アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • 気仙沼支援活動レポート
現地ブログ from 東日本大震災被災地

気仙沼支援活動レポート

宮城県気仙沼市で支援活動を行っているスタッフからの活動レポートです。

11月1日、防災集団移転のアドバイザー派遣を実施しました。今回は、大浦地区協議会の造成地見学会および総会が開催され、住民約30名が参加しました。

見学会では、10月に造成工事が概ね完了し、宅地の引き渡しが開始された高台移転団地の状況が確認されました。団地内の道路はきれいに舗装が施され、いくつかの宅地ではすでに住宅建設が開始されていました。当日は、大浦地区災害公営住宅の入居予定者も見学会に同行しました。初めて見学会に参加した入居予定者からは、「ようやく住宅地のイメージを掴むことができた」、「災害公営住宅が建つ場所には木々に囲まれているところもあって、住みやすそうだ」といった感想が寄せられました。

道路が舗装され、電柱が立った大浦地区高台移転団地。造成地見学会にて道路が舗装され、電柱が立った大浦地区高台移転団地。造成地見学会にて
災害公営住宅の建設予定地を確認する住民災害公営住宅の建設予定地を確認する住民

【集落の再編に関する取り組み】
寄り添い合える地域をつくる

震災支援担当 伊藤 祐喜
2015年12月 9日 更新

四ヶ浜地域の梶ヶ浦地区では、2015年度より防災集団移転による住宅建設が本格化し、震災の影響によって一時的に地域を離れていた人々が地元回帰を果たしました。震災後も地域で暮らし続けてきた在宅住民と防災集団移転参加者(以下、防集参加者)との交流を図るため、JVCはこれまで両者を対象としたイベントを実施してきました。

5月24日、「新緑を楽しむ会」を開催し、9月30日には防災集団移転団地内に建設された梶ヶ浦地区の集会場にて郷土菓子作りを行いました。

郷土菓子を作るお母さん方(9月30日開催のイベント)郷土菓子を作るお母さん方(9月30日開催のイベント)
笑顔の絶えないお茶会(9月30日開催のイベント)笑顔の絶えないお茶会(9月30日開催のイベント)

10月10日から12日の日程で富山県および石川県への視察を行いました。この視察の目的は、廃校活用や地域づくりに関する事例について学び、視察を通じて得た知見を旧浦島小学校の施設利用の検討や地域づくりの取り組みに生かすことです。視察には、JVCスタッフのほか、浦島地区振興会の役員や地区住民ら8名が参加しました。

視察初日、富山市で閉校した小学校の運営を行う「NPO法人こば」を訪問しました。(今年5月の講演会では、「NPO法人こば」理事長の水本三郎(みずもとさぶろう)氏、事務局長の平沢義孝(ひらさわよしたか)氏を講師として招きました。)築60年ほどの趣のある木造校舎を見学した後、「NPO法人こば」のメンバーと廃校施設の活用に関する意見交換を行いました。「もし、お金や使途の制約がなかったら、廃校施設を活用してどのようなことをやってみたいか」というテーマで、参加者がそれぞれに意見を発表しました。浦島地区から参加したメンバーからは、「浦島地区の歴史や文化を伝える資料館」、「新鮮な海産物を使った料理を提供する食堂」、「授産施設(障害者や高齢者が水産加工の作業を行う場)」といった様々なアイディアが出されました。また、平沢氏からは、「失敗を恐れず、使いたい人がやりたいことに校舎を使うことが大切」というお話がありました。

2階にある「里山カフェ」コーナー(NPO法人こば)2階にある「里山カフェ」コーナー(NPO法人こば)
廃校施設の活用に関する意見交換(NPO法人こば)廃校施設の活用に関する意見交換(NPO法人こば)

9月13日、防災集団移転のアドバイザー派遣を実施しました。今回は大浦地区協議会の総会および造成地見学会が開催され、住民約30名が参加しました。 約3ヶ月ぶりに実施された造成地見学会では、宅地の引き渡しを目前に控えた高台移転予定地の様子が確認されました。ここでは特に、宅盤と道路の高低差が確かめられました。また、見学会には、高台移転予定地に併設される災害公営住宅の入居予定者も参加し、宅地の整備状況を確認する姿が見られました。

高台移転予定地に至る取り付け道路高台移転予定地に至る取り付け道路
宅盤と道路の高低差を確認する住民宅盤と道路の高低差を確認する住民

8月9日、防災集団移転のアドバイザー派遣を実施しました。今回は、大浦地区協議会の総会が開催され、住民約25名が参加しました。

総会でははじめに、電柱およびゴミ箱の整備計画に関する変更点が確認されました。また、前回の総会で合意された隣地間段差の土留め工事の共同発注について、申し込み希望者の最終確認が行われました。

「まちづくりルール」の内容について確認する様子「まちづくりルール」の内容について確認する様子

続いて、「まちづくりルール」に関する協議が進められ、アドバイザーによって、前回の総会で見解の相違が生じた内容の整理が行われました。大浦地区の「まちづくりルール」では、隣地境界線から1.5m以内、北側の敷地境界線から1.5m以内、南側の敷地境界線から3.5m以内をセットバックゾーンとして設定し、建築物の壁面がはみ出さない様に計画することが定められています。前回の総会では、このセットバックゾーン内に、車庫や物置を設置してよいかという点が議論となりました。

不眠についての健康講話(浦島小学校仮設住宅にて)不眠についての健康講話(浦島小学校仮設住宅にて)

JVCは、2014年11月より鹿折地区7ヶ所の仮設住宅を対象に、3回の連続企画となる「さわやか健康相談」を開催してきました。この交流会を通じて、生活習慣の改善に効果的な情報を提供するとともに、心身の健康状態が懸念される住民を保健師、看護師、栄養士といった医療分野の専門家につなぎ、継続的にサポートすることができました。

また、「さわやか健康相談」の終了後は、「いきいき交流会」と名称を改め、医療分野の専門性を有する気仙沼地区サポートセンターとみやぎ心のケアセンターの協力を得て、交流会を継続することになりました。「いきいき交流会」では、「さわやか健康相談」と同様に、看護師などによる血圧・脈拍の測定および高血圧や不眠についての健康講話等を行ってきました。

7月5日、旧浦島小学校の体育館にて「第1回浦島地区大運動会」が開催されました。

開会式の様子開会式の様子

2012年度をもって閉校となった同小学校では、かつて集落対抗の運動会が毎年行われ、4集落の住民の交流が図られていました。しかし、浦島小学校が閉校したことによって運動会は休止となり、集落間の交流の機会は失われてしまいました。そのような状況から、今回、浦島地区振興会の環境・文化部によって4集落合同の運動会が約3年ぶりに開催されました。運動会の再開にあたり、JVCは環境・文化部への側面的支援を行ってきました。

7月5日、防災集団移転のアドバイザー派遣を実施しました。今回は大浦地区協議会の総会が開催され、住民約30名が参加しました。

総会でははじめに、市の担当課によって宅地の引き渡しに係る説明会が行われました。ここでは、宅地の賃貸又は売買契約に関して、今後のスケジュールや契約金額、必要書類等の説明がなされました。現在の予定では、今年の10月には宅地の契約が可能になる見通しとなっています。また、当日は大浦地区協議会の災害公営住宅入居予定者も集まり、区画の希望確認が行われました。参加者からは「この区画を希望する方がいれば、譲ってもいい」「仕事の帰りが遅いから、どの区画でも構わないよ」「○○さんと隣同士がいいな」といった意見が出され、話し合いは終始和やかに進められました。災害公営住宅の完成を心待ちにしている住民は、ようやく入居が近づきつつあることを実感し、明るい表情を浮かべていました。

宅地の引き渡しに係る説明会宅地の引き渡しに係る説明会
災害公営住宅の区画の希望確認災害公営住宅の区画の希望確認
造成地見学会の様子造成地見学会の様子

6月7日、防災集団移転のアドバイザー派遣を実施しました。今回は、大浦地区の造成地見学会と総会が開催され、住民約30名の参加を得ました。

7日の午後、造成工事が進められている高台移転予定地の見学会を行いました。工事着工から1年以上が経過し、ようやく道路や宅地の形が目で見て確かめられるようになりました。見学会では、設置された側溝の様子や宅地の広さ、法面(のりめん)の状況などが確認されました。見学会に参加した住民からは「道路の曲がりが意外に緩やかだな」「宅地と道路の高低差がかなりあるね」「高台からの眺めは本当に素晴らしいわ」といった感想が寄せられました。現在の見通しでは、今年の秋には造成工事が一段落を迎え、宅地の引き渡しが開始される予定となっています。

側溝や法面の状況確認側溝や法面の状況確認
高台からは気仙沼の内湾が一望できる高台からは気仙沼の内湾が一望できる
浦島地区振興会の総会の様子.浦島地区振興会の総会の様子.

5月31日、浦島地区振興会(以下、振興会)の総会が旧浦島小学校で開催され、役員や委員など約20名が出席しました。総会では、2014年度の事業報告や2015年度の事業計画、役員の改選についての協議が行われました。

昨年度、振興会では、旧浦島小学校施設の有効利用に向け、廃校施設の活用や地域づくりに関する講演会を開催するとともに、新潟県および高知県への先進事例の視察や旧浦島小学校の施設利用に関するアンケートを実施しました。さらに、養殖作業体験ツアーや鶴ヶ浦地区での「まち歩き」といった地域資源を生かした事業にも取り組むなど、活気ある浦島地区の実現に向け、歩みを進めてきました。

総会での協議の結果、設立から三年目となる2015年度の事業計画には、旧浦島小学校の施設利用の検討や養殖作業体験ツアーに加え、旧浦島小学校の閉校以来、開催が見送られていた運動会が盛り込まれることになりました。

Facebook コメント


団体案内
JVCの取り組み
9ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net