アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

非暴力デモに対するイスラエル当局の武器使用に関して:現地NGOからの声

パレスチナ事業担当 並木 麻衣
2018年5月 1日 更新

こんにちは、JVCパレスチナ事業担当の並木です。
2018年3月30日、パレスチナにおける「土地の日」から、特にガザで大規模なデモが続いています。イスラエル建国記念日まで毎週末に必ず行われ、難民の帰還を求めるこの抗議運動に対し、イスラエル軍はイスラエルとガザの境界線に近づいたデモ隊を実弾・ゴム弾・催涙弾で排除し、多くの死傷者が出ました。「報道関係者」のベストを着たパレスチナ人ジャーナリストまでも銃撃によって殺されています。

この状況に対し、私たちが東エルサレムでの活動を共に続けてきた現地のNGO「パレスチナ医療救援協会(PMRS)」が、声明文を送ってくれました。4月8日付で届いたその声明の内容をご紹介したいと思います。

PMRSによる、ガザの状況に関するまとめ

2018年4月7日土曜日現在、ガザの大規模な抗議デモ「帰還の大行進」において、イスラエル軍が非武装の市民に対し、殺傷力の高い武器を不法に使用しました。これにより31人が死亡、1,600人超が負傷しています。30,000人以上がこの運動に参加し、不法なパレスチナの占領の終結と、帰還権を求めています。赤十字国際委員会、保健省、国境なき医師団をはじめとして、現地で活動している複数の団体や、ガザで病院、診療所、移動診療所の設置を行ったNGOの医療従事者によると、デモの初日の重傷者は1,010人にのぼっています。そのうち、75%以上(758人)が、銃撃により負傷しました。

イスラエル軍が、子どもやジャーナリストを含む非武装の市民に殺傷力の高い武器を使用したことに対し、世界中から非難が集まっています。国際連合人権高等弁務官事務所の広報官は、「抗議者に対して過度の暴力を行使しないことはイスラエルの義務であり、さらにガザのように軍による占領が行われている状況では、占領当局が不当で違法な銃撃により死者を出すことは、故意の殺人にあたる。これはジュネーブ第四条約の重大な違反である」と述べています。しかしながら、イスラエル軍は標的殺害を認めただけでなく、3月31日には「すべて正確に計算されたことであり、すべての銃弾がどこに着地したか我々はわかっている」という不穏なツイートで、自らの行為を賞賛しています。(このツイートはその後、削除されました。)

この抗議行動における不法行為のみに着目していると、抗議の意義を見失ってしまいます。「帰還の大行進」がガザで起こっているのは、イスラエル政府と軍によって、パレスチナが抑圧的に占領されていることが理由です。ガザの人々、そしてすべてのパレスチナ人は、強制的に追放されてしまった故郷に戻る権利と、基本的人権の保証を求めています。ガザの人々を閉じ込めているフェンスへの行進に参加しなかった人々も、巨大なテントを設営し、故郷の村の名前や占領への非難を記した横断幕を立てました。パレスチナ人を守るためには、占領に対する抗議行動に、あらゆる世代が参加していることが必要不可欠です。「帰還の大行進」のテントには、かつて追放された家々の鍵を持っている年配者も、難民として生まれ、物語や写真を通してしか故郷を経験することができない子どもたちも、含まれていなければなりません。

ガザの人々は帰還権だけでなく、生きる権利も主張しています。また、12年間続いてきた、イスラエルによるガザの包囲の終結を求めています。ガザはこの包囲により、実質的に世界最大の刑務所になっています。「帰還の大行進」の主催者の意図に関わらず、ガザの人々が抗議する理由は、個人的なものから政治的なものにまでおよぶのです。ある20歳の参加者は「我々は尊厳を求めてここに来ている」と話しました。

ガザの人々は依然として、容赦がないほどに緊急的な人道状況の中で暮らしており、全人口に対する周期的な暴力によって暮らしを中断させられています。これは、違法かつ良心に反する集団的懲罰に等しいものです。最近の大規模攻撃は2014年に起こり、子ども551人、女性299人を含む2,251人が死亡し、生き延びた人々も身体に残り続ける障害や、心理社会的苦悩に苦しんでいます。戦争中は、すでに居住不可能なガザの状況を更に追いつめるために、基礎的なインフラが意図的に標的とされました。現在ガザの失業率は45%に上り、水の95%は汚染されて飲用に適しません。1日のうち16時間は停電にみまわれ、乳幼児死亡率はこの10年で初めて上昇してしまいました。

PMRSはパレスチナの占領、ガザ封鎖、そして人々が日常的に耐えている、この人道上の緊急事態を非難しています。また、命の危険を伴う困難な状況に関わらず、人々の安全を守るために働いているすべての医療従事者を、PMRSは支えています。PMRSは、占領に反対し、そしてパレスチナの人々の健康、尊厳、自由を含む基本的人権を保障するために、パレスチナ人とその支援者の団結を呼びかけています。

(翻訳:JVC英語ボランティアチーム・水谷直子)

Summary of the situation in Gaza on behalf of PMRS(原文)

As of Saturday, April 07, 2018, The Great March of Return in Gaza has seen a total of 31 people killed and over 1,600 injured as a result of the illegal use of lethal force by the Israeli military against an unarmed population. Over 30,000 have participated in this campaign, calling for the end to the illegal occupation of Palestine and the right to return home. On the first day of demonstrations, 1010 severe injuries were reported from a number of organizations operating onsite including the ICRC, MoH, MSF, and medical staff from NGOs, who readied hospitals and clinics, set up mobile clinics throughout Gaza and set up field clinics at the site of demonstrations. Of these 1010 severe injuries reported, over 75% (758 persons) sustained gunshot wounds.

The use of lethal force by the Israeli military on unarmed civilians, including children and identified journalists, has been condemned world-wide. The UN High Commissioner for Human Rights spokeswoman stated "We remind Israel of its obligations to ensure that excessive force is not employed against protesters and that in the context of a military occupation, as is the case in Gaza, the unjustified and unlawful recourse to firearms by law enforcement resulting in death may amount to a willful killing, a grave breach of the Fourth Geneva Convention." However, the Israeli military not only admitted to targeted killings, but celebrated them in a disturbing tweet they have since removed stating on March 31, "everything was accurate and measured, and we know where every bullet landed."

To focus only on the injustices committed during this protest is to miss the point of these protests. The Great March of Return in Gaza is occurring because of the oppressive practices of the occupation of Palestine by the Israeli government and its military. The people of Gaza, and all Palestinians, demand their right to return to the homes they were forcibly removed from and to have their basic human rights acknowledged and upheld. Those who did not march to the fence imprisoning the people of Gaza, set up a large encampment with banners showing the names of their villages and condemning the occupation. It is vital for the preservation of the Palestinian people that any resistance to the occupation be intergenerational and the encampment of the Great March of Return includes elders with keys to the homes they were expelled from and children who have been born refugees and can only experience their homeland through stories and pictures.

Not only do the people of Gaza demonstrate for the right to return, but they also demonstrate for the right to life and they demand the end of the Israeli siege on Gaza which is going on since 12 years making Gaza the largest open prison in the world. Regardless of the intentions of any organizers of this march, the people of Gaza protest for many reasons ranging from the personal to the political, as one 20 year old stated "We came here because we want dignity."

The people of Gaza continue to live in a relentless humanitarian emergency, punctuated by cycles of violent assault on the entire population, that amount to the illegal and immoral practice of collective punishment. The most recent wave of mass assault in 2014 saw 2,251 killed, including 551 children, 299 women and the inevitable permanent physical disabilities and psychosocial distress survivors must endure. Basic infrastructure was deliberately targeted to make Gaza even more unlivable than it already is and today Gaza has a 45% unemployment rate, 95% of water is not safe to drink, electricity is cut off up to 16 hours a day and infant mortality is increasing for the first time in a decade.

PMRS condemns the occupation of Palestine, the blockade on Gaza and the daily humanitarian emergencies the population endures. PMRS supports all medical personnel working to keep the population safe, despite difficult and lethal circumstances. PMRS calls for the unity of Palestinians and allies to resist the occupation and uphold the basic human rights of health, dignity and freedom.

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net