アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

ガザ:毎日の手洗い、歯磨き

パレスチナ現地代表 福田 直美
2011年7月26日 更新

パレスチナの子どもたちは、3ヶ月に及ぶ夏休みの真っ最中!JVCはこの夏、普段から鉄分強化牛乳と栄養ビスケットを子どもたちに配布しているガザの幼稚園で、"Health and Fun"と題したサマーキャンプを、ANERA(アメリカ近東難民支援協会)と一緒に行っています。30箇所の幼稚園で、約2,500人の子どもたちが参加しています。それぞれの幼稚園には、「アニメーター」と呼ばれる、サマーキャンプのためのボランティア(主に大学生や大学を卒業したばかりの若者)がつきます。彼らはサマーキャンプでの活動を率いるために、歌や踊り、絵画やスポーツ、そして衛生教育などの"楽しい教え方"について事前にトレーニングを受けています。

アニメーターの指導の下、歯磨きを練習する子どもたちアニメーターの指導の下、歯磨きを練習する子どもたち

このサマーキャンプでは、子どもたちに「体に良い食べ物」「体に良い事」について楽しく学んでもらおうと、様々な工夫がされています。野菜や果物の塗り絵をしたり、または野菜や果物の形をお面にしてかぶって踊ったり、手洗いや歯磨きについての人形劇をしたり、歌を歌ったり・・・そして、このサマーキャンプ内でも毎日、牛乳とビスケットが配られるのですが、食べたり飲んだりする前には必ず手を洗い、そしてその後には歯磨きも、毎日必ず行いました。サマーキャンプもそろそろ終盤。この毎日の実践がどのように子どもたちに変化を与えているか、先生やアニメーターに聞いてみました。

  • 子どもたちは手洗い・歯磨きについては教育を受けたことがあるが、毎日「練習」するのは初めて。皆楽しんでいる(先生)
  • 今までは家になかったので、お母さんに「歯ブラシを買ってほしい」と言う子どもが多くいる(先生)
  • 栄養価の高い野菜や果物について名前を言えるようになったり、スナック菓子などは良くないということを、子どもたちが覚えた(先生)
  • 食べる前には自分のタオルを持って、進んで手を洗いにいくようになった(アニメーター)
  • 子どもたちが、磨いた後の歯を喜んで見せてくれる(アニメーター)
「磨いた歯見せて!」と言うと最高の笑顔を見せてくれました「磨いた歯見せて!」と言うと最高の笑顔を見せてくれました

ある幼稚園で「家でも歯を磨いている人は?」と聞くと、多くの子どもが手を上げました。しかし続けて、「歯ブラシの色は何色?」と聞くと、答えられたのはそのうち数人。思わず笑ってしまいましたが、中には「お姉ちゃんと同じ赤い歯ブラシを買ってもらったの」「お兄ちゃんと僕は、いつも歯磨きを一緒にしている」という子もいました。パレスチナでは、子どもたちがお兄さんやお姉さん、目上の人の行動を倣うという光景を良く見かけますが、家の中での衛生についても同様のようです。

「牛乳を飲んだら大きくなる!」という歌を歌いながら「牛乳を飲んだら大きくなる!」という歌を歌いながら

ある幼稚園では、「炭酸飲料水はだめ。ジュースを飲もう」「紅茶はだめ(子どもたちにとって、特に食後の紅茶は鉄分吸収の妨げになります)」「スナック菓子はだめ。果物を食べよう」というメッセージを、子どもたちにとって視覚的にわかりやすいポスターにして貼られていました。

オレンジちゃん、トマト君、バナナ君による劇オレンジちゃん、トマト君、バナナ君による劇

子どもたちが5週間のサマーキャンプを通して楽しく学んだこれらの知識が、どのように行動に結びつくか。また後ほど、幼稚園の新学期が始まってから先生たちに聞いてみたいと思います。残りの夏休みも、幼稚園が始まるまで元気に遊んで大きくなってね!

特製ブックレットには、塗り絵の他にクイズなども特製ブックレットには、塗り絵の他にクイズなども

ガザ・栄養改善支援 の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2015年5月21日 更新ガザの現実(6) -子どもの栄養失調予防事業近況報告
2015年5月13日 更新事業パートナー・アマルの「ガザ終戦」
2015年4月21日 更新ガザの現実(5)- 戦争と封鎖の影響で、深刻な健康被害が広がっています
2015年4月14日 更新ガザの現実(4)- 戦争中の避難所の様子(EHSTの聞き取りから)
2015年3月14日 更新ガザの現実(3)- バンクシーが、ガザにグラフィティアートを描いた
2014年7月23日 更新ガザの声「自分の家も砲撃で壊されてしまったし、近くにいたお母さんの家も壊された。ベイト・ハヌーンには何もなくなってしまったよ」(7月22日付)
2014年7月21日 更新ガザの声「24時間のうち4時間しか電気がきません。発電機のためにガソリンを貯めていましたが、あと20リットルしか残っていません」(7月18日付)
2014年7月19日 更新ガザの声「昨夜から今朝まで催涙弾の匂いがしており、イスラエル軍が近くに来ているのを感じています」(7月18日午後9時付)
2014年7月18日 更新ガザの声「地元ニュースでは世界の状況が分からないので、もし停戦が決まったら、いつでもいいので電話してください」(7月16日付)
2014年7月18日 更新ガザの声「今は危険だから来てはいけません。状況が落ち着いたらまた来てください。ガザの人々はあなたをいつも歓迎しています」(7月14日付)
団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net