに比べ大きいオクラはアフリカ原産。日本のものに比べ大きい

うーん、土地問題は難しいのかも知れませんが、でもみんなが家庭菜園を作ればジュバの食料事情も改善されるのでは、とアレックスの畑を見ながら考える私でした。


この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
5ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-22-1 東鈴ビル4F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net