アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

ベイト・ジブリン難民キャンプに住むアーエフさんは、39歳。車のタイヤを販売するお店を経営していましたが、パレスチナの経済状況の悪化により、2年前にお店を閉じざるを得なくなりました。奥さんは学校の先生をしていましたが、体調が優れず今年の夏から休職をしています。子どもは3人。13歳と3歳の男の子、9歳の女の子です。

【その他・未分類】
ガザ緊急支援:ニヴィーンちゃん家庭訪問

パレスチナ現地代表 小林 和香子
2007年8月12日 更新

ニヴィーンちゃんはJVCが支援する栄養センターに通っています。1歳ですが、体重は6.4キロしかなく中度の栄養失調です。ニヴィーンちゃんの家はハンユニス市から少し離れたバニ・スヘイラという地区にあります。一階建ての家はコンクリートでできていて屋根はトタンです。2つの寝室とキッチンとリビングがあって、両親と兄弟5人が住んでいます。お父さんの両親もすぐ隣に住んでいます。ニヴィーンちゃんの家族は難民で、難民キャンプの外ですが、国連難民救済事業機関(UNRWA)の援助で家を建てることが出来ました。寝室には床に直接マットが敷いてあり、家族はここで座ってくつろいだり、寝たりします。

【その他・未分類】
ガザ緊急支援:キファちゃん家庭訪問

パレスチナ現地代表 小林 和香子
2007年8月12日 更新

キファちゃんは生後5ヶ月。JVCが緊急支援を再開した現地NGOアルデルインサンのハンユニスセンターに通う栄養失調児です。7月に重度の栄養失調と診断され、センターに通い治療用栄養食を食べています。今回、このキファちゃんのお家を訪問しました。

【その他・未分類】
ガザ:ウム・アル・ナセル クリニック

パレスチナ現地代表 小林 和香子
2007年8月11日 更新

ベドウィン村と呼ばれるウム・アル・ナセル村は1997年にベドウィンが移住させられてできた村です。今では約5千人が暮らしています。この村の前には、見渡す限り貯水池が広がります。下水処理場の限られた能力で処理が間に合わない下水を貯めるこれらの貯水池は、遠めには青緑の水がきれいに見えますが、凄まじい匂いを放っています。この春には、このような貯水池の一つが増え続ける汚水の重みに耐えきれずに決壊し、この村を飲みこみました。村人は近くの高台に避難し、テント暮らしをしていましたが、いまではほとんど家に戻っています。

【その他・未分類】
ガザ:ジャバリアキャンプクリニック

パレスチナ現地代表 小林 和香子
2007年8月11日 更新
巡廻診療車とジャバリアクリニック巡廻診療車とジャバリアクリニック

パレスチナを代表する医療NGO、パレスチナ医療救援協会(PMRS)のクリニックを訪問しました。PMRSのガザでの活動はガザ市にあるオフィスとガザ北部3箇所と南部フザアのクリニックを拠点とし、各地での巡廻診療を実施しています。もともと移動の制限や医療施設不足に対応するために、巡廻診療を活動の中心にしてきたPMRSですが、圧倒的にニーズのある地域にはこのようにクリニックも設置しています。

朝は掃除から始まる朝は掃除から始まる

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net