アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
2014年11月25日 【 防災集団移転について

宅地の引き渡しへ
防災集団移転のアドバイザー派遣【24】

気仙沼事務所現地代表 岩田 健一郎
2014年11月27日 更新

10月19日、防災集団移転のアドバイザー派遣を実施しました。今回は、梶ヶ浦地区の造成地見学会及び総会が開催され、住民約25名が参加しました。

 気仙沼市による説明 気仙沼市による説明

午前中に行われた造成地見学会では、はじめに気仙沼市の担当課から工事の進捗状況が説明され、あわせて世帯ごとの宅地の引き渡し時期が示されました。気仙沼市から説明を受けた後、図面を片手に造成地内を見て回りました。擁壁(ようへき)の設置工事の様子を目にした住民からは、「こんなに深く掘るのか」と驚きの声があがりました。

擁壁(ようへき)の設置工事の状況を確認する様子擁壁(ようへき)の設置工事の状況を確認する様子

一方、アドバイザーからは、「住宅建設を進める上で支障が生じないように、埋め戻した部分を線で示してほしい」との要望が出されました。

法面(のりめん)や側溝の確認法面(のりめん)や側溝の確認

また、これまで図面上での確認に留まってきた法面(のりめん)の高さや側溝の入り方が改めて確かめられ、「法面の最終的な仕上げは?」「側溝に蓋はつくのか?」「どこに排水すればよいのか?」等々、住民から気仙沼市に対して様々な質問が投げ掛けられました。中には、建設予定の住宅のスケールを自ら確認する住民の姿も見受けられました。

住宅のスケールを確認する住民住宅のスケールを確認する住民

見学会終了後、仮設住宅の集会場にて総会が開催されました。今回の震災で自宅を失った住民は、住宅を再建する際にいくつかの支援制度を利用することができます。ここでは、その支援制度の具体的な内容と手続きの進め方が確認されました。

総会の様子。支援制度の内容の確認などが行われた総会の様子。支援制度の内容の確認などが行われた

住民からは「これまでは皆で一緒に取り組んできたが、これからは各自で勉強して進めていかなければならない。支援制度の内容をよく確認して活用してほしい」との話がありました。また、造成工事完了を控えて、「番地はいつごろ、どのように決まるのか?」「地権者への御礼は?」といった質問が出されました。その他、造成地完成のお祝い会や津波の到達点を示す石碑の建立などについて、活発な意見交換がなされました。

梶ヶ浦地区の防災集団移転促進事業は、この10月から11月にかけて宅地の引き渡しの段階を迎えます。梶ヶ浦地区の協議会が発足してから約3年間、およそ40回にわたる協議会活動を経て、ようやくこの段階まで辿り着くことができました。

一方、宅地引き渡しの後も、協議会に参加する全ての住民が無事に住宅の再建を果たさなければ、本事業が完了したとは言えません。今後もJVCはアドバイザーとともに、個々の住民が取り残されることがないように住宅再建のサポートを継続していきます。


団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net