アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

大浦おおうら梶ヶ浦かじがうらの芋煮会

震災支援担当 岩田 健一郎
2011年11月10日 更新

津波と火災によって消失した厳島神社の全景津波と火災によって消失した厳島神社の全景

10月22日と23日、鹿ししおり地区・四ヶ浜しかはま大浦おおうら梶ヶ浦かじがうらで、それぞれ神社の式典に合わせて芋煮会が行われました。例年この季節になると、この地域では神社の式典が行われ、そこに住む人々が神社に集まります。しかし今年は震災の影響で、この地域に住んでいた人々の多くは離散してしまいました。また、大浦の「厳島いつくしま神社」に至っては、津波と火災によって消失してしまいました。

震災以降自治会がほとんど機能していない地域もある中で、幸いにして大浦、梶ヶ浦の自治会は機能しており、震災で移転を余儀なくされた方々の現在の所在も把握していました。そのため今回、神社の式典と芋煮会を開催するに当たり、自治会を通じて地域の人々に参加を呼び掛けることができました。

大浦・梶ヶ浦の自治会の依頼で、JVCは芋煮会の開催のための協力を行いました。まず、当日の段取りや事前の準備の内容を決めるために、自治会の方々と会合を重ねました。次に、自治会長とともに戸別訪問を行い、地域のご婦人方に芋煮作りの協力をお願いしました。また、芋煮会に必要な大鍋や食器類を提供しました。

神社の清掃作業の様子(左から4人目はJVC岩田)神社の清掃作業の様子(左から4人目はJVC岩田)

地域の方たちによる芋煮作り地域の方たちによる芋煮作り

22日の大浦の芋煮会は、雨の降りしきる生憎の天候となりましたが、参加者は約60名を数えました。男性陣は神社の清掃を、女性陣は芋煮作りをそれぞれ担当しました。JVCも住民の方々と一緒になって、清掃や芋煮作りに参加しました。神社の清掃が終了した後、流失を免れた家屋を使って、芋煮会が行われました。会は、自治会長や神社の総代長からの挨拶があった後、芋煮を食べながらの宴会となりました。参加者の中には、「震災前に戻った気分です」と語る方もいらっしゃいました。

芋煮会の様子芋煮会の様子

梶ヶ浦の芋煮会が行われた23日は、汗ばむほどの陽気となり、参加者は約40名となりました。被災を免れた「熊野神社」で各々が参拝をすませた後、梶ヶ浦にある漁港で会は催されました。JVCは会場のセッティングから芋煮作り、会場の後片付けなどのお手伝いをしました。互いに離れ離れになった方同士が、久方ぶりに顔を合わせ、思い思いに会話を楽しんでいました。参加者は口々に「地元の人の顔を見ると安心する」と話していました。

住民の方と一緒に芋煮作りに励むJVC山崎(写真左)住民の方と一緒に芋煮作りに励むJVC山崎(写真左)
JVC岩田(写真右)芋煮作りをするJVC岩田(写真右)

大浦の芋煮会でも梶ヶ浦の芋煮会でも、話題の中心となったのは集団移転の問題でした。かつて居住していた場所で再び生活することが困難な状況下で、地域の人々が住み慣れた土地に戻るためには、集団移転という問題を考えていく必要があります。集団移転の問題においては、地域の人々が集まって話し合い、地域の総意として考えをまとめていく作業が必要不可欠です。JVCは地域の方々との交流を深めながら、住民が集まるためのきっかけ作りを今後も続けていきます。

漁港で行われた芋煮会の様子漁港で行われた芋煮会の様子


団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net