アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
2014年11月24日 【 在宅住民への交流の場づくり

在宅住民の交流の場づくり
~梶ヶ浦地区でピクニック~

震災支援担当 伊藤 祐喜
2014年12月26日 更新

11月24日、四ヶ浜地域の梶ヶ浦地区住民を対象にピクニックを行いました。

四ヶ浜地域は震災により世帯数が激減し、それに伴い住民間の日常的な交流の機会も減少しました。これまでに在宅住民を対象に訪問活動を行い各世帯の状況を把握する中で、梶ヶ浦地区は住民間の交流が他地区に比べて一層少ない印象を受けました。そのため、今回の交流イベントは梶ヶ浦地区の在宅住民を対象としました。震災前、各地区の住民が集う場として地区ごとに集会場が設置されていましたが、梶ヶ浦地区の集会場は震災により被災しました。そのような状況から、今回は屋外でも楽しみながら交流が図れる内容を企画しました。

造成地の見学の様子造成地の見学の様子
橋が架けられる場所の見学の様子橋が架けられる場所の見学の様子

イベント当日、参加者はリュックサックを背負いながら梶ヶ浦地区内を歩き、現在、工事が進められている高台移転の造成地や大島架橋事業として今後建設される大島と本州を繋ぐ橋の予定地を見学しました。参加者の中にはこれらの場所に初めて来た住民もみられ、「知らない間に随分と変わったんだね」といった驚きの声が聞かれました。

お弁当を分け合う参加者お弁当を分け合う参加者

その後、参加者は見晴らしの良い場所に移動し、各自持参したお弁当を食べました。それぞれが作った漬け物を皆で食べ比べる様子もみられ、参加者からは「皆で一緒に食べるとおいしいね」、「またここに来て食べたい」といった声が聞かれました。

昼食後は解散となる予定でしたが、参加者の希望により、食事をした場所の近くに住んでいる高齢の住民に参加者全員で会いに行くこととなりました。その高齢の住民は笑顔で参加者を家に迎え入れ、「足腰が弱いから(ピクニックに)行けなかった」と話しており、参加者が会いに来てくれたことをとても喜んでいました。

今回の交流イベントを通して、久しぶりに顔を合わせる住民もみられました。そのような方々が嬉しそうな表情で話している様子をみて、地域で共に暮らす住民同士の交流の大切さを改めて感じました。震災以降、四ヶ浜地域では各世帯が点在した状態となっており、「ご近所付き合い」が少なくなっています。そのような状況の中、住民同士が定期的に顔を合わし交流することができるよう、JVCはこれからも交流の場づくりを行っていきます。

在宅住民への交流の場づくり の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2014年12月26日 更新在宅住民の交流の場づくり
~梶ヶ浦地区でピクニック~
2014年6月17日 更新4集落の住民間交流
~四ヶ浜地域の住民が集える場所~
2014年2月25日 更新交流の場づくり
~餅つき行事の復活~
2014年1月28日 更新交流の場づくり
~地域の「お母さん方」とのお料理会~
2013年10月21日 更新在宅生活者への場づくり支援

Facebook コメント


団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net