[特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター]
[特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター]
 
[JVC団体案内へ]
[9ヵ国での活動へ]
[タイでの活動へ]
[インターンシップへ]
[南タイでのビルマ人労働者に対する医療支援]
[過去の活動]
[カンボジアでの活動へ] [ラオスでの活動へ]
[アフガニスタンでの活動へ] [南アフリカでの活動へ]
[パレスチナでの活動へ] [イラクでの活動へ]
[北朝鮮での活動へ] [スーダンでの活動へ]
[調査研究・提言へ]
[JVCに募金へ]
[JVCに入会へ]
[ボランティアへ]
[出張講演・資料貸出へ]
[書籍・開発教育へ]
[メディア掲載へ]
[JVCマンスリー募金へ]
[東京事務所スタッフ日記へ]
twitterやってます。
[JVCブックレット刊行へ]
[JVC国際協力ポストカード発売中]
[JVC国際協力コンサート]
[JVCメルマが登録へ]
[JVC会員専用ページへ]
[ビデオ「カンボジア農村開発」へ]
[JVCキッズページへ]
[JVC WEB担当者ブログへ]
[JANICアカウンタビリティセルフチェック2008を実施しています]

スマトラ島沖津波被害支援

 活動概要
2005年6月14 更新

前タイ事業担当: 松岡京子

大型支援が届きにくい村があります。

流された船が家に突き刺さっている。パンガー県クラブリ郡ナムケム村(1/3撮影)
■流された船が家屋のあるあたり
まで乗り上げている。パンガー県
クラブリ郡ナムケム村(1/3撮影)

2004年12月26日にスマトラ島で起きた地震による津波が、タイ南部を含め、アジア・アフリカに甚大な被害を及ぼしました。

日本国際ボランティアセンター(JVC)では、タイ事務所のスタッフ2名が12月31日よりタイ南部の被災地に入り、タイ現地NGOとの協力のもと、最も被害が大きかったといわれる地域に入り、被害状況の調査にあたりました。

調査の結果、外国人観光客が多く訪れるようなリゾート地(プーケット島やピピ島など)に対しては優先的に多くの援助・支援が入っている一方、現地の人たちが暮らしている小さな漁村や農村では、壊滅的な被害を受けた村であるにも関わらず、まだまだ支援が行き届いていないという状況が明らかになりました。

JVCは、これまで培ってきたタイの現地NGOとのネットワークを活かし、彼らと協力するかたちで、被災地の方々への支援を行います。

タイ現地NGOとのネットワークを活かした支援を

調査の結果をふまえ、タイのNGO・漁業組合・JVCなどの31団体は、救援活動のためにネットワーク「津波被害支援のためのタイNGOネットワーク」を設立しました。JVCはこのネットワークを通して、現地の人々が主体となった支援を支えていきます。

 

■ 支援対象地域 ■
 タイ南部:
  パンガー県、
  クラビ県、
  トラン県、
  ラノーン県、
  プーケット県
  (プーケット島)、
  サトゥーン県


■ 支援対象者 ■
 上記対象地域にある漁村あるいは農村で、壊滅的な被害を受けた村の住民を中心とする被災者。大型支援の届きにくい地域の村の住民。

■ 支援内容 ■
 被災者に対する中・長期的な復興支援

  • 小規模漁民への船・漁具・仮設住宅の支援
  • 児童館の設立
  • 海岸の生態系や資源の回復
  • 被害状況を管理するデータベースの構築、
     ウェブサイトの開設
  • 政府の支援政策に対するモニタリング・提言
  • 救援活動から得られる教訓の資料化
  • 生計回復のための職業訓練
  • 少数民族や出稼ぎ労働者に対する人権への配慮

NGOネットワークのホームページが出来ました

1月はじめ、「津波被災支援のためのタイNGOネットワーク」(英語名:The Collaborative Network for the Rehabilitation of Andaman Communities and Natural Resources)が結成され、事務局を務めるNGO "Sustainable Development Fundation" のホームページで支援の必要性を訴えています。このネットワークには現在44団体が参加しており、JVCもこのネットワークの一員として支援活動を進めています。




 
 


 問合せ・資料請求  リンク集  個人情報保護方針  リンク時のお願い

 
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はJVCおよびその関係者に帰属します。 サイトマップ