アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
2014年5月 6日 【 その他・未分類

満員御礼
金子帰国講演会行脚報告とお世話になった方々のご紹介

現地代表 金子 由佳
2014年5月16日 更新

歳を取ると時が過ぎるのが早くなる...という誰もが言いそうなセリフが自分にも実感できる日々です。先日3月15日~4月15日まで年度末事業業務と報告のために一時帰国しましたが、再び現地に戻ってきて既に一月近く経ってしまいました。今日は遅ればせながら帰国中にお世話になった方々への御礼とご報告をしたいと思います。

今回は2013年度ガザ事業のメインドナーである国際ボランティア貯金の年度末報告書の作成のために帰国しましたが、その傍らで、同じくガザ事業を支えて下さっている多くの団体、個人の方々へのご挨拶と、ガザの事をより多くの方に知っていただくことを目的に、6回の講演会・報告会を実施しました。3月21日-23日には数年ぶりに関西に出かけ、長年JVCパレスチナ事業をご支援いただいている日本聖公会・大阪教区の大阪聖ヨハネ教会をはじめ、パレスチナ支援を熱心に展開している、パレスチナの平和を考える会大阪YWCA、また新しくパレスチナに興味を持って下さった南海ルーテル教会のご協力にて3回の講演会を開催させていただきました。合計100人以上の方にご来場いただき、ネット上の動画公開サービスUstreamでは講演会の公開もしていただきました。現地赴任中は日本にいるパレスチナ関係者とお話しする事がなかなか難しいですが、今回は長年パレスチナ問題に関わっている方々と熱心な議論、情報交換を行う事が出来て、私自身多くのインプットがありました。不勉強な自分を反省しつつも、関西で活発に動いているパレスチナ支援ネットワークへの関わりを再構築する機会となり、大変有意義な訪問になりました。

イベントの様子イベントの様子

また3月29日にはエジプトに出張した経験のある朝日新聞記者の高橋友佳理さんとJVC東京事務所にてエジプト-ガザの近況報告と子どもの栄養失調問題を考えるイベントを実施し、手狭な事務所にもかかわらず35人にご来場いただきました。このイベントでは、高橋さんから政変後のエジプトの近況報告のあと、私からはガザを取り巻く環境がエジプトにどう影響されるのか?それらが現地の子どもたちの栄養状態にどのように影響を与えているのか?を中心に報告させていただき、高橋さん、参加者の方々と、より包括的な視点での議論を行う事が出来たと考えています。新聞記者さんとのコラボイベントということもありますが、高橋さんが働くお母さんということもあり、「子連れ参加OK」にしたことで、お子さん連れの参加者の方もちらほらありました。そういった意味でJVCにとっても新しい層の参加者があり、記念すべき一日となりました。

翌3月30日は、やはりガザ事業を支援して下さっているカトリックさいたま教区のご協力を受け、カトリック浦和教会にて講演会を開催させていただきました。クリスチャンの方々にとってパレスチナは聖書の舞台でもあり、とても耳慣れた土地だと思いますが、最近ではパレスチナ問題のマスメディアの露出もすっかり減り、現地の様子を知る機会はなかなか無いかもしれません。そういった状況からか、40名と沢山の方々にご来場いただき、みなさんから「パレスチナ問題の解決策、将来の展望」や「ガザの治安」などについて沢山の質問がありました。実は私自身もクリスチャンということがありますが、引き続きパレスチナ支援のための幅の広いクリスチャン・ネットワーク作りを模索していきたいと考えています。

4月8日は、同じく長年ガザ事業をご支援くださっているWE21ジャパンの支部の1つ、WE21さかえの方々にお招き頂き、小さな報告会を開催させていただきました。WE21ジャパンは、関東各地でリサイクルショップを展開し、その売上資金を国際協力に充てている団体です。会員の方々はとてもハートフルで、JVCパレスチナ事業も、普段から資金面のご協力のみならず、現地事業の写真の展示会などを通じて多大なご支援をしていただいています。メンバーの方お一人一お人の意識がとても高く、とても力強い味方です。私自身帰国の度にどちらかの支部に御呼ばれしておりますが、今回の報告会での交流を通じて、たくさんの元気を頂きました。

JVCパレスチナ事業、特にガザ事業は、ここにあげた以外にも多くの団体・個人の方々のご支援によって成り立っています。多様な活動、資金協力、現地を支えたいと思う貴重な意識一つ一つの上に、JVCの事業が成り立っている事を感じながら現地で事業をすることは、現地パートナーNGOスタッフは勿論、JVCスタッフにとっても大変な励みになります。
ここにあげきれなかった方々も含め、JVCパレスチナ事業をご支援いただき本当にありがとうございます。引き続き日本に帰った際はより多くの人に会い、より多くの人とパレスチナについて語り合いたいと思います。次の帰国は6月1日から一ヵ月間予定しています。またたくさんの方にお会いできるのを楽しみにしています。どうぞよろしくお願いいたします。

その他・未分類 の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2017年3月10日 更新シリアからヨルダンに逃れた
パレスチナ難民を訪ねて
2016年1月20日 更新「テロ」の本当の被害者は誰か――「自衛」としてのエルサレム・インティファーダ
2015年2月 9日 更新「イスラエルは、地下水だけでなく、雨水さえもユダヤ人のものだと主張するのです」
2015年1月26日 更新パレスチナ/イスラエルの人道状況と政治情勢-2014年度まとめ-
2014年12月25日 更新Pポップ、ロック、壁の中で歌う若者たち
2014年7月15日 更新ガザが泣いています。
2014年7月11日 更新憎しみと暴力の連鎖を断ち切るために、ガザ内部へ或いは外部への無差別空爆に強く反対し、一般市民を巻き込んだ交戦をやめるよう求めています。
2014年7月 4日 更新いちNGO職員として思うこと
2014年6月20日 更新イスラエル軍が西岸地区で大規模侵攻を開始
2014年5月16日 更新満員御礼
金子帰国講演会行脚報告とお世話になった方々のご紹介
2013年11月19日 更新ガザの英雄、その名も「ロケット」・アッサーフ。
2013年5月 9日 更新人々の生活から見たパレスチナの今(4)
2013年5月 9日 更新人々の生活から見たパレスチナの今(3)
2013年5月 9日 更新人々の生活から見たパレスチナの今(2)
2013年5月 9日 更新人々の生活から見たパレスチナの今(1)
2013年1月11日 更新パレスチナとイスラエルの市民活動家が来日します。(2)
2013年1月11日 更新パレスチナとイスラエルの市民活動家が来日します。(1)
2012年12月 5日 更新オリーブの木に植えつけられた心の傷
2012年10月 5日 更新『壊された5つのカメラ』日本でも公開中です
2012年9月18日 更新西岸地区全土で大規模なゼネストとデモが起きました

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
9ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net