アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • イラク・ヨルダン現地情報
現地ブログ from イラク

イラク・ヨルダン現地情報

イラクもしくは隣国ヨルダンに駐在していたスタッフが現地の様子を伝えます。2014年現在は更新を停止しています。

イラク・ブリーフィング 第4号

イラク事業担当 原 文次郎
2006年7月29日 更新

陸上自衛隊撤収完了 vs 悪化するイラクの治安

 
<はじめに>

イラク・ブリーフィング 第3号

イラク事業担当 原 文次郎
2006年7月 4日 更新

〜 陸上自衛隊撤収はイラクのできごとのごく一部 〜

                
<はじめに>

イラク・ブリーフィング 第2号

イラク事業担当 原 文次郎
2006年6月13日 更新

〜ヨルダン発、イラクの声〜

<はじめに>

イラク・ブリーフィング創刊号発行

イラク事業担当 原 文次郎
2006年5月25日 更新

2003年のイラク戦争から3年が経過しましたが、残念ながらイラクの人々の生活実感は復興からほど遠い状況にあります。そのようなイラクの人々の思いと現状に関する情報を日本の皆さんにお届けし、イラクの現状に対する理解を深めて頂くと共に日本の私たちが今後どのようにイラクに関わるべきかを考える材料として頂くために、メールマガジン「イラク・ブリーフィング」を創刊しました。今後もイラク・ブリーフィングの内容をHP上にも掲載して行きます。

戦闘と殺戮により危機に瀕するイラクの人々

イラク事業担当 原 文次郎
2006年4月18日 更新

引き続く戦闘と殺戮により、人々の生活は危機に瀕しています。
                      
 イラクで活動するNGOの協議体であるNCCI(イラクにおけるNGO調整委員会)はイラクの人々の和解と暴力の終結を求める声明を3月13日に発表していますが、その後も毎日のように引き続く戦闘と殺戮により、犠牲者は増える一方です。
 4月2日付けのNCCI週報では次のように深刻な問いが投げかけられています。
2003年のイラク戦争以後、避難民生活を余儀なくされている人々は150万人に達し、人口の26%は栄養失調となり、数万の罪のない民間人が殺され、人口の20%は貧困ライン以下の生活を余儀なくされています。食べ物がなく、医師がおらず、その医師をはじめとした知識層が死の脅迫により国外脱出することになる「頭脳流出」が起き、人々は脅迫と誘拐に怯える日々を送っています。
 困難な状況のもとでもこれまでイラク国内で活動を続けて来たイラク人援助関係者もまたこれらの状況の影響を受けています。脅迫を受けて支援の仕事を止めることを余儀なくされる者も出ています。
 2004年のファルージャや、ナジャフで戦闘による人道的な危機が発生した時でさえ、イラクの人々が互いに助け合う姿を見ることができましたが、現在はそのような期待も難しく、被害者を救うために残された手段はPRTなど軍隊による人道支援か、子飼いの民兵を通した政治家による救済しかないのか...
 このような深刻な事態の中で、NCCIは3月28日−30日に緊急事態への解決策を探るためのワークショップを行い、4月3日に新たな声明を発表しています。そこでは暴力の停止を訴えると共に、最も弱い立場に置かれている人々を救済するために、国際法に基づく人道原則が守られ、その上で積極的な支援調整策が取られるべきこと、これらの活動が保証されるよう、人道スペースが確保されるべきこと(具体的には中立な支援関係者が被害者の救済に当たれるようにアクセスが保証されることや、人道支援関係者の身の安全が図られるべきことなど)や、緊急支援活動のための援助基金が準備されるべきことなどを提言しています。
 イラクで人道支援に携わるNGOの一員として、この提言を重く受け止めています。

継続するイラク支援

イラク事業担当 原 文次郎
2006年3月 7日 更新

イラクでは2005年10月に行われた国民投票を経て承認された憲法のもとに12月15日に国民議会選挙が行われました。当初の予定よりは遅れたものの、この議会選挙の最終結果が1月20日に発表されるなど、イラクの政治プロセスは順調に推移しているように見えます。

イラク「内戦」の危機と呼ばれた数日間

イラク事業担当 原 文次郎
2006年3月 7日 更新

2月22日午前、イラクの首都バグダッドの北方125kmの街サマッラにある第11代イマームのハッサン・アル・アスカリの聖廟が何者かに破壊された事件をきっかけにして、イラク国内は数日間、騒然とした空気に包まれた。

ファルージャからの便り

イラク事業担当 原 文次郎
2006年2月14日 更新

昨年10月-11月にかけ、イラク西部のアンバール州で戦闘が激しくなった時に、ユーフラテス河上流のシリア国境近くの町アナの診療所に緊急支援物資として医薬品を送りました。

医薬品支援の最新情報(2006年1月)

イラク事業担当 原 文次郎
2006年1月31日 更新

2005年12月15日に行われたイラク国民議会選挙の最終結果がこの1月20日に発表になり、新たな議席配分の議会のもとで新政府が作られようとしています。
しかし、このような政治シナリオの一方で一向に人々の暮らしは改善されていません。バグダッドの知人によれば、1月24日頃には電力の供給も6時間停電、1時間点灯という具合だったとのことです。夜間12時から午前5時までは外出禁止ですが、夜9時にバグダッドの住民は家にこもって外出を控えているとも伝えられています。

ルウェイシェッド難民キャンプで火災発生

中東 パレスチナ最新情報 中東担当 佐藤 真紀 佐藤 真紀 佐藤 真紀
2005年4月28日 更新

パレスチナの幼女が砂漠で焼け死ぬ

イラク戦争が始まって2年経つ。サダム政権崩壊後、迫害を受けたバグダッドのパレスチナ難民たちは、いまだに行く当てもなく砂漠の難民キャンプで暮している。そんな彼らに不幸が襲いかかった。

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net