アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

エリコ研修旅行

パレスチナ現地調整員 藤屋 リカ
2006年3月30日 更新
超満員のバスの中超満員のバスの中

3月24日、予定通り、ベツレヘムのベイトジブリン難民キャンプ・ハンダラセンターの女性刺繍グループ(関連記事No.138,No.139,No.146,No.147)のエリコ研修旅行(関連記事No.151,152)は決行となりました。女性と子ども、75人が参加、朝7時半出発、ベイトジブリン難民キャンプを出発しました。

3月14日イスラエル軍の襲撃を受けたエリコ刑務所(写真中央)の横もバスで通過3月14日イスラエル軍の襲撃を受けたエリコ刑務所(写真中央)の横もバスで通過

エリコに行くには、幾つかの検問所を通過しなければなりません(これは次の現地便りで詳しくお伝えしたいと思います)。この日は3ヶ所のイスラエル軍の検問所を通過、待たされることはありましたが、厳しい検査を受けることなく、無事にエリコの町にたどり着くことができました。

予定より少し遅れて、エリコのYWCAに到着。子どもたちはバスの中で待ち、女性たちは40年以上にわたって活動している先駆的なグループの代表から話を聞き、活動を見学しました。

YWCAの研修室で、代表からの説明を熱心に聞き入る女性たちYWCAの研修室で、代表からの説明を熱心に聞き入る女性たち
経済危機への対策として、女性の収入創出のために5年前に始まった食品工場を見学経済危機への対策として、女性の収入創出のために5年前に始まった食品工場を見学
パレスチナで伝統的な食品の一つ、クリーム・チーズ作り。これを親指ぐらいの大きさに丸めて、オリーブオイルと一緒に瓶詰めし、保存食として出荷パレスチナで伝統的な食品の一つ、クリーム・チーズ作り。これを親指ぐらいの大きさに丸めて、オリーブオイルと一緒に瓶詰めし、保存食として出荷

YWCAでは、ヘアドレッサー、洋裁、コンピューター教室、高校中退した女性対象に高校卒業試験(これに合格すると高校卒業、大学入学資格が得られる)のための教室と様々な活動を展開してきました。ハンダラセンターの女性たちにも刺激になったようです。
この日は金曜日で普段YWCAは休みなのですが、ハンダラセンターの女性グループの女性たちは金曜日しか出かけることはできません。YWCAは女性たちの企画ということで要望を重視してくださり一部の仕事を振替、センターを開け対応してくださいました。ハンダラセンターのリーダーの女性は、通常の活動を行っている日に再度具体的な話を聞きに来たいと言っていました。

公園でくつろぐ女性たち公園でくつろぐ女性たち

女性たちの研修の後は、子どもたちお待ちかねのプールのある公園でした。パレスチナでは、修学旅行や女性団体の旅行の場合、バス1台で入園料が決まる割引価格があります。

プールで楽しむ子どもたちプールで楽しむ子どもたち

今回の研修旅行もその対象になりました。ベツレヘムにもわずかですがプールはありますが、個人の場合は高額で子どもたちは年に1回プールに行ければよいほうです。

プールで楽しむ子どもたちプールで楽しむ子どもたち

海面下、400メートルのエリコは3月でも泳げる気温なので、ここも旅行のコースに入れていました。

安い値段でくつろげる別の公園にも行きました。

芝生の上での食事、難民キャンプは土が見えるところさえ限られます芝生の上での食事、難民キャンプは土が見えるところさえ限られます

午後7時、エリコを出発しましたが、帰りの検問所の渋滞で1時間以上待たされたので、キャンプに着いたのは10時を過ぎました。何人かの父親はキャンプの入り口まで迎えに来ていて、疲れて眠った子どもたちを抱きかかえて家族で家に帰って行きました。

この旅行を中心になって企画をした女性グループの代表は「これが最初で最後!」と冗談交じりに言いながら、「事故もなく、みんな喜んで帰って本当に良かった」と胸をなでおろしていました。

今回の企画は、女性グループの企画に、参加した女性たち一人ひとりが自分たちの責任において行くという宣誓書にサインし、各自が責任を持って参加しました。自分たちでやり遂げた自信が、今後の活動にもつながって欲しいと願っています。


この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-22-1 東鈴ビル4F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net