アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

南スーダンから自衛隊が撤収。
「ところで、JVCさんは、これからどうされるのですか?」

人道支援/平和構築グループマネージャー(南スーダン緊急支援担当) 今井 高樹
2017年5月30日 更新

5月27日、南スーダンに派遣されていた自衛隊の撤収が完了しました。日本に戻ってこられた隊員の皆さんの様子をテレビや新聞でご覧になった方も多いと思います。

「ところで、JVCさんは、これからどうされるのですか?」

最近、そんな質問を受けました。

日本政府は「(南スーダン)国内の安定に向けた政治プロセスに進展が見られる」ことを自衛隊撤収の理由のひとつに挙げました。
しかし現実には、南スーダンの危機はむしろ深まっています。政府軍(大統領派)と反政府勢力との戦闘が続き、住民への殺戮やレイプなどの暴力は止まりません。国内避難民と難民の数は増え続け、400万人に達しようとしています。
食料も足りません。国民の半数以上が食料難、そのうち10万人は生命の危機にさらされる「飢饉」の状態にあると国連は警告を発しています。南スーダンの各地で、国連による食料の空中投下が続いています。
3月に私が訪れたジュバのマンガテン国内避難民キャンプ。自衛隊の宿営地(当時)の近くにあるこのキャンプでも、約7千人の避難民が食料不足に直面していました。集めた野草で飢えをしのぐ母親たち。「食べ物も、水汲みのポリタンクも寝床にするマットも、何もかもない」生活用品の多くは、昨年7月の戦闘時に略奪されたままです。子どもたちは学校にも通わず、市場で廃品を回収してはわずかな現金を得ていました。 すぐに食料支援を実施しましたが、7千人に対して10日分のトウモロコシを配布するのが私たちの資金では精一杯でした。

マンガテン国内避難民キャンプの子どもたちとマンガテン国内避難民キャンプの子どもたちと
キャンプでの食料配布キャンプでの食料配布

JVCは、これからも活動を続けます。

避難民の生活を支えるとともに、将来を担う子どもたちが学校に復帰できるよう、現地の人々と協力して取り組んでいきます。6月下旬には、私がジュバに入ります。現在、南スーダンでは6,000円で1家族の食料1ヶ月分、5,000円で1家族の最低限の生活用品(調理器具、寝具、マラリア予防のための蚊帳、石鹸など)が提供できます。現地では治安悪化による物流の制限などによって(日本円に換算した)物価が上昇しています。必要な支援を届けるためには、皆さまのご協力が欠かせません。

引き続き、ご支援をよろしくお願いいたします。
http://www.ngo-jvc.net/jp/projects/sudan/2016emergency.html

ジュバ郊外、避難民キャンプ訪問
2017年3月ジュバ訪問②

人道支援/平和構築グループマネージャー(南スーダン緊急支援担当) 今井 高樹
2017年5月30日 更新

前回から続く)

ジュバの避難民キャンプといえば、日本の自衛隊も建設に従事した国連の避難民保護施設(約4万人を保護)がよく知られていますが、それ以外にも規模の小さなキャンプがいくつかあります。
昨年の9月に私たちが支援したのはそれらのひとつ、ナイル川の対岸にあるグンボ地区のキャンプでした。昨年7月の戦闘の際に避難してきた280世帯が生活していました。

マンガテン避難民キャンプの入口付近。中央遠景に見えているビルは自衛隊の宿営地に隣接し、報道によれば、昨年7月の戦闘時には副大統領派が立てこもって宿営地越しに政府軍と銃撃戦を繰り広げたマンガテン避難民キャンプの入口付近。中央遠景に見えているビルは自衛隊の宿営地に隣接し、報道によれば、昨年7月の戦闘時には副大統領派が立てこもって宿営地越しに政府軍と銃撃戦を繰り広げた

「しかし、それ以前からあるキャンプも、現状は同じか、もっと厳しいかも知れません」
そう話すのは、私たちの現地協力団体であるカリタス・ジュバ教区事務所のネイマットさん。彼女が例に挙げたのは、ジュバの北郊にある、マンガテン(現地の言葉で「二本のマンゴーの木」の意)と呼ばれる地区のキャンプです。
「2015年に設立されたキャンプですが、この半年くらいは何の支援も入っていないと思います」
「どうしてなんでしょう?」
「手が回らない、それに尽きると思います。今の南スーダンは、あちこちで新たな避難民や飢饉が発生していますから・・次から次に起きる危機への対応に追われて、以前からあるキャンプが、どうして置き去りにされてしまうのです」

もっとも、国連やNGOがマンガテンで活動しない理由は他にもあるのかも知れません。
あるNGO関係者は「あそこは、キャンプの住民の中で争いがあり、活動をしていくのが難しい。どこの団体も敬遠している」と話していました。
「キャンプの中の争い」とは、今の南スーダンの内戦状況を反映したものです。マンガテンは、元々、元副大統領の出身民族であるヌエル人たちが多く住んでいる地区です。なので、2013年12月の内戦勃発時には、ディンカ人(大統領の出身民族)を中心とする政府軍や民兵、武装集団の襲撃を受け、激しい戦闘が行われました。戦闘が収束したあと、マンガテンには各地で家を失ったヌエル人、ディンカ人、またその他の民族が避難民として流入、2015年にはキャンプが設立されました。つまり避難民キャンプには「敵対関係」にある民族グループが同居しおり、そこにある(はずの)緊張関係から、「あのキャンプには関わりたくない」という心情になるのでしょう。
しかし、カリタスのスタッフの話では、最近のマンガテンで具体的な「抗争」や「事件」が起きているわけではありません。異なる民族グループから構成される自治会のようなものがあり、キャンプの取りまとめ役となっています。マンガテンを敬遠するのは、「民族対立」のイメージに引きずられている部分があるのかも知れません。

さっそく、カリタスのスタッフと一緒にマンガテン避難民キャンプを訪問しました。
市街地を抜け、自衛隊の宿営地を右手に見ながら少し先を左に折れるとキャンプです。空港の滑走路に近いため、着陸直前の飛行機が頭の上をかすめていきます。小雨が降り出しました。ジュバは乾季から雨季への移り変わりの時期に入っています。

キャンプのゲートから中に入ってクルマを止め、カリタスのスタッフが自治会のリーダーを呼びにいきました。
「どうも、リーダーは留守のようだ」
リーダーの許可を得ない限り、私たちはキャンプの中を歩くこともできません。
私たちの姿を見て、キャンプの女性のリーダーが近づいてきました。
アンジェリーナさん。長身で、肩から膝下まで青い布をまとっています。
「あいにく今日はリーダーがいません。リーダーの許可がなくては私も外部の人と話をすることはできません」

私たちは日を改めて再訪することにしました。
「行政の許可を取って、救援復興委員会(南スーダン政府の人道支援担当部局)にも同行してもらった方がいいな」
カリタスのスタッフも、手順を踏んで出直すべきと考えたようです。

クルマを市内に向けると、雨足がだんだん強くなってきました。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net