アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
2013年9月 9日

"カンツ"が見つからない!

パレスチナ事業担当 並木 麻衣
2013年9月 9日 更新

こんにちは! パレスチナ事業・東京担当の並木です。
普段は東京でのパレスチナ事業サポートを担当している私、先日パレスチナの現地事業を見に、エルサレムへ初出張いたしました! その時のお話を、私からも少しずつ書き綴っていきたいと思います。

さて、パレスチナ事業では以前、ガザの子どもたちへの栄養強化ミルクとビスケットの配給事業を行っていました。

ビスケットを頬張るガザの子どもたちビスケットを頬張るガザの子どもたち

その時、お菓子を共同開発してくれたのがパレスチナのお菓子会社「シノクロット」。事業が終わった後も、シノクロット社は独自に栄養強化ビスケットを開発し、「Kanz(カンツ)」と名付けて販売しています。

お買い物をしたラーマッラーの風景お買い物をしたラーマッラーの風景

さて、どうしてもそのカンツを出張中に買って日本に持って帰りたくて、小さなお店を覗き回って探していた私。訪ねた先々のお店で訊きました。

並木:「すみません、シノクロット社の"カンツ"ってビスケットあります?」
店主:「シノクロット? "アリババ"ならあるけど...」

「アリババ」はシノクロット社が売り出している大人気のチョコレート菓子。 しかし、アリババは今日本に持って帰ると暑くて溶けちゃうんですよね...。うーん、どうしようかな。やっぱりもうちょっと探してみよう。

しかし4軒ハシゴしても見つからない、シノクロットのカンツ。そ、そんなにレアなのかしら、と一抹の不安が湧いてきて、4軒目のお店のおじさんに訊きました。

並木:「なんかさ、チョコレート以外のパレスチナ産のお菓子って無いの? ウエハースとか...」
おじさん:「あるさ!! ほらこれだよ!」

と、レジのおじさんが自信満々に取り出した青い箱。おぉ、あるのか!と裏返して箱を見ると...

「Made in Turkey」(トルコ産)

並木:「トルコじゃん!!!! しかもチョコレート菓子だし!」
店主:「あ、そうなの? 知らなかった〜」

在庫ギリギリのカンツと、仕入れたばかりのアリババ在庫ギリギリのカンツと、仕入れたばかりのアリババ

思わず突っ込んでしまいましたが、レジのおじさんは呑気な一言。
こんなに呑気で商売大丈夫なのかしらと思いつつ、「次回こそカンツを!」と心に誓いながら、結局アリババを3箱大人買いして帰路についた私でした。

なお、アリババは今後のパレスチナ関連イベントに登場しますので、気になる方は是非イベントへお越しくださいませ。溶けないように冷やしてお待ちしております!

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net