アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
2013年1月22日 【 東エルサレム・保健指導

エルサレムの難民キャンプでの救急救命講習

パレスチナ現地代表 今野 泰三
2013年1月24日 更新
シュアファート難民キャンプの様子。今野撮影シュアファート難民キャンプの様子。
今野撮影

エルサレムに唯一ある難民キャンプ、シュアファート難民キャンプの地域社会施設「パレスチナの子どもたちのためのセンター」で開催された、救急救命法(以下、FA=ファーストエイド)の講習会に同行してきました。

今日は、全21時間の救急救命講習の第1回目で、キャンプ内の学校・幼稚園の先生や地域社会施設の職員など総勢20名ほどの女性が参加しました。参加者はみな積極的で、次から次に質問の出る活発な講習会となりました。

講習終了後、参加者からは、「素晴らしかった」「救急救命に必要な知識を学べて良かった」といった感想がありました。以下では、この講習の大まかな内容と、女性たちが講習に参加した理由をご紹介します。

FA講習で参加者に質問するラーミー医師。今野撮影FA講習で参加者に質問するラーミー医師。今野撮影

【講習内容】

  1. アイスブレーキングと自己紹介
    参加者に自分の名前を表す絵を描いてもらい、その絵を見せながら自己紹介してもらいました。
  2. FAの定義と目的
  3. 救急救命士の役割
  4. どのような状況でFAが必要か
  5. FAを行う際に必要な道具とは
  6. 救急車を呼ばなければならない状況とは
  7. 救急車を呼ぶ際に伝えること
  8. FAで行うべき基本的なこと
  9. Q&Aの時間
  10. バイタルサイン(生命兆候)とは何か?
  11. バイタルサインを確認する方法
  12. 救急箱の中身の説明
  13. まとめ

    講習会の最初に描いてもらった絵をもう一度見せて、絵の意味を説明して もらいました。例えば、ハヤー(生命、人生)という名の女性は、海と波を描いていました。その理由は、波は穏やかな時もあれば激しい時もあり、それが自分の人生や性格のようだからということでした。

 
三角巾の使い方を説明するMRSのボランティア。今野撮影三角巾の使い方を説明するMRSのボランティア。今野撮影

【参加した理由】

質問
「なぜ今回の講習に参加しようと思ったのですか?」

答え
「幼稚園で子どもたちに何かあった時に、自分の手で救いたいからです。」
「狭い難民キャンプでは、自動車事故が多いし、イスラエル治安部隊との衝突も頻繁に起こるので、救急救命法の技術が必要とされているからです。」
「(建物の密集した)キャンプ内では救急車が入ってくるのが難しく、(分離壁でエルサレムから分離され、西岸地区側からも外れているために)到着にもとても時間がかかるからです。」
「キャンプ内には病院や医療クリニックの数が少ないからです。」
「自分の子どもたちに何かあった時に、自分で救急救命法を使って助けたいからです。」
「自分の働いている幼稚園にはMRSの配布した救急箱が設置されていますが、それを自分も使えるようになりたいからです。」

ラーミー医師からの質問を受け、救急箱に入っている道具の使い方について考える参加者。今野撮影ラーミー医師からの質問を受け、救急箱に入っている道具の使い方について考える参加者。今野撮影

今回のような救急救命講習は、去年9月から11月末までに、東エルサレムの地域社会施設4ヶ所で計48人を対象に実施しました(一部継続中)。これらに加え、新たに地域社会施設1ヶ所と、今回講習を行った施設1ヶ所で、計40人を対象に講習を実施しています。それ以外にも、本事業では、学校生徒へのトレーニングの一環として、4つの学校でFA講習を行っています。今後さらに、地域で活動するFAチームのリーダー育成の一環として、エルサレムの大学2校でもFA講習会を実施します。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net