アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

浮きのマーキング作業-養殖業者への生業支援活動

震災支援担当 岩田 健一郎
2011年11月21日 更新

JVCが活動する鹿ししおり四ヶ浜しかはま大浦おおうら小々こごしお梶ヶ浦かじがうら鶴ヶ浦つるがうら)では、昔から養殖業が盛んに行われてきました。かつて大浦、小々汐、梶ヶ浦ではワカメ、コンブの養殖が、鶴ヶ浦では牡蠣の養殖が特に盛んでした。しかし、今回の津波によって、養殖のための船やいかだ、作業場のほとんどが流失してしまい、養殖に携わる多くの方々が仕事を奪われてしまいました。

ワカメの養殖は例年11月頃から始められ、早ければ約2カ月後には収穫期を迎えます。10月下旬、準備作業に追われるある養殖業者の方から、養殖に使う浮きのマーキング作業の依頼を受けました。依頼された作業の内容は、浮きの一つ一つにその所有者を示すマークを書いていくというものです。

積み上げられた大量の浮き(右はJVC山崎)積み上げられた大量の浮き(右はJVC山崎)

今回の依頼者の方は小々汐の養殖組合長であるため、「小々汐の1番目」を意味する「小1」というマークを書くことになりました。土台だけが残る家屋の跡地に、ずらりと黒い浮きを並べて、白いペンキを使って丁寧にマークを書き込んでいきます。時折、地盤沈下したために起こる冠水に悩まされながらも、合計約500個の浮きにマークを書き入れました。

黒い浮きにマークを書き込むJVC岩田黒い浮きにマークを書き込むJVC岩田
浮きを運ぶJVC山崎浮きを運ぶJVC山崎
「小々汐の1番目」を意味するマーク々汐の1番目」を意味するマーク
マークを書き込む養殖組合長(右)とJVC岩田(左)マークを書き込む養殖組合長(右)とJVC岩田(左)
マークを書き入れた浮きマークを書き入れた浮き

後日この依頼者の方から、ワカメの養殖の作業を見学させてもらう機会を得ました。ワカメの養殖では、まずロープにワカメの種を挟み込みます。次に、そのロープに浮きと重りをつけます。そしてそのロープを、海面に沿って浮かべます。そうして、ロープに挟み込んだ種が成長し、立派なワカメが出来上がります。

ワカメの種の挟み込み作業の様子ワカメの種の挟み込み作業の様子
地元の方に作業を教わるJVC山崎(右)地元の方に作業を教わるJVC山崎(右)

依頼者である養殖組合長の方は、今回の津波によって、自宅も、養殖に必要な道具も作業場も、全て流されてしまいました。それでもその方は、「今回の震災で、色々な人達から支援してもらった。だからこそ、何としてももう一度、養殖をやりたいんだ」と繰り返し、繰り返し私達に語ります。

震災以前から、この地域の養殖業は従事者の高齢化と後継者不足に悩まされてきました。今回の震災は、そうした元々の厳しい状況に追い打ちをかける様に、この地域に大きな被害をもたらしました。そんな困難な状況下でも、何とか養殖を再開しようとする人々が存在しています。JVCは、この地域で養殖に携わる人々との交流を温めながら、こうした生業支援活動を続けていきます。

作業終了後の記念撮影(左からJVC山崎、養殖組合長、JVC岩田)作業終了後の記念撮影(左からJVC山崎、養殖組合長、JVC岩田)


団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net