アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

ジュバ最大マーケットの強制撤去

JVCスーダン現地代表 今井 高樹
2008年7月11日 更新
撤去前のカスタムマーケット撤去前のカスタムマーケット

「えっ、カスタムマーケットが本当になくなっちゃうの?」

ラジオのニュースを聞いた瞬間、ちょっと信じられませんでした。カスタムマーケットはJVC整備工場に隣接したジュバ最大の市場。何百、何千(正確な数は誰にもわからない)という露天、商店が集まり、牛肉の内臓からビクトリア湖のティラピア、ナイル川の岸辺で採れた野菜、加工食品、衣料品から建築資材まで何でも揃うマーケットでした。整備工場の調理場もここで食材を買っているし、私もバナナやマンゴー、野菜を買っていました。

こんな大きなマーケットを一斉に撤去するなんて・・・

「カスタムマーケットは、本当はジュバ大学の土地なのさ」と、整備工場スタッフのオッジャが説明してくれました。「内戦中にジュバ大学が首都ハルツームに避難して、ここは広い空き地になっていたんだ。3年前の内戦終結後、そこでウガンダ人の商人が商売を始め、あっという間にこんなに大きなマーケットになった。でも、大学がジュバに戻ってくる見込みが立ったので、政府は撤去をするのだろう」とのこと。しかしラジオニュースでは、政府が業者と契約してマーケット跡地で再開発事業を行う、との報道もあり、実際のところはまだ分かりません。

もちろん、商店主たちはマーケット撤去に反対で、5月には小さなデモがあり、その後も散発的に商店主と軍・警察との衝突がありました。でも最終的にはみんな「やむを得ない」と思ったのか、ブルドーザーに強制撤去される前に自分たちで建物(トタン板のバラック)を解体し、資材を持って新しい場所(郊外のマーケット)に次々に移動していきました。

自分たちで店を解体する商店主。資材は移転先へ運ぶ自分たちで店を解体する商店主。資材は移転先へ運ぶ

いよいよ一斉撤去の日、すでに瓦礫の山となったマーケットは、まるで空襲後の焼け野原の写真を見るようです。建物を取り壊すために持ち込まれたブルドーザーにもほとんど出番はなく、大きな混乱はなく撤去は終了しました。

撤去後のマーケット。「何かいいものが残っていないか」と瓦礫の中を探しまわる人びと撤去後のマーケット。「何かいいものが残っていないか」と瓦礫の中を探しまわる人びと

しかし、あれだけの店が、いったいどこに行ってしまったのでしょうか?

郊外の「ニューマーケット」では拡張工事が進んでいた郊外の「ニューマーケット」では拡張工事が進んでいた

郊外のマーケット3ヶ所に分散して移動したとの情報を頼りに、そのうちのひとつ、町はずれの「ニューマーケット」と呼ばれる場所に行ってみました。「こんな辺鄙な場所にどうしてマーケットを作るのだろう?」と私は疑問に思っていたのですが、既に多くの店が移転を完了して営業を始め、意外にもそれなりの賑わいを見せています。もちろん、カスタムマーケットとは比べようはありませんが・・・でも、帰還民(元難民・国内避難民)の流入によって人口が急増しているジュバでは住宅地がどんどん郊外に広がっており、この「ニューマーケット」も近い将来は人々の生活の中心になるかも知れません。

一方で、新しい移転先がまだ見つかっていない商店主も少なくないようです。JVC研修生のアバテの弟は、カスタムマーケットの中で小さな衣料品店を開いていました。「政府は全員に移転先を割り当てたわけじゃないんだ。弟の店はまだ移転先が見つかっていない。行き先を探している間は全く収入がないし・・本当に困っているよ」

「ニューマーケット」に移転してきた雑貨屋さん。商売は「まあまあだね」「ニューマーケット」に移転してきた雑貨屋さん。商売は「まあまあだね」

さて、「撤去」された筈のカスタムマーケット。瓦礫の山の中に、早くも小さな野菜市場が出現しました。道路沿いには両替商や携帯電話のプリペイドカード、日用品、衣料品の露店がひしめいています。「みんな、どんどん戻ってきているよ」とオッジャは楽しそうに言っています。

「オッジャ、日本ではあれを『雑草のように強い』って言うんだよ」

「雑草?」

「そう。何度踏みつけられても、刈り取られても、そのたびにまた生えてくる。みんな逞しいよね」


団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net