アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
2013年6月18日

季節のおべんとう

南アフリカHIV/エイズプロジェクトマネージャー 冨田 沓子
2013年6月19日 更新
お米と鶏肉。日曜日はお米を食べる家庭が多く、その残りだそうお米と鶏肉。日曜日はお米を食べる家庭が多く、その残りだそう

今日は、今週からはじまる子どもの世帯調査にむけたミーティング。
ドロップイン・センターのボランティアが一同に集まり、調査内容を確認し、家庭を訪問するとき、質問をするときの注意事項などを話し合いました。

9:00からはじまったミーティング。11:00を過ぎて休憩をとると、みんなそそくさに木陰に消えていきます。着いて行ってみると、おべんとうを広げて少し早いお昼を楽しんでいました。そこでちょっと覗き見。

この地域で「ルカタ」と呼ばれるイエローメイズのパップ。おかずはかぼちゃの葉この地域で「ルカタ」と呼ばれるイエローメイズのパップ。おかずはかぼちゃの葉

メイズ(とうもろこし)が収穫されたばかりのこの時期は、普段の白いパップ(白メイズの粉をもち状にした主食)ではなく、採れたてのイエローメイズを使った「イエローパップ」が主流。イエローメイズは、白メイズよりも栄養価も高く昔はよく食されていましたが、大量生産、スーパーでメイズの粉を購入するのが主流になった今では、収穫直後のこの時期に一部の農村でしか見られなくなりました。

一方、「ムトゥク」と呼ばれ、一度発酵させたイエローパップも人気。おかず、スイスチャード一方、「ムトゥク」と呼ばれ、一度発酵させたイエローパップも人気。おかず、スイスチャード

ここヴェンダ地域では、多くの家庭がいまだ畑をもち、地域固有のメイズ品種を大切に育てています。「イエローパップを食べてないと、良い収穫がなかったと周りの人に思われちゃうでしょ!」と、ボランティアのおばちゃんたち。畑でとれた作物が一番豊富なこの時期は、おべんとう箱にみんなの誇りがつまっています。

おかずが豚足は、なかなか豪華おかずが豚足は、なかなか豪華
団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net