アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

南タイ津波慰霊祭

11期インターン 宮田 敬子
2010年1月 6日 更新

遺族の悲しみ

パンガー県タクアパ郡、早朝5時から白服を着た人々が、市内一角の道路に続々と集まる。思い思いのお供え物と、被災者の写真を持った遺族が、パンガー県の慰霊祭に訪れた。スマトラ島沖地震による津波被災から5年目を迎えた12月26日、遺族にとってこの5年間はどのようなものであったか。
2004年12月26日、スマトラ沖を襲った大地震は、インドネシア、タイ、スリランカなどに大津波を引き起こした。全体の死者は20万人を超え、その内タイ国内の死者は5000人以上であった。タイ国内では南部の6県が被災し、その中で最も死者が多かったのが、パンガー県である。しかしながら被災当時、観光地であるプーケットには支援がいち早く届けられたものの、隣の県であるパンガーの小漁村では、支援が滞った。

県内外から招かれた50人ほどの僧によってお経があげられ、集まった1000人を超える遺族が故人を偲んだ。お経が終了したと同時に涙を流す人の姿を見た瞬間、大切な人の命を失うことの悲しみを感じた。遺族の悲しみは5年が経った今でも癒えることはない。
孫を亡くしたタイ人女性に話を聞いた。この女性は料理を作っていた時、津波に襲われた。
女性に津波被災後の5年はどういうものだったかを聞くと、「一日も孫の顔を忘れたことはないです。当時、孫は5歳でした。毎日悲しいですが、この日が来ると一層悲しさは増します。5年前も今も悲しみは同じです」と涙を流しながら話してくれた。 
パンガー県はビルマ人移住労働者が多く、ビルマ人労働者の多くは建築現場、ゴム農園、漁獲船で働いている。当時、被災したビルマ人への支援は遅れていた。津波によって奥さんを亡くしたビルマ人労働者のウィンソーさんは、パーム農園で働いている。津波前は漁獲船で働いていた。津波当日、周りの多くの人が亡くなっていった光景が今でも忘れられず、記憶に焼きついているそうだ。奥さんを亡くしたが、悲しんでばかりはいられなかった。その日暮らしであったウィンソーさんは次の仕事を探すのに必死だった。生活の苦しさは津波の前も後も変わらない。「今一番悲しいのはお寺にお参りにも行けないことだよ。このゴム農園から少しも外に出られないからね。妻の供養にも行けない。お金が無いからお布施も出来ない。それが悲しくて悔しい」
遺族の涙は思わず目を背けたくなるほど悲痛であった。

タクアパ郡津波慰霊祭の様子タクアパ郡津波慰霊祭の様子

第11期インターン・2年目(2009年度) の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2009年7月28日 更新精米の一日
2009年7月28日 更新コバヤシ登場
2009年7月 7日 更新カオデーン農園、再び
2009年7月 7日 更新住み分けと成長力
2009年6月26日 更新田植えの始まり
2009年6月 2日 更新いよいよ米作り
2009年5月27日 更新生命力
2009年5月22日 更新新たなるスタート
2009年12月21日 更新命を育てることの難しさ
2009年11月26日 更新生きていることの平等さ
団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net