アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

ガザ:破壊の数々

パレスチナ現地代表 小林 和香子
2009年1月30日 更新
刑務所刑務所
法務省法務省

一時停戦1週間後に訪れたガザ市には、破壊の傷跡が色濃く残っていました。特に損傷が著しいのは、ガザの実質自治政府としてハマスが運営している各省庁ビルと警察署や刑務所です。警察署や刑務所は、空爆開始直後に徹底的に破壊されつくされたと言われている通り、行く先々で破壊されているのを目撃しました。また、密集した街中での空爆は、周りの建物にも被害を及ぼしています。

総合庁舎総合庁舎
赤新月社病院赤新月社病院
破壊されたミナレット破壊されたミナレット

そして、モスクも爆撃の対象になっていました。モスク自体の損傷も至る所に見れるのですが、高く聳えるミナレットのほとんどは損傷していないものはない、と聞きました。さらには、赤新月社などの病院も空爆により損傷していました。

セメント工場はミキサー車も破壊セメント工場はミキサー車も破壊

さらには、セメント工場では、ミキサー車がすべて転倒され、壊されていました。ガザ唯一の完全オートメーションの鶏飼育場は、空爆により電気と水や餌が止まり、工場を運営する家族は23日間近づくことを許されなかったと聞きました。3万羽以上いた鶏は数十羽を残して全滅したそうです。自動的に車の修理工場など、工場の多くも破壊の対象だった。

鶏飼育工場では3万羽の鶏が死んだ。鶏飼育工場では3万羽の鶏が死んだ。

一時停戦を迎えたものの、ガザの封鎖状態は解かれません。少しづつ、薬や食料などの緊急支援物資は入っているものの、破壊された民家も含めた建物の建設に不可欠なセメントやパイプなどの資材がいつ持ち込めるようになるのか、見通しはつきません。ガザの人々は壊れたものを直すだけでも、何年も何十年もかかるだろう、とため息をついていました。


ガザ・栄養改善支援 の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2015年5月21日 更新ガザの現実(6) -子どもの栄養失調予防事業近況報告
2015年5月13日 更新事業パートナー・アマルの「ガザ終戦」
2015年4月21日 更新ガザの現実(5)- 戦争と封鎖の影響で、深刻な健康被害が広がっています
2015年4月14日 更新ガザの現実(4)- 戦争中の避難所の様子(EHSTの聞き取りから)
2015年3月14日 更新ガザの現実(3)- バンクシーが、ガザにグラフィティアートを描いた
2014年7月23日 更新ガザの声「自分の家も砲撃で壊されてしまったし、近くにいたお母さんの家も壊された。ベイト・ハヌーンには何もなくなってしまったよ」(7月22日付)
2014年7月21日 更新ガザの声「24時間のうち4時間しか電気がきません。発電機のためにガソリンを貯めていましたが、あと20リットルしか残っていません」(7月18日付)
2014年7月19日 更新ガザの声「昨夜から今朝まで催涙弾の匂いがしており、イスラエル軍が近くに来ているのを感じています」(7月18日午後9時付)
2014年7月18日 更新ガザの声「地元ニュースでは世界の状況が分からないので、もし停戦が決まったら、いつでもいいので電話してください」(7月16日付)
2014年7月18日 更新ガザの声「今は危険だから来てはいけません。状況が落ち着いたらまた来てください。ガザの人々はあなたをいつも歓迎しています」(7月14日付)
団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net