アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

2014年3月号

アフガニスタン事業担当 加藤 真希
2014年3月31日 更新

タリバーン穏健派、政権との和平協議へ 内部抗争の恐れも

朝日新聞デジタル 2月23日(日)

タリバーンの穏健派グループがカルザイ政権と和平協議に入ることで合意しました。政権側との直接協議に消極的な指導部と一線を画する動きで、タリバーンの分裂に繋がる可能性があります。旧タリバーン政権下で財務相を務め、トルコを拠点に活動しているアガ・ジャン・ムタシム氏が会見に応じ、旧タリバーン政権元閣僚7名や地方司令官らがドバイに集い、和平協議に入ることを合意したと発表しました。協議に入る理由として(米軍の)「駐留延長協定への署名を拒むカルザイ氏の決定を評価した」と指摘しました。

http://www.asahi.com/articles/ASG2R5FCFG2RUHBI00R.html?ref=nmail

米陸軍兵力、歳出削減で第2次大戦参戦前の規模に縮小へ

ロイター 2014年2月25日

米軍がアフガニスタンからの撤収を進め、国防支出の削減を図るなか、米国防総省は今後も引き続きアジア太平洋に軸足を移す方針で、これまで予定されていた数の地上兵力はもはや不要になると説明し、陸軍の兵力を現在の約52万人から44万─45万人規模に削減する方針を明らかにしました。実現すれば、米陸軍の規模は第2次世界大戦に参戦する前の規模に縮小します。。

http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0LT4CF20140224

米国「カルザイ氏に見切り」か 米軍撤収検討

毎日新聞 2014年2月26日(水)

オバマ大統領が25日、カルザイ大統領に年内の駐留米軍完全撤退を検討していることを伝えました。米国は2015年以降の米軍駐留継続に必要な「米・アフガン安全保障協定」の署名を求めていますが、カルザイ大統領は「4月のアフガン大統領選挙への不介入」などを署名条件に挙げ署名に応じておらず、それへの圧力とみられます。経験不足が指摘されているアフガンの治安部隊の軍事訓練といった側面支援をしている駐留外国軍。カルザイ氏の後任の主要候補者はいずれも早期署名を訴えています。

http://sp.mainichi.jp/select/news/20140227k0000m030039000c.html

NATOも年末撤退検討 後任大統領と再交渉

毎日新聞 2014年3月1日(土)

北大西洋条約機構(NATO)は2月27日の国防相会議でNATO軍が今年末にアフガニスタンから全面撤退する検討を始めることで合意。NATOが来年以降に訓練舞台を駐留させる前提になる安全保障協定の署名をカルザイ大統領が拒否しており、オバマ政権の全面撤退の検討に同調する形となりました。

http://mainichi.jp/select/news/20140301k0000m030152000c.html

カルザイ氏の兄、大統領選から撤退

朝日新聞デジタル 2014年3月6日(木)

アフガニスタンの大統領選をめぐり、退任するカルザイ大統領の兄で主要候補の一人とみられていたカユム・カルザイ氏が選挙戦から撤退すると発表しました。4月5日に行われる大統領選には11人が立候補。支持基盤が重なるザルマイ・ラスル前外相との調整の結果、カルザイ氏がラスル氏の支援に回る形となりました。

http://www.asahi.com/articles/ASG365QNCG36UHBI02B.htmll

NATO軍の誤爆でアフガン兵5人死亡

AFP BBnews 2014年3月7日(金)

アフガニスタン東部で6日、北大西洋条約機構(NATO)軍が誤って行った空爆でアフガニスタン人の兵士5人が死亡したことをアフガニスタン当局が明らかにしました。すでに亀裂がはいっていたアフガニスタンとNATO軍の関係がさらに悪化する恐れがあると見られています。NATOが主導する国際治安支援部隊(ISAF)は犠牲者に対し哀悼の意を表明しましたが、カルザイ大統領の報道官は攻撃の調査を開始したと発表しました。カルザイ大統領は駐留軍の誤爆によって民間人が犠牲になっていることが、米軍の駐留延長を認める協定への署名を行わない理由になっていると主張しています。

http://www.afpbb.com/articles/-/3009904?utm_source=google&utm_medium=news&utm_campaign=recommend-rss

アフガニスタンの副大統領死去 政界勢力図に影響も

朝日新聞デジタル 2014年3月9日(日)

アフガニスタンの第2の民族タジク人の指導者だったムハマド・カシム・ファヒム第1副大統領が心臓発作のため56歳で死去しました。2001年タリバーン政権に対抗する北部同盟指導者マスード司令官の後継者をつとめ、カルザイ政権発足後には国防相、副大統領を歴任。豊富な資金力を背景にタジク人の枠にとどまらない政界のフィクサーとして君臨してきたファヒム氏の死去は、旧北部同盟系が要職をおさえてきた国防省や軍、情報機関に混乱を生む可能性があります。

http://www.asahi.com/articles/ASG395T2HG39UHBI013.html

ジャララバードで攻撃

朝日新聞デジタル 2014年3月20日

JVCの事務所もある東部ジャララバードで20日、警察署に武装集団が乱入し、治安部隊との間で約4時間にわたり銃撃戦となりました。地元警察当局者は現地メディアに、警察官ら少なくとも11人が死亡、20人以上が負傷したと明らかにしました。反政府武装勢力タリバーンが犯行声明を出しています。

http://www.asahi.com/articles/ASG3N5F2PG3NUHBI024.html

タリバンがカブール最高級ホテル襲撃

時事ドットコム 2014年3月21日

アフガニスタンの首都カブールで20日夜、反政府勢力タリバーンのメンバー4人が客を装って市中心部にある最高級ホテル「セレナホテル」に侵入し、宿泊客らに向けて発砲しました。内務省によると、外国人4人を含む少なくとも9人が死亡。APF通信は同社のアフガン人記者も犠牲になったと伝えました。セレナホテルは最も警備が厳重とされ、国連職員ら外国人宿泊客も多く利用しています。

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201403/2014032100081

アフガン選挙 監視団の派遣見送り

NHK News Web 2014年3月27日

来月行われるアフガニスタンの大統領選挙に向けて、日本政府は選挙監視団の派遣を検討してきましたが、現地の治安が著しく悪化しているとして、派遣を見送ることを決めました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140327/k10013272791000.html

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net