アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

3月31日(木)覚悟

ラオス現地代表 名村 隆行
2005年3月31日 更新

うちの男性ラオス人スタッフが、「あの村のあの(女の)子たち、最近見かけないんだよな」といったのがきっかけで、出稼ぎの話しになった。

ここカムアン県は、タイと国境線を接していることもあり、タイへの出稼ぎ労働者が多い。そしてその大半が違法に国境を渡っている。

出稼ぎそのものを否定するつもりはない。ただ、稼いだお金だけでなく、いろいろなものを村に持ち込んでくる。それはドラッグだったり、エイズだったり、タイの今時の若者の考え方だったり。そしてさまざまなものを失う・・・・・・。

自分は、大学院生時代、山村調査のために、埼玉県の大滝村に毎年通わせてもらっていた。都市近郊の山村で、そして典型的な過疎山村であった。村のおばあちゃんは、「昔は子供の声が絶えないにぎやかな村だった」という。高度経済成長期に子供や若者たちは街に出て行き、年寄りと役場の人だけが村に残った。今は、どこまでいっても、風の音しか聞こえない。

ぼんやり生きてきた私は、その現実を突きつけられても、ひたすら無責任だった。「あんただったら、この村をどうするんか?」と、村のおじさんの、静かだけど、でもどこか懸命な問いに、ひきつったうす笑いで逃げるしかなかった。なんもできんくせに、覚悟もないくせに、調査なんてひきうけるんじゃなかった。情けなく、悔しかった。

今、場所こそ違えども、同じような局面に立つ村人と関わっている。

今こそ、あのおじさんの問いに答えるチャンスなのだ。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net