アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • スーダン日記
現地ブログ from スーダン

スーダン日記

スーダン駐在の橋本が、日本ではほとんど知られていないスーダンの情報をお伝えします。

いよいよ食料配布、マンガテン避難民キャンプ 2017年3月ジュバ訪問④

人道支援/平和構築グループマネージャー(南スーダン緊急支援担当) 今井 高樹
2017年6月29日 更新
前回から続く)

マンガテン避難民キャンプで食料支援を行うことが決まりました。しかし、私に残された滞在期間は、あとわずかしかありません。
とにかく、トウモロコシの調達を行って、配布は現地の仲間に任せよう。
そう決めると、早速ジュバの市場を回って調達を始めました。今回は製粉後の「トウモロコシ粉」ではなく、粒だけを袋詰めにしたものです。品質が良く新鮮であるだけでなく、数量が確保できなくてはなりません。配布するのは、合計13トン、50キロ入りの大袋で260袋です。何か所かの市場を回って、やっと見つけ出しました。

3月31日、市場にトラックをつけて朝から積み込みを開始。

「おいおい、ケンカだ、ケンカだぞ」

トラックから積み下ろしたトウモロコシの袋トラックから積み下ろしたトウモロコシの袋

そんな声が聞こえて、何かと思うと既に野次馬が集まっています。
「あれ?ケンカしているの、JVCの積み込みをしている作業員たちじゃないか?」
どうやら、そのようです。
「おいおい、いったい何が原因なんだ?」
市場には荷役を請け負う作業員のグループがいくつかあります。ひとつのグループが私たちの積み込み作業を始めたのですが、そこに別のグループが割り込んできて仕事を取りあっているのです。互いに「ここはオレたちの縄張りだ」を主張してゆずりません。
止めるのも難しいのでしばらく傍観していると、何のことはない、話し合いで決着がつきました。お互いに何人かの作業員を出し合って共同で作業をする、報酬は互いに分け合う、それだけのことです。ただし、双方から参加することで作業員の数が少し増え、私たちが支払う労賃が少しだけ上がりました。彼らにとっては、賢明な判断です。南スーダンの政治家も見習うべきでしょう。

積み込みが終わったトラックはジュバ大学の前を通って市内を横切り、中心部のセント・ジョセフ教会の敷地内にある協力団体(現地NGO)、カリタスの事務所に到着しました。積み荷を倉庫に下ろし、カリタスのスタッフに引き渡して私の業務は終了です。その2日後、私はジュバを後にしました。

二人がかりでも50キロは重い二人がかりでも50キロは重い

カリタスのスタッフが避難民キャンプのリーダーたちと調整した結果、配布は4月10日に行うことになりました。JVCからは現地スタッフのクリスティン、そして南スーダン政府の救援復興委員会の担当者が立ち合って、配布が行われます。

マンガテン避難民キャンプについて、事前には「民族間の争いがあり、支援活動は難しい」との情報がありました。確かに、自治会のリーダーであるガブリエルさんは「ここにはディンカ人、ヌエル人、シルック人が生活している」と説明してくれました。これらの民族グループは、今の内戦の中で敵対しあっている、というのが一般の解釈です。

しかし、食料の配布は何のもめ事もなく、きわめてスムースに行われました。

受け取ったトウモロコシを自分たちのテントへ受け取ったトウモロコシを自分たちのテントへ

キャンプは奥まった場所の「キャンプ1」、幹線道路に近い「キャンプ2」に分かれており、「キャンプ1」はヌエル人が中心、「キャンプ2」はディンカ人を中心に他の民族グループが混ざっています。それぞれのキャンプに自治会があり、リーダーたちが名簿を手にして避難民女性をグループ分けし、グループ毎にトウモロコシを1袋ずつ受け取っていきます。それはとても整然と行われ、あっという間に配布は終了ました。

配布を見守っていた女性リーダーが、JVCスタッフのクリスティンのところにやってきました。

キャンプリーダー(右)の話を撮影するJVCスタッフのクリスティン(左)キャンプリーダー(右)の話を撮影するJVCスタッフのクリスティン(左)

「いま、この時期に食料の支援があって本当に助かりました。子どもたちに食べさせるものも何もなかったんです」
キャンプには、推定で約1,500世帯が暮らしています。13トンのトウモロコシとはいえ、1世帯あたりでは10キロにもなりません。実は私たちは、配布の当日に「こんなにわずかな量でどうする?」という不満が噴出するのではないかと警戒していました。しかし、当日、そんな心配は吹き飛びました。みな晴れやかに、そして安堵を浮かべた表情で食料を受け取っていきました。長らく支援が止まっていたのは、本当のことなのでしょう。

食料を受け取った女性にカメラを向けていると、みなが集まってきて、掛け声に合わせて一斉に歌い始めました。
それは、彼女たち自身の言語で歌われています。カリタスのスタッフにも、JVCのクリスティンにも、意味が分かりません。
「すみません、今の歌、どういう意味ですか?」
質問すると、リーダーの男性が
「村で歌われる感謝の歌だよ。ありがとう、今日の食料に本当にありがとうってね」
故郷から遠く離れた場所にいても、喜怒哀楽の表現に、故郷の歌にまさるものはないようです。

カメラを前にして、みんな歌い始めたカメラを前にして、みんな歌い始めた

「食料がない」マンガテン避難民キャンプ
2017年3月ジュバ訪問③

人道支援/平和構築グループマネージャー(南スーダン緊急支援担当) 今井 高樹
2017年6月 8日 更新
前回から続く)

3月29日、ジュバ郊外のマンガテン避難民キャンプを再訪しました。

今回は、行政の「キャンプ訪問調査許可証」を取得し、南スーダン政府の救援復興委員会から2名の担当官が同行しています。私たちの協力団体であるカリタス・ジュバ教区事務所のスタッフも一緒です。

キャンプ内を歩くキャンプ内を歩く

南スーダンから自衛隊が撤収。
「ところで、JVCさんは、これからどうされるのですか?」

人道支援/平和構築グループマネージャー(南スーダン緊急支援担当) 今井 高樹
2017年5月30日 更新

5月27日、南スーダンに派遣されていた自衛隊の撤収が完了しました。日本に戻ってこられた隊員の皆さんの様子をテレビや新聞でご覧になった方も多いと思います。

「ところで、JVCさんは、これからどうされるのですか?」

最近、そんな質問を受けました。

日本政府は「(南スーダン)国内の安定に向けた政治プロセスに進展が見られる」ことを自衛隊撤収の理由のひとつに挙げました。
しかし現実には、南スーダンの危機はむしろ深まっています。政府軍(大統領派)と反政府勢力との戦闘が続き、住民への殺戮やレイプなどの暴力は止まりません。国内避難民と難民の数は増え続け、400万人に達しようとしています。
食料も足りません。国民の半数以上が食料難、そのうち10万人は生命の危機にさらされる「飢饉」の状態にあると国連は警告を発しています。南スーダンの各地で、国連による食料の空中投下が続いています。
3月に私が訪れたジュバのマンガテン国内避難民キャンプ。自衛隊の宿営地(当時)の近くにあるこのキャンプでも、約7千人の避難民が食料不足に直面していました。集めた野草で飢えをしのぐ母親たち。「食べ物も、水汲みのポリタンクも寝床にするマットも、何もかもない」生活用品の多くは、昨年7月の戦闘時に略奪されたままです。子どもたちは学校にも通わず、市場で廃品を回収してはわずかな現金を得ていました。 すぐに食料支援を実施しましたが、7千人に対して10日分のトウモロコシを配布するのが私たちの資金では精一杯でした。

マンガテン国内避難民キャンプの子どもたちとマンガテン国内避難民キャンプの子どもたちと
キャンプでの食料配布キャンプでの食料配布

JVCは、これからも活動を続けます。

避難民の生活を支えるとともに、将来を担う子どもたちが学校に復帰できるよう、現地の人々と協力して取り組んでいきます。6月下旬には、私がジュバに入ります。現在、南スーダンでは6,000円で1家族の食料1ヶ月分、5,000円で1家族の最低限の生活用品(調理器具、寝具、マラリア予防のための蚊帳、石鹸など)が提供できます。現地では治安悪化による物流の制限などによって(日本円に換算した)物価が上昇しています。必要な支援を届けるためには、皆さまのご協力が欠かせません。

引き続き、ご支援をよろしくお願いいたします。
http://www.ngo-jvc.net/jp/projects/sudan/2016emergency.html

ジュバ郊外、避難民キャンプ訪問
2017年3月ジュバ訪問②

人道支援/平和構築グループマネージャー(南スーダン緊急支援担当) 今井 高樹
2017年5月30日 更新

前回から続く)

ジュバの避難民キャンプといえば、日本の自衛隊も建設に従事した国連の避難民保護施設(約4万人を保護)がよく知られていますが、それ以外にも規模の小さなキャンプがいくつかあります。
昨年の9月に私たちが支援したのはそれらのひとつ、ナイル川の対岸にあるグンボ地区のキャンプでした。昨年7月の戦闘の際に避難してきた280世帯が生活していました。

マンガテン避難民キャンプの入口付近。中央遠景に見えているビルは自衛隊の宿営地に隣接し、報道によれば、昨年7月の戦闘時には副大統領派が立てこもって宿営地越しに政府軍と銃撃戦を繰り広げたマンガテン避難民キャンプの入口付近。中央遠景に見えているビルは自衛隊の宿営地に隣接し、報道によれば、昨年7月の戦闘時には副大統領派が立てこもって宿営地越しに政府軍と銃撃戦を繰り広げた

「しかし、それ以前からあるキャンプも、現状は同じか、もっと厳しいかも知れません」
そう話すのは、私たちの現地協力団体であるカリタス・ジュバ教区事務所のネイマットさん。彼女が例に挙げたのは、ジュバの北郊にある、マンガテン(現地の言葉で「二本のマンゴーの木」の意)と呼ばれる地区のキャンプです。
「2015年に設立されたキャンプですが、この半年くらいは何の支援も入っていないと思います」
「どうしてなんでしょう?」
「手が回らない、それに尽きると思います。今の南スーダンは、あちこちで新たな避難民や飢饉が発生していますから・・次から次に起きる危機への対応に追われて、以前からあるキャンプが、どうして置き去りにされてしまうのです」

もっとも、国連やNGOがマンガテンで活動しない理由は他にもあるのかも知れません。
あるNGO関係者は「あそこは、キャンプの住民の中で争いがあり、活動をしていくのが難しい。どこの団体も敬遠している」と話していました。
「キャンプの中の争い」とは、今の南スーダンの内戦状況を反映したものです。マンガテンは、元々、元副大統領の出身民族であるヌエル人たちが多く住んでいる地区です。なので、2013年12月の内戦勃発時には、ディンカ人(大統領の出身民族)を中心とする政府軍や民兵、武装集団の襲撃を受け、激しい戦闘が行われました。戦闘が収束したあと、マンガテンには各地で家を失ったヌエル人、ディンカ人、またその他の民族が避難民として流入、2015年にはキャンプが設立されました。つまり避難民キャンプには「敵対関係」にある民族グループが同居しおり、そこにある(はずの)緊張関係から、「あのキャンプには関わりたくない」という心情になるのでしょう。
しかし、カリタスのスタッフの話では、最近のマンガテンで具体的な「抗争」や「事件」が起きているわけではありません。異なる民族グループから構成される自治会のようなものがあり、キャンプの取りまとめ役となっています。マンガテンを敬遠するのは、「民族対立」のイメージに引きずられている部分があるのかも知れません。

さっそく、カリタスのスタッフと一緒にマンガテン避難民キャンプを訪問しました。
市街地を抜け、自衛隊の宿営地を右手に見ながら少し先を左に折れるとキャンプです。空港の滑走路に近いため、着陸直前の飛行機が頭の上をかすめていきます。小雨が降り出しました。ジュバは乾季から雨季への移り変わりの時期に入っています。

キャンプのゲートから中に入ってクルマを止め、カリタスのスタッフが自治会のリーダーを呼びにいきました。
「どうも、リーダーは留守のようだ」
リーダーの許可を得ない限り、私たちはキャンプの中を歩くこともできません。
私たちの姿を見て、キャンプの女性のリーダーが近づいてきました。
アンジェリーナさん。長身で、肩から膝下まで青い布をまとっています。
「あいにく今日はリーダーがいません。リーダーの許可がなくては私も外部の人と話をすることはできません」

私たちは日を改めて再訪することにしました。
「行政の許可を取って、救援復興委員会(南スーダン政府の人道支援担当部局)にも同行してもらった方がいいな」
カリタスのスタッフも、手順を踏んで出直すべきと考えたようです。

クルマを市内に向けると、雨足がだんだん強くなってきました。

南スーダン、ジュバに入りました
2017年3月ジュバ訪問①

人道支援/平和構築グループマネージャー(南スーダン緊急支援担当) 今井 高樹
2017年3月17日 更新

3月14日、ジュバに入りました。昨年11月以来の訪問です。
これまでの緊急支援活動

「市内の治安はね、多少は良くなったかな」
何人かの友人から、そう聞きました。政府は12月から軍・警察による夜間のパトロールを開始し、効果はあるようです。
「銃撃とか、殺人とかは減ったね。でも強盗がなくなったわけじゃないけど」
元JVCスタッフに会うと、そんな言葉が返ってきました。
「それよりも、この空腹をどうしてくれるんだ。みんなそう言ってるよ」

経済危機による物価高騰はますますひどくなり、食料品の値段は上がり続けています。11月にはカップ1杯で50南スーダンポンド(以下、ポンド)と聞いていた主食のトウモロコシ粉は、70ポンド。給水車から買う生活用水は、郊外に行くとドラム缶で70ポンドだったものが、130ポンドにも値上がりしています。

自衛隊は撤収、でも大切なのは「そのあと、どうするか」

人道支援/平和構築グループマネージャー(南スーダン緊急支援担当) 今井 高樹
2017年3月12日 更新

3月10日、日本政府は南スーダンに派遣している自衛隊を5月末に撤収させることを発表しました。

 「治安が悪くなったことが理由ではない」と政府は強調しています。しかし公式には言えなくとも、実際には日本政府も今の南スーダンが紛争状態、あるいは内戦状態にあることを認めざるを得なくなったことは明らかだと思います。

現地では毎日のように各地で武力衝突が起き、国外への難民の流出が続いています。国民の3分の1が家を追われて避難生活を余儀なくされています。大統領派(政府)への反発は増し、先日も新しい反政府武装勢力が結成されています。

南スーダンの首都ジュバ、緊急支援日記(3)

JVCスーダン現地代表 今井 高樹
2016年10月31日 更新

前回から続く)

9月5日 <自衛隊の駆け付け警護「聞いたこともない」>

 

南スーダンには、「南スーダンNGOフォーラム」という自主的な集まりがある。合計200以上のNGOが加盟しており、JVCもそのメンバーだ。加盟団体は年会費を支払い、フォーラムとして数人の常勤職員を抱えている。そのうち2名が安全対策担当だ。NGOの安全対策は基本的に個々のNGOが独時の方針を持ち独自の責任において行っているが、日常的な治安情報の交換や、緊急時の対応も含めてNGOフォーラムの役割は大きい。毎日の治安レポートを発行するほか、人道支援団体に対する襲撃、強盗等の情報はリアルタイムでEメールや携帯電話で交換される。また週1回、NGOの安全対策担当者たちは会合を行い、治安情報の分析と安全対策についての議論を行っている。
私は毎週の会合に参加できていないので、この機会に、NGOフォーラムの安全対策の担当者を訪ねてみた。

南スーダンの首都ジュバ、緊急支援日記(2)

JVCスーダン現地代表 今井 高樹
2016年10月31日 更新

前回から続く)

9月3日 <言論弾圧>

ジュバの状況を知るために、なるべく多くの友人や知人に連絡を取ろうとしたのだが、電話番号が変わっているのか、既にジュバにはいないのか、連絡が取れたのは限られた人数だった。
元NGOスタッフのワニさんと連絡が取れた時、会話を始めるやいなや
「電話じゃだめだ。会って話をしよう」と言われた。
ホテルのレストランでワニさんに会った。客の少ない奥の席にすわり、小声で話し始めた。
「わざわざ悪かったな。電話じゃどうしても話せないんだ」

最近のジュバでは、公安警察が電話の盗聴記録から「反政府的な言動をした」として多くのジャーナリスト、市民を逮捕し、一部は殺害しているという。市の郊外には「ブルー・ハウス」と呼ばれる政治犯専門の留置場があるらしい。直接に反政府的な言動だけでなく、南スーダン政府にとって不利になる情報-軍による略奪行為、レイプ、村の焼き打ち、食料の不足など-を電話で国外の第三者に伝えると、それだけで「犯罪」とされてしまう。ワニさんと私の共通の知り合いにも、そのようにして長期にわたり留置され、釈放されて国外に逃亡している人がいた。
「公安警察が外国人を直接逮捕したり危害を加えたりすることはないだろうけどな」 ワニさんは私を見ながら、
「でも、南スーダン人のオレたちは常に危険にさらされているんだ」

南スーダンの首都ジュバ、緊急支援日記(1)

JVCスーダン現地代表 今井 高樹
2016年10月12日 更新
着陸直前の飛行機から見たジュバ。手前がナイル川、西岸にジュバ市街が広がる。写真奥の山がジェベル・クジュール。この山の周辺が7月の戦闘の主戦場となった。着陸直前の飛行機から見たジュバ。手前がナイル川、西岸にジュバ市街が広がる。写真奥の山がジェベル・クジュール。この山の周辺が7月の戦闘の主戦場となった。

9月、南スーダンの首都ジュバへの出張を行いました。今年になって初めての出張です。

日本でも大きく報道され、また前号にも書きましたが、ジュバでは7月に大統領派の軍(政府軍)とそれに反対する副大統領(当時)派の軍との間で大規模な戦闘が起きました。市内の各所で4日間にわたり続いた戦闘では多くの人々が犠牲となり、一時的に4万人もの避難民が出たと報じられています。

8月も後半になると、市内中心部の治安はやや落ち着いてきました。しかし、戦闘時の略奪により家財道具を失った人々、自宅周辺の治安になお不安を抱く人々は今も避難生活を続けています。また、経済破綻により年率600%(モノの価格が昨年の6倍)に達するインフレは、人々の生活に重くのしかかっています。数万人とも言われる市民が「経済難民」として周辺国に逃れたとも言われています。

昨年のジュバ出張では、JVCが過去に支援した職業訓練施設の状況を確認しました。今回の出張はそれに加えて、7月の戦闘によって影響を受けた人々への支援が大きな目的でした。

この「スーダン日記」では、出張時に見聞きしたこと、緊急支援の様子などを日記風にして何回かにわたりお送りします。

南スーダンの首都ジュバ、戦闘は終わったけれど・・

JVCスーダン現地代表 今井 高樹
2016年7月21日 更新

「これ、見てみなよ」
差し出されたスマホの画面を見ると、赤土の広場のような場所に敷かれたビニールシートの上に、累々と兵士の死体が横たわっています。別の写真は一般市民なのか、Tシャツやズボンにべっとりと血が付いた人々の遺体が、土中の穴に折り重なり、今にも埋められようとしています。
「みんな、ジュバから送られてきた写真だよ」
私が言葉もなく写真を見ていると、スーダン人の友人は少し気まずいと思ったのか、 「これ、こういう写真がね、WhatsAppで回ってくるんだ」
そう言いながら、スマホの画面を閉じました。WhatAppはスーダンの若者の多くが利用しているソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)です。

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net