アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

ガザ:トンネル経済

パレスチナ現地調整員 津高 政志
2010年5月25日 更新

現在ガザ経済を支えているもの、それはエジプトとの境界線にいくつも掘られているトンネルです。イスラエルのガザ封鎖政策によりあまりにも物資の足りない状況下、エジプトからトンネルを経由して商業物資を密輸することで、なんとかガザの人々は生活を補っています。

しかし、それはもうすでにメディアにも取り上げられ、公然の秘密と化した事実。この密輸が本当にガザの人たちの生活のためになっているのかどうか、非常に興味深い話を現地で聞きました。

JVCが栄養強化牛乳とビスケットの支援を行っている幼稚園のうち2つは、ガザ南部のラファ(エジプト境界線に接する地域)にあります。そのうちのひとつで園長先生から聞き取った話によるとこうです。

「トンネルでの商売が始まって、特にこの地域では貧富の差が激しくなったの。トンネル商売に関わっている人たちは、巨額の富を得たわ。そしてトンネルを通ることで、物資が人々の手に届くころにはとても手の届く値段ではなくなってしまった。これまで何とか普通の生活を維持していた人たちが物を買えなくなり、物価の高騰でこれまでよりも貧しい人たちが増えてしまったの」

よくよく聞くと、いろいろなからくりが見えてきます。トンネル建設の投資に対する見返り、いつ崩壊するかもしれないトンネルの内部で働く労働者の賃金、そしてトンネルから入ってくる物資にかかる関税など、これらすべてが物の価格を押し上げ、中産階級の現金を吸い取り、一握りの人が裕福になり、貧困層が増大し、市場に物が売れ残る。実際、ガザの市場やお店には物がたくさんありますが、それらが価格競争を引き起こさずに、消費者のもとに届かないという、非常に奇異な現象です。

この現象の悲しさは、貧しい家庭に行くとよくわかります。もし市場に売れ残る物が貧困層にうまく分配されたとしても、充分に足りることはないでしょう。限られた輸入品すらも貧困層の生活を満たせない悲劇。トンネルは人道危機を解消することはなく、それゆえに人道支援に頼る人は未だにガザ人口の7割とも8割とも言われているということです。

経済の破綻という言葉を使うには、あまりに人為的かつ強制的なこのトンネル経済スパイラル。冗談かどうかわかりませんが、トンネルで大量の携帯電話がガザに密輸されたことで、カイロの携帯電話の値段が上がったという話も他の人から聞きました。


ガザ・栄養改善支援 の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2015年5月21日 更新ガザの現実(6) -子どもの栄養失調予防事業近況報告
2015年5月13日 更新事業パートナー・アマルの「ガザ終戦」
2015年4月21日 更新ガザの現実(5)- 戦争と封鎖の影響で、深刻な健康被害が広がっています
2015年4月14日 更新ガザの現実(4)- 戦争中の避難所の様子(EHSTの聞き取りから)
2015年3月14日 更新ガザの現実(3)- バンクシーが、ガザにグラフィティアートを描いた
2014年7月23日 更新ガザの声「自分の家も砲撃で壊されてしまったし、近くにいたお母さんの家も壊された。ベイト・ハヌーンには何もなくなってしまったよ」(7月22日付)
2014年7月21日 更新ガザの声「24時間のうち4時間しか電気がきません。発電機のためにガソリンを貯めていましたが、あと20リットルしか残っていません」(7月18日付)
2014年7月19日 更新ガザの声「昨夜から今朝まで催涙弾の匂いがしており、イスラエル軍が近くに来ているのを感じています」(7月18日午後9時付)
2014年7月18日 更新ガザの声「地元ニュースでは世界の状況が分からないので、もし停戦が決まったら、いつでもいいので電話してください」(7月16日付)
2014年7月18日 更新ガザの声「今は危険だから来てはいけません。状況が落ち着いたらまた来てください。ガザの人々はあなたをいつも歓迎しています」(7月14日付)
団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net