アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

生きていることの平等さ

11期インターン 宮田 敬子
2009年11月26日 更新

稲穂が色づき、稲刈りがあちらこちらで始まった11月の初め、カオデーン農園に大阪の仏教団体青年部の方5名が来られました。カオデーン農園での生活、農作業などを体験するといった内容のものでした。

東北タイはこの時期稲刈りの真っ最中です東北タイはこの時期稲刈りの真っ最中です

炎天下の中の稲刈りや脱穀体験。その後はバナナの樹を植えるため穴掘りをしました。雨季が明けて一ヶ月ほど経っていたといえ土は固く、鍬を勢い良く振り下ろしてもなかなか掘り進んでいかない状態です。一時間かけてようやく穴を掘り終えることが出来ました。そのほかに、グリーンカレー作りや朝晩の家畜の世話もやっていただきました。

土が固く掘り終えるのに1時間半もかかりました土が固く掘り終えるのに1時間半もかかりました

食の大切さを考える活動の一つとして「豚の命をいただく」体験がありました。生きている豚を自分たちの手で命を奪いました。参加者の一人の方は豚の最期の悲鳴が頭を離れなかったと言っていました。その夜は寝付けなかったと感想を述べていた人もいました。

私自身、この数ヶ月ずっと餌を与え続けてきた子豚が手にかけられている時は思わず目をつぶってしまいました。やはり人間は自分勝手な生き物なのだと、自分自身が嫌になりました。

朝に牛を引いて草を食べさせに行きます朝に牛を引いて草を食べさせに行きます

最終日の話し合いで、リーダーの方から「仏性」を教えていただきました。一見世の中は不平等に見えるけれども命を輝かせていくことにおいては平等なのだということです。草木も大きなものもあれば小さなものもあり、たくさんの水が無ければすぐに枯れてしまうものもあれば少しの水でも生き残っていくことのできるものもある。しかし、命を与えられていることにおいては全て平等なのだとおっしゃっていました。

その話を聞いたとき、豚を絞めたときの心のモヤモヤがすっと無くなったような気がしました。全ての条件が同じことが平等なのではないこと、自分と同じ様に相手も同じものを持っていること、同じ条件の中にいることが平等ではないのではないかと考えさせられました。生きることの幸せを共有することが大切なのだと思います。

対等である、平等であるということを言葉で表現することはとても簡単なことです。しかし、その意味を実感することは非常に難しいのではないかと思っています。「●●が無いから平等ではない」ということとは違うような気がするからです。

国際協力の分野においても平等である、対等であるという言葉が使われますが、その意味をじっくりと考える機会にもなりました。今回交流をさせていただいた皆さん、皆さんから教えていただいたことを今後に生かせたらと思っています。有難うございました。

タイから世界を見る機会を提供しています
今回のツアーの目的は、「食のありがたみ」や「人はさまざまなものに支えられて生きている」ことを学ぶことでした。カオデーン農園を舞台に農作業で汗を流して実感する体験型のツアーを組みました。このようにJVCタイでは、タイの農村を舞台に「有機農業」や「食」、「NGO」など、テーマに応じた体験型の団体旅行をオーダーメイドで承ります。ご関心のある方は、タイ担当の下田までお問合せください。(下田寛典)


第11期インターン・2年目(2009年度) の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2009年7月28日 更新精米の一日
2009年7月28日 更新コバヤシ登場
2009年7月 7日 更新カオデーン農園、再び
2009年7月 7日 更新住み分けと成長力
2009年6月26日 更新田植えの始まり
2009年6月 2日 更新いよいよ米作り
2009年5月27日 更新生命力
2009年5月22日 更新新たなるスタート
2009年12月21日 更新命を育てることの難しさ
2009年11月26日 更新生きていることの平等さ
団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net