アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

鹿折復幸ふっこう祈念まつり

震災支援担当 岩田 健一郎
2011年10月26日 更新
寄贈したテントと鹿折公民館の方々寄贈したテントと鹿折公民館の方々

去る10月9日、鹿折小学校のグランドで、「鹿折復幸ふっこう祈念まつり」が行われました。この祭りは、「鹿折地区住民が相集い、住民同士の絆を強め合い、連携して一日でも早い復旧・復興に取り組み、かつての幸せを取り戻すことを祈念する」ことを目的として、開催されました。開催に当たっては、「鹿折地区振興協議会」()が主体となり、地域住民をはじめ、様々なボランティア団体が参加・協力しました。

テントを組み立てるJVC山崎テントを組み立てるJVC山崎

JVCもまた、祭りの成功を願い、様々な形でこれに協力を行いました。まず、祭りの運営に中心的な役割を果たした鹿折公民館に、集会用のテントを寄贈しました。震災以前、鹿折公民館の所有していたテントは、今回の津波によって全て流されてしまいました。今後の円滑な公民館活動のためにも集会用のテントが必要であることから、今回寄贈という形でテントを提供させて頂きました。その他、会場設営、参加者の送迎、当日の運営などにも協力しました。

浪板なみいたの側溝掃除~地域住民とボランティアの協働~

震災支援担当 岩田 健一郎
2011年10月17日 更新

先日報告した在宅の方への戸別訪問の際に、ある住民の方から地域の側溝掃除の依頼を受けました。その方の話によれば、津波によって流された瓦礫やヘドロが側溝にたまり、詰まっているとのことでした。大雨の際には、詰まった側溝から水が溢れ出てしまいます。さらに、付近の山から流れ出た土砂や木々が追い打ちをかける様に側溝につまり、側溝脇の道路が盛り上がってしまいました。

(左)瓦礫やヘドロが詰まり、水が溢れ出す側溝 (右)側溝脇の盛り上がった道路(左)瓦礫やヘドロが詰まり、水が溢れ出す側溝 (右)側溝脇の盛り上がった道路

在宅者支援~戸別訪問による聞き取り調査と個別ニーズへの対応~

震災支援担当 岩田 健一郎
2011年10月13日 更新

JVCが活動している鹿折ししおり地区の四ヶ浜しかはま大浦おおうら小々汐こごしお梶ヶ浦かじがうら鶴ヶ浦つるがうら)には、およそ250世帯のうち約60世帯の方々が自宅で生活を続けています。こうした人達は、震災直後、一時的に避難所へと移ったものの、やがて自宅に戻り、生活を再開しました。以後、支援の手が十分に行き届かない状況下で、自らの力で生活を続けてきました。


団体案内
JVCの取り組み
9ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net