アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

「またこうして会えて嬉しいわ、ガザにお帰りなさい」――JVCが一緒に栄養失調児の支援を行っている現地NGO、Ard El Insan(=AEI、人間の大地)の代表イテダル氏に、大きなハグで迎えられました。3ヶ月ぶりに訪れたガザでは、様々な関係者や友人たちとの再会が待っていました。その度、まずはとにかく無事でいてくれてよかった、というホッとする気持ちでいっぱいになります。

今回のガザ出張の目的のひとつに、4種類の特別ミルクの運搬、手渡しという大切な仕事がありました。特別ミルクは国連が調整する支援物資の輸送車両に乗ってガザに入る予定だったのですが、とにかく大量の支援物資が必要な今、輸送もとても混雑しており、また境界線でも一日にガザに入れることができるトラックの数が制限されていていつミルクがガザに入るかわからなかったので、とにかく手で持って入れるものは入ろうと、30缶を手持ちしたのです。

ガザに送られた4種類の特別ミルクガザに送られた4種類の特別ミルク

まだ攻撃が続く中、AEIの担当医師と電話で話していた時です。「特別ミルクが手に入らなかったために亡くなった子がいる」。チロシン血症、ガラクトース血症などの先天性代謝性疾患を持った子どもたちは通常のミルクをとることができず、特別な治療用ミルクは命綱です。しかしそのミルクをガザで手に入れるのはもともと困難で、続く封鎖の影響で更に難しくなっていました。また、一缶400〜500NIS(=10,000〜12,500円)もするので、貧困に苦しむ家庭が買える金額ではないのです。攻撃の続く中も毎日のように、「子どもに与えるミルクがない。子どもが弱っている」と医師のもとに電話があったそうです。特別ミルクがないために亡くなってしまう子どもがいる。そのミルクを支援する人は誰もいない――エルサレムでの国際NGOや国連組織の会議でこれらのミルクを支援する団体があるか聞きましたが、誰も手をあげません。そこでJVCは、とにかくこの状態を子どもたちが乗り切って生きていくことができるように、特別ミルクの支援を決定しました。

ヌールちゃんの問診を行う医師(左)ヌールちゃんの問診を行う医師(左)

私たちの手持ちのミルクが入ったと聞いて、早速2人の子どものお父さんがミルクを取りに来ました。チロシン血症という疾患をかかえるヌールちゃんは来月で2歳になります。お父さんは、「攻撃が続く中もミルクを探して回った。このミルクがないと黄疸症状を起こし、口などから血を流すこともある。顔や体も膨らんでしまうんだ。辛そうな様子を見ているのが苦しかった」と話します。何度も何度も「ミルクを持ってきてくれてありがとう」と伝えてくれました。お父さんの月収は1,700NIS(約42,500円)。一缶400NIS(約10,000円、約3日分)のミルクはとても買える値段ではありません。しかも「ラファのトンネルが破壊されたことでいよいよミルクが入ってこなくなったと思い、怖かった」と言います。ヌールちゃんには、3ヶ月になる弟がいるのですが、ヌールちゃんは8ヶ月の時にこの病気であることがわかったので、お父さんはこの弟も同じ病気になるのではないかと心配しています。とても特殊な病気なので、何歳になるまでこのミルクが必要かも特定できず、医師が丁寧に観察を続けながら、治療を続けていくことになります。

特別ミルクを抱えるヌールちゃんと家族と一緒に特別ミルクを抱えるヌールちゃんと家族と一緒に

タリークさん(右)タリークさん(右)

もう一人、ガラクトース血症という疾患をかかえるモヤイエド君とモハンマド君の父、タリークさんも、ガザ南部のハンユニスからミルクを受け取りにはるばるやってきました。モヤイエド君は1歳、モハンマド君は0歳です。お父さんは「多くのものを失くした今、子どもたちが元気で生きてくれることが、僕の唯一の願いなんだ。支援をくださった日本の方々には、本当に感謝している」と、強く手を握って感謝の意を伝えてくれました。

国連が調整する輸送車両で運ばれた特別ミルクは、26日にエルサレムの国連倉庫を出発。29日に、AEIの代表と医師からそのミルクがガザ内に無事到着したとの連絡が入り、あらためて電話でお礼を伝えられました。全ての人々が厳しい生活を強いられているガザで、その中でもこのミルクがないと生きていくことができない子どもたちがいます。そのような子供たちの命が守られ続けていくよう、側面的に支えていければと思います。


この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-22-1 東鈴ビル4F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net