アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

イラクの友人との思い出、今に活きる

イラク事業ボランティア 井川 翔
2014年10月30日 更新

(今回の「イラクウォッチ」は通常のニュース翻訳ではなく、翻訳ボランティアとして関わってくれている井川さんが書かれた記事です。)

大学時代、シンポジウムを企画し運営するクラスに入った。シンポジウムへは、十数カ国から参加者が来るため、クラスの生徒は、一人ひとり外国からの参加者を寮や家に泊めるよう勧められた。これは、宿泊代を削減するためでもあるが、両者が触れ合える場を作るためでもあった。

私は、外国の人を泊めることでわくわくしていた。どの国の人でもいい、早くその人に会いたいと思っていた。

しかし、私が担当する相手がイラクの人だと知った時、正直なところ、つい緊張してしまった。アラブ人に対し、「テロリスト」という無教養なイメージは全く無いのだが、それは、自分がイスラエル人のハーフだというところに起因していた。初対面時、伝えるべきか、どう伝えるべきか、と思い悩んだ。

イラクでの歴史の授業で、イスラエルに関して一方的な教育を受けているだろうか。彼のイスラエル・パレスチナ問題に対する怒りや非難を聞くことになるだろうか。こういった問いへは、答えを知る術もなかった。何故なら、アラブ人の友を持ったことがなかったからだ。

私は、 詳細を言わず、名前について聞かれたら日本の名前だと答えることにした。特別な計算による決断ではなく、彼とどう関わり合うかについて迷いに迷い、麻痺していたので何となくそうしたのだ。

彼に会った時、 一瞬で心が和んだ。彼の控えめで丁寧な振る舞いは、彼の優しさを大きく物語っていた。

シーア派教徒の彼は、ノートパソコンを取り出し、出身地のカルバラーについて説明する映像を見せてくれた。また、カルバラーにいる奥さんが数ヶ月で赤ちゃんを産むことも教えてくれた。父親は、どの国、どの文化でも、我が子を授かることに対し、眩いくらい喜びに満ちるのだと知った。

気がついたら、一週間のシンポジウムが終わる頃になっていた。自分がイスラエル人だということは、まだ伝えていなかった。そのまま別れを告げるかと思ったら、私の部屋の隅にあった、あるプログラムでイスラエルに行った時の名札が見付かってしまった。

寂しそうな表情で「何で教えてくれなかったの」と言いながら、名札を渡された。「ちゃんとした機会がなかったんだ」と、曖昧な言い訳を返したところ、信頼されていなかったことにがっかりした目で見られた。自分の勝手なイラクやアラブの世界に対する思い込みのせいだった。

今でも後悔している。初めて握手をした時、何故もっと素直でなかったのだろう、と。人は、歴史や政治の壁を越えられるのに、彼は越えていないと何故心配していたのだろう、と。

彼の優しさは今でも忘れられない。以来、新聞を開いては、イラクでの血なまぐさい事件の数々を読むようになり、イラクにいる彼とメールで連絡を取り合う中、JVCイラクチームのために翻訳作業を手伝うようになった。日本の人に、イラクのためにできること、イラク人が必要とする助けについて、微力ながら訴えかける一助になりたいと思った。

宗派間の戦闘で、毎年数千人が命を落としている。今では、「イスラム国」が野蛮な殺戮を繰り返し、イラクの人々の苦しみは増している。

日本のような遠い場所にいる我々は、「中東の人たちは、特に宗教の名の下、何世紀も殺し合いを続けている 」などと陳腐な考えで目を背けるべきではない。宗教とは無関係な理由で争っている部分も大きく、これを理解し、解決の可能性を信じたいと思う。

暴力と破壊が続くと、憎しみは更に根を張る。我々は、外の人間として、イラクの人々の救援と復興を手助けすることができる。イラクでの状況がこれ以上悪化しないよう、少しでも歯止めをかけることができる。行動を起こすのは、今に越したことはない。

(以下は英語による原文です(和訳は本人による))

Having made a single Iraqi friend still shapes me today

Back in college, I was part of a class that doubles as a planning committee for a symposium that sees attendees come from a dozen countries. Each of us in the class was also encouraged to house a foreign attendee in our dorm or house, cutting costs but more importantly giving both sides a chance to connect.

To be sure, I was thrilled to welcome somebody from overseas: I couldn't wait, no matter what country of origin.

When I learned my guest would be from Iraq, though, I did get nervous in spite of myself. Not because of uneducated notions of the Arab terrorist, but because of my own Israeli heritage. Should I tell him upon first meeting? How do I tell him? How much do I tell him?

Would I face a dislike toward Israelis born from a one-sided history taught in Iraqi schools? Would I have to hear hostility and resentment against the Israeli occupation of Palestinian lands? I couldn't really know, because I'd never had a close Arab friend. I had absolutely no reference point.

I chose quietly letting my Japanese name speak for itself. It wasn't a calculated decision, but rather an unthinking action from the paralysis of not knowing how to engage.

I was disarmed when I met him. His quiet and polite demeanor spoke volumes about the goodhearted man I'd come to know:

I learned he was a Shiite from Karbala as he proudly showed me a video of his unique city on his laptop. I learned he was expecting a baby. I learned a father of any country, of any culture, radiates with anticipation when he knows he is going to have a child.

The days of the symposium passed without me sharing my Israeli background. We would have parted ways that way, too, if my warm and kind new friend hadn't seen my old lanyard from the Birthright Israel program somewhere in my dorm room.

He handed it to me after picking it up, asking, "Why didn't you tell me?" I dissembled, saying something about not having had a proper chance. I think I saw in his eyes what looked like disappointment at not being trusted. Not being trusted because of unfounded beliefs about Iraq, about Iraqis, about Arabs.

To this day, I regret not having been more open as I shook his hand for the first time. I regret my own fear. My lack of understanding that humanity can and often does transcend the barriers of history and politics.

His kind soul has always stayed with me. Knowing him, and following the sheer carnage that Iraqis suffer through year-round, has led to me volunteering to translate for JVC, to help the Japanese public know more about the help Iraqis need and deserve.

The sectarian bombings there have killed thousands. And now, the Islamic State has added a new, barbaric dimension to Iraq's suffering.

We, in Japan, must not turn away by simplistically believing that people in the Middle East have been killing each other for centuries, especially in the name of religion. The non-religious grievances of all parties can be understood if we only give ourselves the chance to be better informed.

Violence and destruction further entrench hatred. We, as outsiders, can also help through the relief and rehabilitation of innocent Iraqis. We can help by not letting these situations spin out of control. There is clearly no better time to act than now.

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net