アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

精米の一日

11期インターン 宮田 敬子
2009年7月28日 更新

カオデーン農園では玄米を食べる際は自分たちで精米します。村の精米所では玄米に精米できないからです。今回はデーンさんが外出中であったため、一人で精米作業を行いました。籾を精米機で挽いて籾殻と精米できた玄米を分ける作業。どちらも相当な体力を要します。それも一日中です。まるで高校の頃やっていた部活のよう...。

「精米機をまわす宮田さん」「精米機をまわす宮田さん」

精米所に持っていってお金を払えばこんな苦労はしなくてもよいのですが、おいしい玄米を食べるために汗を流し精米に励みました。「百姓は何でも出来なくてはならない」のですが私がこの精米方法を習得したとしても何の意味があるのでしょうか。どこか他の場所で、日本に帰国して役に立つのでしょうか。きっと役に立たないでしょう。では何で私はカオデーン農園で精米をしているのか...。

3月に日本に帰国した際、熊本の農業研修所を訪ねました。そこでは小さなトラクターが一台あるのみで、あとは全て手作業で農業を行います。もちろん精米も昔使われていた精米機を使って自分たちで精米していました。その農家の方が「外に売らない屑米は自分たちで食べている。米の中に混じった小石や籾殻を一つひとつ手で取ること、その作業こそがお米のありがたみが本当に分かる作業なんだよ。」と言っていたのを思い出しました。豚肉のありがたみは豚を絞める時に、お米のありがたみはお米を精米する時にわかるのだと思います。

大変な精米作業を当然のように行っていた昔の人を尊敬するとともに農作業一つ一つに意味があることを改めて考えさせられた一日でした。
                         


第11期インターン・2年目(2009年度) の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2009年7月28日 更新精米の一日
2009年7月28日 更新コバヤシ登場
2009年7月 7日 更新カオデーン農園、再び
2009年7月 7日 更新住み分けと成長力
2009年6月26日 更新田植えの始まり
2009年6月 2日 更新いよいよ米作り
2009年5月27日 更新生命力
2009年5月22日 更新新たなるスタート
2009年12月21日 更新命を育てることの難しさ
2009年11月26日 更新生きていることの平等さ
団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net