アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

【第13期インターン(2012年度)】
自然の循環と人間の矛盾

13期インターン 高畑 琴音
2012年10月30日 更新

タイでのプログラムが始まり約3週間が経ちました。この3週間カオデーン農園では、日本の都心部では経験できない自然との共存をしてきました。また、時に農園を離れて、様々な地域で活動するNGOスタッフや農業関係の方にも話を伺うことが出来ました。今回はその訪問先、朝市とランドフィル(ゴミ集積場)で感じたことを書こうと思います。

【第13期インターン(2012年度)】
初めてづくしの農作業

13期インターン 根本 沙綾
2012年10月30日 更新

タイの研修所となっているカオデーン農園では毎朝、ブタとアヒルに餌を与えて午前中にタイ語を学び、午後に農作業をしています。

「タイ語を学習するインターン生」「タイ語を学習するインターン生」

カオデーン農園に来てからは、鍬で耕し野菜を植えたり、鉈でバナナの木を切ったりと日々新しい経験を積んでいます。来てから一週間で手のひらにマメが出来ました。

タイの研修所となっているカオデーン農園では毎朝、ブタとアヒルに餌を与えて午前中にタイ語を学び、午後に農作業をしています。

農作業で特に印象に残っているのが稲刈りと脱穀です。時期的に田植えから関わることは残念ながら出来なかったのですが、稲刈りと脱穀を経験しました。

初の稲刈りは0.5ライ(800平方メートル)を手作業で刈り取りました。タイの稲は日本の稲と違い、背丈が1m近くもあります。タイの稲刈りに使う鎌はクエスチョンマーク「?」のかたちをしていて、鎌を稲に引っ掛け、引き寄せて刈り取ります。

東京事務所で研修を受けるインターン生(講師は事務局長の長谷部)東京事務所で研修を受けるインターン生(講師は事務局長の長谷部)

台風一過、すばらしい晴天に恵まれた10月1日、「タイの農村で学ぶインターンシッププログラム」13期生の3名が日本を出発しました。9月末の東京研修、千葉・成田の農家での農業実習の期間を3名で過ごし、さらに意識が高まったようです。

東京事務所を出てタイに向かうインターン生(左から高畑、根本、小川)東京事務所を出てタイに向かうインターン生(左から高畑、根本、小川)

「タイに行ったら○○しよう」などとお互いの目標や約束事を決めたりして、清々しい表情で出かけて行きました。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net