アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

ガザ:破壊の数々

パレスチナ現地代表 小林 和香子
2009年1月30日 更新
刑務所刑務所
法務省法務省

一時停戦1週間後に訪れたガザ市には、破壊の傷跡が色濃く残っていました。特に損傷が著しいのは、ガザの実質自治政府としてハマスが運営している各省庁ビルと警察署や刑務所です。警察署や刑務所は、空爆開始直後に徹底的に破壊されつくされたと言われている通り、行く先々で破壊されているのを目撃しました。また、密集した街中での空爆は、周りの建物にも被害を及ぼしています。

総合庁舎総合庁舎
赤新月社病院赤新月社病院
破壊されたミナレット破壊されたミナレット

そして、モスクも爆撃の対象になっていました。モスク自体の損傷も至る所に見れるのですが、高く聳えるミナレットのほとんどは損傷していないものはない、と聞きました。さらには、赤新月社などの病院も空爆により損傷していました。

セメント工場はミキサー車も破壊セメント工場はミキサー車も破壊

さらには、セメント工場では、ミキサー車がすべて転倒され、壊されていました。ガザ唯一の完全オートメーションの鶏飼育場は、空爆により電気と水や餌が止まり、工場を運営する家族は23日間近づくことを許されなかったと聞きました。3万羽以上いた鶏は数十羽を残して全滅したそうです。自動的に車の修理工場など、工場の多くも破壊の対象だった。

鶏飼育工場では3万羽の鶏が死んだ。鶏飼育工場では3万羽の鶏が死んだ。

一時停戦を迎えたものの、ガザの封鎖状態は解かれません。少しづつ、薬や食料などの緊急支援物資は入っているものの、破壊された民家も含めた建物の建設に不可欠なセメントやパイプなどの資材がいつ持ち込めるようになるのか、見通しはつきません。ガザの人々は壊れたものを直すだけでも、何年も何十年もかかるだろう、とため息をついていました。


この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net