アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

UNHCRで使用している車輌(素人お断り)

車両整備専門家 井谷 正吾
2007年10月11日 更新

現在UNHCR/Jubaでは主に3タイプのトヨタランドクルーザーが活躍しています。

HZJ105ステーションワゴン16台。スウィングタイプのバックドアで補助シートが2つの8人乗り。HZJ78ハードトップ16台。日本ではお目にかかれない2ドア、荷室は補助シートが4つ付いて11人乗り。HZJ79ピックアップ4台。その名のとおりピックアップだがリヤリーフスプリングはなんと11枚のHD仕様。全て左ハンドルの5MT。エンジンはノンターボの4200CC6気筒ディーゼル1HZ。マニュアルエアコン装備で、極力エレクトロニクス化を省いた途上国向けモデルを作ってくれたトヨタには頭が下がる思いだ。

内装はとてもシンプルだがドアの内張りやフロアのビニールを剥がすと軽防弾?防爆?のブルーシートが貼り付けられている。修理するときには結構厄介な代物だ。そして車載無線を装備。2mのバカでかいアンテナを立てるためとウィンチ装備のため、ノーマルのプラスティックバンパーは取り外され、超重いスチールのバンパーが標準装備。バッテリーもウィンチ用にもうひとつ追加。このあたりの話は整備編で書こう。

私たちの家の目の前がUNHCRのオフィス。特に私の部屋から門までは20Mほど。毎日ランドクルーザーが出入りして『ゴォー』と1HZの快音を立てて走っているのを聞くと「ああ、調子よく走っているな」とか、『ギシギシ・ガシャガシャ』「あの車今日あたり入ってきそうだ」とか思いながら生活しています。


団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net