アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

豚の色々な食べ方

11期インターン 宮田 敬子
2009年11月13日 更新

タイのNGOのISACは団体自身の農園を持っています。そこの家畜の豚を絞めたということで、豚の加工食品をつくることになりました。

ネームという食べ物は豚ひき肉をバナナの皮で包み、お米を使って少し発酵させてすっぱくさせたものです。北部・東北部タイの食べ物です。材料は豚挽き肉、豚の皮を薄くスライスしたもの、にんにくはミキサーで細かくしたもの、蒸したもち米もミキサーで細かくします。

ネームの中身ネームの中身

あとは味付けに塩を入れます。それを手でこねていきます。良い塩加減になったら、あとはバナナの皮に包んでいきます。6,7人ほどで作っていましたが、そのほとんどが初心者。あーでもない、こーでもないと一つの作業をするごとにてんやわんやです。

きれいに包めたかな?きれいに包めたかな?

バナナの皮に包んだ後は、2,3日おいて発酵させます。そうすると、何ともいえない酸味が出てもち米と一緒に食べると良く合うのです。タイ人はそのまま生で食べるのが好きですが、私は豚肉を生で食べるのに抵抗があるので、炭火で焼いて食べます。

次に作ったのはケープムーという豚肉の皮を油で揚げたスナックみたいなものです。ソムタム(パパイヤサラダ)と一緒に食べたり、炒め物にも入れたりするそうです。これも北部タイ独特の食べ物。

ケープムーに使う豚の皮を切ります。ケープムーに使う豚の皮を切ります。

豚肉の皮を適当な大きさに切り、塩を加えて揉みます。しばらく置いておき、塩が馴染んだところで揚げていきます。一回目、中まで火が通るようにじっくりと揚げ、二回目は温度を高くした油へ投入し、カリッと揚げていきます。揚げたてのケープムーを頬張ると、一緒にビールが飲みたくなるほどのおいしさ。

ケープムーを揚げます。ケープムーを揚げます。

今回作ったのはチャオバーン(=村人)風のケープムーです。ひとかけらが大きく、ゴツゴツしています。お店で売っているのは細かったり、小さかったりするそうです。豚は合成飼料を与えずに育てたので、豚の皮は引き締まっており店で買うケープムーと比べて断然おいしいそうです。

「菜食主義の人もいるけど、私たちには無理だね。こんなにおいしい肉の料理をたくさん知っているもの」と、出来上がったばかりのケープムーとネーンをカオニャオ(もち米)と食べながらみんな言っていました。「確かに!」、私も同意見です。みんな、豚のおいしい食べ方を知っているんですね。その土地の人たちが作ってきた食文化に感謝した日でした。


第11期インターン・2年目(2009年度) の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2009年7月28日 更新精米の一日
2009年7月28日 更新コバヤシ登場
2009年7月 7日 更新カオデーン農園、再び
2009年7月 7日 更新住み分けと成長力
2009年6月26日 更新田植えの始まり
2009年6月 2日 更新いよいよ米作り
2009年5月27日 更新生命力
2009年5月22日 更新新たなるスタート
2009年12月21日 更新命を育てることの難しさ
2009年11月26日 更新生きていることの平等さ
団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net