アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • ラオスマンスリーレポート
現地ブログ from ラオス

ラオスマンスリーレポート

ラオスでの活動報告を毎月お伝えします。

ラオスMonthly report(2011年6月)

JVCラオス現地代表/農業農村開発担当 平野 将人 森林担当 グレン・ハント
2011年11月24日 更新

SRI/雨季実践者情報収集と研修

塩撰研修を行うスタッフと村人塩撰研修を行うスタッフと村人

5月に引き続き、実施希望者の調査と、塩水を使って良い種米を選別する(塩撰)研修や、堆肥液肥の作り方の研修を継続する。昨年と比べると実践者は大幅増となりそうだが、初の実践者が出た昨年とは異なり、今年はSRI経験者がおり、また堆肥液肥研修などもこれまでに実施してきているため、そういった村のリソースとなる人々の助けを大いに借りながら、7月の田植えに向けて準備を進めていった。昨年実施の8村10名については、全ての人々が今年も継続、さらにそのほとんどがSRIの作付面積を拡大する予定。中には10倍以上に広げる予定の農家もいる。また、対象村では改良種を植える人も多いが、SRIと相性のいいことから、ホーンサントーンという在来種の使用も徐々に浸透してきている。

ラオスMonthly report(2011年5月)

JVCラオス現地代表/農業農村開発担当 平野 将人 森林担当 グレン・ハント
2011年7月29日 更新

乾季SRI/雨季実践者情報収集と堆肥液肥研修

雨季の到来を受けて、各村を廻って本年のSRI実践者の情報を収集。昨年の雨季の8村10名に対して、とにかく多くの人たちに触れてもらおうと3,4月にスタディーツアー、経験交流を多く行った成果か、昨年を大きく上回る参加者となる見込み。これに合わせて11村で堆肥液肥研修も実施した。

実施を通して堆肥作りを学ぶ研修参加者実施を通して堆肥作りを学ぶ研修参加者

ラオスMonthly report (2011年4月)

JVCラオス現地代表/農業農村開発担当 平野 将人 森林担当 グレン・ハント
2011年6月30日 更新

4月はラオス新年があり、スタッフ・行政官・村人ともまとまった休みを取って里帰りをするなど1年で1番の行事に忙しく、活動の進捗も、これまでの多忙だった2月、3月と比較するとゆったりとしたものになった。

ラオスMonthly report (2011年3月)

JVCラオス現地代表/農業農村開発担当 平野 将人 森林担当 グレン・ハント
2011年6月24日 更新

乾季SRI/スタディーツアー

質疑応答で笑顔を見せる女性たち質疑応答で笑顔を見せる女性たち

乾季作実施の3村5家族のSRI田成育状況は相変わらず順調。収穫を控え豊かに実った田を訪れるスタディーツアーを実施。今回はアサポン郡、ピン郡それぞれでそれぞれの郡の対象村の女性だけを対象に実施した。これは、通常スタディーツアーで参加者を募集する場合、女性の参加を奨励してもどうしても男性が多いというこれまでの経験から、(特に少数民族の村の場合)女性が遠出、特に宿泊を伴う遠出をすること、女性が男性たちと外出すること、にハードルがあると考え、同じ郡内での女性限定日帰りスタディーツアーを企画した。

ラオスMonthly report (2011年2月)

JVCラオス現地代表/農業農村開発担当 平野 将人 森林担当 グレン・ハント
2011年6月16日 更新

 

乾季SRI/フォローアップ

乾季作実施の3村5家族でフォローアップを実施。生育状況はどの田も引き続き順調。田植え直後の頼りない姿と比べ、分桔も始まり進み美しい田になってきた。

見事に真っ直ぐと植えられたSRI田見事に真っ直ぐと植えられたSRI田

ラオスMonthly report(2011年1月)

JVCラオス現地代表/農業農村開発担当 平野 将人 森林担当 グレン・ハント
2011年6月 6日 更新

乾季SRI苗床作り、田植え

堆肥用に米の籾殻を炭化する村人堆肥用に米の籾殻を炭化する村人

ピン郡、アサポン郡行政から要請を受けてのSRI乾季作研修だが、11月のSRIについての説明と堆肥液肥研修、12月の苗床作り/2家族での田植えに続き、うち3家族で田植えを行った。計5家族での田植えが終了したが、1家族を除いては田起こしの際に堆肥を投入した。やはり田起こし時に元肥を入れていない1家族の成育が他と比べてやや劣っていたが、1月中には全ての田で追肥も行い、どの田も概ね好調に推移している。また、これで2回目のSRIとなる2家族は、これまで化学肥料を使用してきていたが、1家族はSRI田は全て有機肥料に、もう1家族はSRIでない田も含めて全て有機肥料にするなどの前進も見られた。今回初めて実施の3家族にも、雨による栄養分の流入のない乾季であっても、有機肥料でかなりの収量があがることを実感して欲しい。

ラオスMonthly report(2010年12月)

JVCラオス現地代表/農業農村開発担当 平野 将人 森林担当 グレン・ハント
2011年5月18日 更新

乾季SRI苗床作り、田植え

ピン郡、アサポン郡両方の行政から要請を受けてのSRI乾季作研修だが、11月のSRIについての説明と準備としての堆肥液肥研修に続き、12月は3村5家族を対象に苗床作りを実施し、うち2家族で田植えを行った。SRIは若い苗を1本ずつ植えるのが特徴だが、それゆえに苗床から本田に移す際にデリケートな処置が求めれらる。このため、プラスチックトレイを使った苗床作りを行った。また、今年は寒波がひどいため、竹ヒゴを使った苗のためのビニールハウス作りも行った。こういった技術は村人にとっては初めてのことであり、そのため研修を実施した。また、今回は16日苗と25日苗を比較したり、1本ではなく2本植えも行うなど、実験も行っている。結果によっては村人にとって実施のハードルを下げることができるのではないかと期待している。これらの中には農業チームリーダーが日本のアジア学院に留学した際に習得した技術も反映されている。そして月末にはアサポン郡の2村で田植えを実施。ピン郡の2村3家族は1月初旬を予定している。

ラオスMonthly report(2010年11月)

JVCラオス現地代表/農業農村開発担当 平野 将人 森林担当 グレン・ハント
2011年2月23日 更新

乾季SRI用堆肥液肥研修

昨年に引き続き、ピン郡農林事務所の要請を受け、すでに灌漑設備のある村でSRI研修を実施することとなり、まず堆肥と液肥作りの研修を行った。昨年の研修に参加して実践した村人も続けて参加、本年も実施予定だという。今年はアサポン郡でも灌漑設備のある1村で研修を実施することとなり、やはり堆肥液肥研修を行った。その後のフォローアップでは、大量に作った堆肥を誇らしげに見せてくれる参加者もいた。これらの参加者の中から、SRI実践者が出ることを期待したい。

炭化した米の籾殻を家畜糞と混ぜる参加者炭化した米の籾殻を家畜糞と混ぜる参加者

ラオスMonthly report(2010年10月)

JVCラオス現地代表/農業農村開発担当 平野 将人 森林担当 グレン・ハント
2011年2月 4日 更新

SRI経験交流

10月最終週、そろそろ収穫が始まるという、稲が最もたわわに実っている時期に雨季SRI経験交流を実施。雨季の実践者の中で特に状態の良かったアサポン郡の2村を経験交流実施地として決定。一村ずつそれぞれ27日、28日に実施した。実践者の経験交流に加え、来年の実践者増加を狙い、これまで未実施でもSRIに関心も持つ人にも門戸を広げたため、多くの参加者を得ることとなった。27日は受け入れのKN村の14名を含む34名、28日は受け入れのKD村を含む30名の村人が参加した。

ラオスMonthly report(2010年9月)

JVCラオス現地代表/農業農村開発担当 平野 将人 森林担当 グレン・ハント
2011年1月25日 更新

井戸修理研修

JVCラオスの水支援には、主に(1)浅井戸用セメントリング作成研修、(2)深井戸掘削、(3)深井戸修理があるが、どの活動においても、村人の主体的関わりを重視してきた。(1)は研修実施後に村人がセメントリングを量産するし、(3)も村人とともに行ってきた。(2)については掘削を業者に依頼するが、家畜避けの柵作りは村人が行う。(2)も(3)も将来の修理用の基金を村人たち自身が徴収する。さらに今回は、スタッフの提案で、一歩進んで、修理ボランティアの育成を行った。お金をきちんと集めて、業者を呼ぶのもよいが、それに加え、自分たちで直せるものは直したほうがより出費を抑えられる。また、技術さえあれば自分たちで直せる程度の小さな故障でも、放置して無理に使用を続けると、大きな故障につながりうるため、小さな故障を自分たちで直せる程度の技術を村人に伝えている。

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net