アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

農村生活編 第5話

11期インターン 金森 史明
2008年10月17日 更新

逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ!

タイに来てから4ヶ月、ここカラシン県に派遣されてから2ヶ月が過ぎました。僕のタイ語は相変わらずイマイチです。決して勉強していないわけではありませんが、勉強方法が悪いのか、勉強時間が足りていないのか、センスに欠けているのか、ひょっとするとこれらの全部が原因なのか、タイ語が使えません。ここではタイ語が使えなくても何とかなっている(本当に周りの人たちのおかげです)ので、それに甘えているのが一番の問題なのかもしれません。実際、スタディツアーのときには、しゃべれなくて困りました。

この困ったことや、スタディツアーの参加者の方々が本を片手に会話しようとしていたこと、同じインターンの宮田さんの上達っぷりをみたことで、「僕も頑張ろう!」と思いました。しかし、そんな気持ちもすぐにどこかに行ってしまっていた今日この頃に、カオデーン農園の森本さんから一通の手紙が届きました。内容は、タイでの中間報告会のお知らせがメインだったのですが、次のような一文がありました。

「もうすぐタイに来て4ヶ月です。もう『タイ語がわからない』と言い訳している場合ではありません。」

ぐわっ!!この一文が、僕の耳(というより目?)と心に突き刺さりました。他にも、中間報告会では一部タイ語で報告しなければならないという宿題・課題をプレゼントしていただきました・・・。

正直なところ、「4ヶ月」という期間が持つ『そんだけ滞在していればしゃべれるだろう』的なプレッシャーに対し、開き直ってタイ語をあきらめ逃げかけていたのですが、その矢先に逃げ道をふさぐ一手を打たれました。
インターンシップ・プログラムも11期目となると、インターン生がどの時期にどんな気分になるか、大体読めるのかもしれません。そうだとして、逆に考えれば、今の僕のこの状況はパターン通りということです。特に4ヶ月プレッシャーを必要以上に感じたり焦ったりすることはないと、前向きに捉えるようにしました。

逃げ道をふさぐと同時に、「努力すればそれだけレベルアップする」という希望に満ちたありがたい言葉もいただきましたので、明るい未来を信じて、あきらめず努力していくことにしました。

きっと11月には見違えるように上達しているハズです。


第11期インターン(2008年度) の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2008年6月19日 更新贅沢な休日
2008年6月 5日 更新がんばれ、インターン生!
2008年6月 5日 更新タイでの研修を支えてくれる人たち
2008年6月 5日 更新タイの農村に生きる知恵と技
2008年6月 5日 更新イサーンのゴム植林ドリーム
2008年5月29日 更新バナナと鍬(クワ)
2008年5月29日 更新笑っていれば作業もつらくない!?
2008年5月29日 更新初日記です。
2008年5月29日 更新インターン 金森史明の自己紹介
2008年5月29日 更新インターン 宮田敬子の自己紹介

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net