アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

アフガニスタンの市民による平和運動

アフガニスタン事業ボランティア 白川 麻子
2018年7月26日 更新

紛争が続くアフガニスタンですが、平和を渇望する市民の取り組みが各地から沸き起こっています。彼らの命を懸けた訴えは、様々な人々を巻き込み、平和活動の大きなうねりを引き起こしました。地方から起こったこれらの運動のいくつかをご紹介します。

村で行われた奇跡の平和集会

2018年6月15日から17日の3日間、断食月ラマダン明けの祝祭(イード)に合わせて、政府とタリバンとの間の停戦が実現しました。その際、JVCの活動地近くのメムラ村では、停戦の延長を求める市民による集会が行われており、JVCスタッフも参加しました。

記事は以下をご覧ください。

「村で行われた奇跡の平和集会」

武器を持つタリバン兵士とともに。現地スタッフサビルラ(左端)の手には「平和」の文字 ここ数日でアフガニスタンの情勢は大きく動いています。なんと、アフガニスタン政府とタリバンの間で3日間の停戦が実現したというすばらしいニュース、また、JVCスタッフの出身村で行われた奇跡の平和集会の知らせが飛び込んできました。しかし、そうした動きを狙った自爆攻撃についての痛ましいニュースも、同時にやってきました。

ヘルマンドの平和行進

2018年5月、ヘルマンド州では、市民たちがカブールまでの700キロの道のりを38日間歩き、平和を訴える活動が行われました。彼らは労働者、農業従事者、退役軍人、ポリオ被害者などで構成されており、年齢は17歳から65歳に渡り、その数は数十人に上りました。

記事は以下をご覧ください。(原文英語)

Helmand Peace Convoy Arrives In Kabul | TOLOnews

Wearing blue sashes, members of the Helmand Peace Convoy finally arrived in Kabul early Monday morning after having walked for 38 days to get to the capital. Chanting slogans of "stop the war" and "we want peace", the activists, who have covered over 700km, entered the city through Company area soon after 8am local time.

地方で生まれた平和活動

車の爆破事件が日常茶飯事となっているヘルマンド州では、2018年に入ってから、女性による座り込みや平和行進など、平和のための抗議活動が行われました。これらは他の地域にも大きな影響を与え、活動の広がりを見せています。

記事は以下をご覧ください。

アフガニスタン紛争による惨劇の真っただ中、地方で生まれた平和運動に注目が集まる · Global Voices 日本語

アフガニスタンの火種ヘルマンド州では、悲しいことに車の爆破事件は日常茶飯事である。しかし、とりわけ破滅的であった最近の爆発は驚くべき影響を及ぼした。 ヘルマンド州の州都ラシュカルガーは、タリバン・グループの政治的中心地であり、アヘン生産の中心地として知られている。そこで行われていたレスリングの試合中に自動車爆弾が 爆発し 、14名が死亡、さらに負傷者は数十名に及んだ。 3月23日に起きたこの爆発の翌日には、ヘルマンド州の住民数百名が座り込みキャンプによる抗議を 始めた 。タリバン・グループとアフガニスタン政府間における2日間の停戦を要求するものであり、同時に30名ほどの活動家によるハンガーストライキも続けられた。 しかしながら、政府とタリバン・グループは共にその要求を 拒否した 。 ニューヨークタイムズ紙によるインタビューの中で、ストライカーの1人であるカイス・ハシミは、タリバンとアフガニスタン政府の双方を「外国の操り人形」だと 非難した 。 Our blood is finished, our tears have dried. We will not say another word. We will not eat. 我々の血は出つくし、涙は枯れ果てた。もはや他に言うことなどない。我々は何も食べるつもりはない。 6名のストライカーが活動中に 病院へ搬送された 。 ついには、州のウラマ―議会(宗教学者議会)のメンバーが 介入し 、ストライカーたちにハンガーストライキを終えるよう迫った。しかし一方で、平和のために抗議者たちと力を合わせることを約束した。 タリバンが提案された和平会談を先延ばしにしているため、反戦への団結を示して、女性たちも果敢に座り込みを 始めた 。保守的な地域において、家の外ではほとんど見かけることのない女性たちである。 The Helmandi mother who lost her 18 years old son on fridays attack, call on Taleban for a peace deal.#Helmand #peace #tent pic.twitter.com/r3OHagRh9e ?

記事は以上です。これからもアフガニスタンの市民の状況を"ウォッチ"していきますので是非ご覧ください。
またアフガンの女性の記事も挙げています。平和とはまた違った角度での市民活動ですがこちらも是非お読みください。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net