アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
2013年10月10日

貴重なスープ

現地調整員 林 真理子
2013年10月15日 更新

1日目のワークショップの夜はポンンガム村に宿泊しました。夜御飯を滞在先の家族と食べているときのこと。「この家には家畜がいっぱいいるけど、何匹いるの?」と聞いたら「水牛が3頭に、牛が4頭。あ、でも今日で牛が5頭になったね」とお父さん。

「え?今日牛が5頭になったってどういうこと?」と聞き返すと「だって、さっき生まれたでしょ。ほら、あんたが水浴びしてるとき。」

ガーーーーン。貴重な牛の出産シーンを見逃してしまった!!

私が外の井戸で水浴びをしていたのが夕方6時前。ちょうどその時20メートルほど近い場所で牛がまさに出産していたのです...ショックを受けながらすぐさま外を見てみると、まさに子牛が足をガクガクさせながら立ち上がろうとお母さんの隣で頑張っていました。まさに、幼少時関口宏の「わくわく動物ランド」で見たことのあるこのシーン。

ラオスの村ではこれが当たり前のことだから私に知らせるまでもなかったのでしょうけど、残念。

そして次の日の朝ご飯。

スープを囲んで朝食タイムスープを囲んで朝食タイム
貴重な胎盤スープ貴重な胎盤スープ

「これ食べてみなさい」と言われたのが、黒っぽく、どこかグロテスクなスープ。これが、あの、(ラオスで有名な)胎盤のスープか!!
ということで試食。見ために反して味も食感も悪くないです。けっこうおいしい。 ただ、昨夜へその緒を垂らしている子牛と、血で汚れているお母さん牛のお尻をまじまじと見た後なので複雑な心境。他のスタッフは皆、口を揃えて「胎盤は貴重だから売るととても高いし、本当においしいでしょ!」と言っていました。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net